« 3月末の神鍋高原で花めぐり | トップページ | 知見の大桜満開です »

2024年4月 9日 (火)

2024 4月例会 クリーン活動と移植活動

9日は終日雨の予報です。延期を考えたらどう?との声もありましたが、「合羽を着て傘を差しながらでもやりましょう」と実施が決まりました。

まずは、9時30分から「道の駅かんなべ高原」に集合し、早春の花たちを愛でながら神鍋山ゲレンデ周辺のゴミ拾いです。

神鍋山の山頂~ゲレンデ、ぐるり周辺と二手に分かれる 
P4090003 P4090004

コブシ & クロモジ
P4090008 P4090010

ショウジョウバカマ いろいろ
P4090021 P4090024
P4090013  P4090018
P4090017 P4090019
降り続く雨の中の作業は辛いものがありましたが、早春の花たちがいやしてくれました
午後からは増殖に成功した「タジマタムラソウ」を但馬ドーム地に移植する作業を行ないました。

会で育てたタジマタムラソウの苗 & 神鍋ドーム内の適地
P4090025P4090034

数カ所を防獣柵で囲んで、穴を掘り1株ずつ丁寧に植えます。この雨で水やりは要りません。火山灰などが堆積した黒ぼく土に落ち葉が積もった軟らかそうな土です。半日陰を好むタジマタムラソウです。

P4090028P4090026

ドーム館長からご挨拶 & 根付いた花後の福寿草を確認
P4090040P4090042

シュンラン & タジマタムラソウ

Photo_20240412073501    P4090047
昨年植えたものは、福寿草、オキナグサです。
酷暑を乗り越えて根付いたものもありますが、消えてしまったものもあります。

今回植えたタジマタムラソウは、長年手を掛けて増殖に成功したもので、株数も多く数区画に分けて手分けして植えました。野にある植物をあるがままに楽しんできた「神鍋山野草を愛でる会」が新たに取り組む保護・増殖活動です。

シソ科で花で派手さはないものの、5月~6月頃には紫の可憐な花を咲かせます。
名に「タジマ」が付く唯一の植物です。
植えて終わりだけでなく、水やり、除草、落ち葉の除去など手入れが必要です。
                ( izayamiki )








« 3月末の神鍋高原で花めぐり | トップページ | 知見の大桜満開です »

例会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月末の神鍋高原で花めぐり | トップページ | 知見の大桜満開です »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

神鍋山野草を愛でる会(前半)

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

最近のコメント