« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

2024年4月

2024年4月30日 (火)

神鍋高原で次々に咲く春の花 新緑の景色は格別です

ハルザキヤマガラシの群生と神鍋山の新緑風景  桜は終りました

Img_0497 Img_0501

ヤマナシの満開

Img_0424 Img_0425

ウスギヨウラク&タニギキョウ

Img_0433_20240429195901 Img_0434_20240429195901

キランソウ & ヤマブキ

Img_0442_20240429200101 Img_0452

カキドウシ&カラスノエンドウ

Img_0456 Img_0459

ヒトリシズカ&ムラサキケマン

Img_0457 Img_0468_20240429200601

オドリコソウ&ツルオドリコソウ

Img_0459_20240429200701 Img_0460_20240429200701

ツルニチニチソウ&クサイチゴ

Img_0471 Img_0474_20240429200801

チゴユリ &ヒメリュウキンカ

Img_0481_20240429200901 Img_0485_20240429200901

ドウダンツツジ&ホウチャクソウ

Img_0487 Img_0493_20240429201101

ハルジオン & イワナシ

Img_0503 Photo_20240429201201

ラショウモンカズラ&ミツバウツギ

Img_0511 Img_0513

ウワミズザクラ&ヤマシャクヤク

Img_0517 Photo_20240429201801

ユキグニミツバツツジ &フジ

Img_0533 Img_0531

シハイスミレ & クレソン

Img_0542 Img_0550

ヤブニンジン&クルマバソウ

Img_0519 Photo_20240429202501

フデリンドウ & ノアザミ

Img_0555 Img_0569

タニウツギ & キンラン

Img_0567 Img_0570_20240429202801

ヘラオオバコ &ウマノアシガタ

Img_0546_20240429203401 Img_0558

コンロンソウ &ミツバツチグリ

Img_0508_20240429203801 Img_0559

5月に入るともっと多くの花が咲く 温暖化の影響で季節が進む

    (izumi)

2024年4月25日 (木)

カタクリとサンカヨウの競演

20日から24日にかけて、お二人から鏡ヶ成のカタクリとサンカヨウが報告されました。

サンカヨウ(水分をしっかり含むと白花が透明に変わります)
16586 S__11608072
S__11608075 S__11608077
S__11608078 S__11608080
雨が降って白花がしっかり水分を含むと透明になる様は感動します。但馬では蘇武岳周辺でよく見られたサンカヨウも、今では香美町の一部の保護地域でしか見られなくなりました。

カタクリ
16587 S__11632668
S__11632671カタクリの花は、早春の短い期間だけ姿を現すのとその可憐な姿から「春の妖精」と呼ばれます。うつむき加減に咲いて、花びらを反りかえらせます。

乱獲や開発、獣害など生育環境の変化で、保護しなければ絶滅の怖れがある植物になってしまいま。
但馬でもかって三川山などで、生育が確認出来ましたが、今は一部の保護地域でしか見ることはできなくなりました。

( reported by K@鳥取 )

( reported by S@城崎 )

 

 

 

 

 

 

 

     

2024年4月23日 (火)

2024 4月例会 来日~雲光寺

4月後半の例会は、来日地区へのお出かけ例会です。曇りながらもお昼には日が差す予想外の観察日和でした。
林道沿いの観察
P4230062 P4230055

ウラシマソウ & マムシグサ
Photo_20240423183401 Photo_20240423201601

イカリソウ & イチョウの花
Photo_20240423183601 Photo_20240423183602

イチリンソウ & ウスギヨウラク
Photo_20240423183603 Photo_20240423183604

シロダモ & アカメガシワ
Photo_20240423183605 Photo_20240423183606

ウワミズザクラ
Photo_20240423183901 1_20240423183901

オニグルミ・雄花と雌花
Photo_20240423184101P4230078

キランソウ & ガマズミ
Photo_20240423184801 Photo_20240423184804

キケマン & ムラサキケマン
Photo_20240423184805  Photo_20240423184803

ゴヨウアケビ(雄花と雌花) & ミツバアケビ(雌花と雄花)
Photo_20240423185002 Photo_20240423185001

タニウツギ & セントウソウ
Photo_20240423185201 Photo_20240423185204

サワハコベ & タニギキョウ
Photo_20240423185203Photo_20240423185202

ヒメコウゾ & シャガ
Photo_20240423185502 Photo_20240423185501

ミツバツツジ & ナットウダイ
Photo_20240423190102 Photo_20240423190103

ハナイカダ(表・裏から透かして)
Photo_20240423190101 1_20240423190101

ムベ(トキワアケビ)
Photo_20240423190301 1_20240423190301

ヤマルリソウ & サワフタギ
Photo_20240423190401Photo_20240423191701

ヤマモミジ & ホソエカエデ
Photo_20240423194102 Photo_20240423194101
城崎町来日区から来日岳に向かう林道の中間にある雲光寺まで登り2時間半、下り1時間半の長丁場でも、次々に花や樹々が迎えてくれ、満足した1日でした。新会員1人を入れて17人の参加でした。
次回は5月14日(火)神鍋周辺の観察予定です。

     






2024年4月20日 (土)

テンナンショウの仲間たち

4月の中旬以降になると、但馬や丹後からテンナンショウの仲間たちの報告が相次ぎました。

ムサシアブミ
S__11403272
( reported by S@城崎 )

ウラシマソウ
10176

ユキモチソウ
10294
  ( reported by S@網野 )

ムサシアブミは馬に付けて足を乗せる鐙(あぶみ)、ウラシマソウは長く伸びた先端が、浦島太郎が釣り糸を垂れている姿、ユキモチソウは白いお餅、 それぞれ形から付けた名前が面白いですね。これらはどこでも見られるものではなく、一番よく見かける仲間は「マムシグサ」です。
鹿が嫌うマムシグサは、「茎」のマムシの銭形模様から名付けられたそうです。

マムシグサ
P4230039

 

 

 

     

 

 

2024年4月16日 (火)

4月中旬山野草は咲きだしました

温暖化は進み5月の気温が観測される 久しぶりに見られる花に出会う

ミヤマシキミ & ヒメウズ

Img_0296 Img_0304

イチリンソウ & ニリンソウ

Img_0416 Img_0421_20240416061201

フッキソウ & オオカメノキ(ムシカリ)

Photo_20240416061402 Photo_20240416061401

アマナ & 青ザゼンソウ

Photo_20240416061403 Photo_20240416061601

セントウソウ & タチツボスミレ全開

Img_0352_20240416061801 Img_0355

マムシグサ & ミヤマカタバミ

Img_0376 Img_0377

サンインシロガネソウ & ヤマルリソウ

Img_0394 Img_0382

シャガ & クサノオウ

Img_0363 Img_0409_20240416062401

スモモ 初めて観察しました 実が付けば食べたい

Img_0351 Img_0350

センボンヤリ & クシバタンポポ(日本タンポポ)

Img_0331_20240416063001 Img_0334

ニワトコ & アオキ雄株花

Img_0273 Img_0340

ナガバノモミジイチゴ & ヤマナラシ雌株

Img_0270 Img_0343

ヤマエンゴサク & エンレイソウ

Img_0264_20240416064001 Img_0256_20240416063901

ワサビ & トキワイカリソウ

Img_0267_20240416064301 Img_0358_20240416064501

          (izumi)

 

 

 

 

2024年4月10日 (水)

知見の大桜満開です

知見の大桜は満開でした!
S__11345949 S__11345953
S__11345954 S__11345955
S__11345957 S__11345959
                            ( reported by S@城崎 )

日高町と八鹿町の境界にあるとんがり山頂付近に「知見の大桜」と呼ばれる古木があります。同じエドヒガンザクラの「樽見の大桜」「糸原のみづめ桜」ほど知られていません。
地元の人に聞くと、年によって花の付きが変わるそうです。

 


  

2024年4月 9日 (火)

2024 4月例会 クリーン活動と移植活動

9日は終日雨の予報です。延期を考えたらどう?との声もありましたが、「合羽を着て傘を差しながらでもやりましょう」と実施が決まりました。

まずは、9時30分から「道の駅かんなべ高原」に集合し、早春の花たちを愛でながら神鍋山ゲレンデ周辺のゴミ拾いです。

神鍋山の山頂~ゲレンデ、ぐるり周辺と二手に分かれる 
P4090003 P4090004

コブシ & クロモジ
P4090008 P4090010

ショウジョウバカマ いろいろ
P4090021 P4090024
P4090013  P4090018
P4090017 P4090019
降り続く雨の中の作業は辛いものがありましたが、早春の花たちがいやしてくれました
午後からは増殖に成功した「タジマタムラソウ」を但馬ドーム地に移植する作業を行ないました。

会で育てたタジマタムラソウの苗 & 神鍋ドーム内の適地
P4090025P4090034

数カ所を防獣柵で囲んで、穴を掘り1株ずつ丁寧に植えます。この雨で水やりは要りません。火山灰などが堆積した黒ぼく土に落ち葉が積もった軟らかそうな土です。半日陰を好むタジマタムラソウです。

P4090028P4090026

ドーム館長からご挨拶 & 根付いた花後の福寿草を確認
P4090040P4090042

シュンラン & タジマタムラソウ

Photo_20240412073501    P4090047
昨年植えたものは、福寿草、オキナグサです。
酷暑を乗り越えて根付いたものもありますが、消えてしまったものもあります。

今回植えたタジマタムラソウは、長年手を掛けて増殖に成功したもので、株数も多く数区画に分けて手分けして植えました。野にある植物をあるがままに楽しんできた「神鍋山野草を愛でる会」が新たに取り組む保護・増殖活動です。

シソ科で花で派手さはないものの、5月~6月頃には紫の可憐な花を咲かせます。
名に「タジマ」が付く唯一の植物です。
植えて終わりだけでなく、水やり、除草、落ち葉の除去など手入れが必要です。
                ( izayamiki )








« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

神鍋山野草を愛でる会(前半)

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

最近のコメント