« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月

2023年4月25日 (火)

2023 4月例会(神鍋溶岩流)

「神鍋山野草を愛でる会」の4月後半例会は神鍋溶岩流を山宮~栃本まで左岸を遡りました。
午前から終日雨の予報でもあり、午前中の観察に短縮されました。

神鍋火山が噴出した溶岩が稲葉川に沿って流れ下り、数々の滝など美しい風景を作り出しています。また、流れの両側には神鍋ならではの植物が見られ、溶岩流ウオークの楽しみの一つとなっています。

新緑の溶岩流 & 雨の中の観察
P4250088 P4250124

イチリンソウ & ニリンソウ
P4250036  P4250021

イカリソウ & チゴユリ
P4250059  P4250099

ラショウモンカズラ & カキドウシ
P4250056  P4250077

フデリンドウを始め日照がないと花を閉じるものもあれば、雨に濡れてしっとりとたたずむイカリソウやチゴユリなど趣があるものもあります。

GWには神鍋高原はワラビ取りやアウトドアスポーツで賑わうでしょう。
溶岩流コースも、関係者の方が落ち葉や枯れ枝の掃除や柵の補修整備を行なっていただいています。
溶岩流ウオークを楽しむ皆さんにお願いです。
手に取るな やはり野に置け 蓮華草 」山野草はその環境だから生きられるのです。
取ってよいのは写真だけ 持ち帰るのは思い出だけ 置いて帰るのは足跡だけ
丹波の大江山にこんな看板が立てられています。自然を守り次世代に繋ぎましょう。

次回例会は5月9日(火)の予定です。

 

2023年4月11日 (火)

2023 4月例会 (神鍋山・クリーン活動)

4月例会は神鍋山周辺のゴミを拾うクリ-ン活動から始まります。
会の基本理念である「神鍋の自然の恵みを愛おしみ、自然環境を保護することを肝に銘じ活動します」の実践です。
会員19人が二手に分かれて神鍋山周辺とゲレンデを中心に、山野草を愛でながらゴミを拾います。

ブナの芽吹き & 周回コース担当班
72c0cda904104e09afd89d4e4b004163  82da7ad599f54ff7addd3e54e92d4fbb

ショウジョウバカマ 架空の動物・猩猩(ショウジョウ)に似る
2e4007da16b2449b99e1627adf2bb051  F58b3aac17c144fd988ce83165ce7a22

ニリンソウの群落
8288a46add6e45e18b4af233f196b999 Photo_20230412090001

シュンラン & ゴヨウアケビ
P4110015_20230412075601  P4110012

クロモジ & ウグイスカグラ
P4110019  P4110023

クサイチゴ & ホウの芽吹き
P4110045 P4110048

スイセン畑 & 本日の成果?
P4110062P4110066

フデリンドウ & ニリンソウ
P4110117  P4110123
年々ゴミの量が減っているのに気がつきます。マナーがよくなったか?スキー客が減ったのか?コロナ渦中らしく、マスクやポケット消毒スプレーも落ちていました。

 

 

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

神鍋山野草を愛でる会(前半)

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

最近のコメント