例会活動

2018年6月12日 (火)

2018 6月12日例会 但馬高原植物園

6月最初の例会は、「はちまき展望台&兎和野教育センター」が予定されていましたが、雨模様で高原はガスがかかっています。

観察場所を近くの「但馬高原植物園」に変更し、会員20人が初夏から・梅雨の草花を楽しみました。
 
但馬高原植物園                   オーレン(花後)
P6120104   P6120234_2
 
                    ヤマアジサイ 
P6120105_2 P6120115
 
キョウカノコ                    アカショウマ 
P6120120 P6120121
 
ギボウシ                       ユキザサ(実)
P6120128 P6120150
 
                       ウリノキ
P6120146   P6120161
 
オオナルコユリ                  ハナイカダ
P6120131 P6120152
 
和地の大カツラ                  トチバニンジン
P6120153 P6120166
 
シライトソウ                     クガイソウ(蕾)
P6120183 P6120180
 
森の息吹を感じ                 木道を歩く
P6120177 P6120187
 
イボタノキ                          ギンリョウソウ
P6120189 P6120198
 
ミズタビラコ                    ハリギリの落ち葉
P6120200 P6120205
 
ツルアリドウシ                    ウツギ
P6120210   P6120212_2
 
クサアジサイ                ナツツバキ
P6120213_3   P6120220
 
ヤマボウシ                      ムサシアブミ        
P6120223   P6120231
 
                 ササユリ 
P6120109_2   P6120113
細かい雨が降り続く半日でしたが、野草たちには嬉しいお湿りかも知れません。
普段は野山を観察するのが常の愛でる会です。
観察していても花の名前に迷うことがない「花知りメンバー」に助けられ、高原植物園の奥深い魅力を感じました。
 
次回は6月26日(火)、神鍋渓谷周辺の観察とともに、特定外来生物「オオキンケイギク」の除去作業を予定しています。
                                      ( izayamiki )
 
 
 

2018年5月22日 (火)

2018 5月22日例会 溶岩流周辺散策

5月後半の例会は万場周辺と神鍋溶岩流の散策です。

雪解け水流れる春から新緑が深まる初夏へ、草花も変わってきました。
気温は30度近くになる予報ですが、快晴の青空につられて20人の会員が集まりました。
 
観察風景                    ヤグルマソウ
P5220025 P5220001
 
キエビネ                       エビネ
P5220008 P5220040
 
カンアオイ                     フタリシズカ
P5220011 P5220016
 
クリンソウ                     ナツロウバイ
P5220020 P5220024
 
 
コウゾ                                          イボタノキ   
P5220028 P5220029
 
スイカズラ                    カキ
P5220031 P5220032
 
 
ヒメジョオン                   ヒルガオ
P5220035 P5220036
 
サイハイラン                      オヘビイチゴ
P5220039 P5220046
 
タジマタムラソウ                                イワガラミ
P5220013 P5220030
 
アマドコロ                    タチシオデ
P5220050 P5220015_2
6月に入ると初夏から梅雨時期となります。
人間にとって嫌な雨や湿気ですが、植物にとって快適な環境かも知れませんね。
 
                           ( izayamiki )
 
 

2018年5月 8日 (火)

2018 5月8日例会 ハチ北周辺散策

新緑が色を増す季節になりました。

5月はハチ北高原周辺の少し遅い春を求め、大池周辺や兎和野高原を観察しました。
寒気による霧雨と寒さの中、14人が集まりました。
晴天や曇天の観察も楽しいものですが、霧や雨の観察も花や樹が水を含みしっとり濡れている様も絵になるものです。
 
          霧に包まれて幻想的な雰囲気の大池
P5080002_2 P5080001_2
 
ニリンソウ                      ヤマネコノメソウ
P5080006  P5080015
 
ユキザサ               チドリノキ
P5080026  P5080029
 
トチノキ                       ズミ
P5080031 P5080035
 
ツリバナ                     サワフタギ
P5080043 P5080046
 
ヤブデマリ                     ナナカマド
P5080048 P5080053
 
フタリシズカ                ウリハダカエデ
P5080073   P5080080
 
木道歩き                      ハウチワカエデ
P5080058 P5080062
 
ヤマドリゼンマイ                         
P5080054    
 
レンゲツツジ                    エビネ 
P5080084_2  P5080088_2
 
キンラン                   ギンラン
P5080093    P5080099
 
マムシグサ                チゴユリ
P5080100   P5080108
 
クルマバムグラ                   ヒトリシズカ 
P5080117   P5080112
 
ヤマボウシ(花後)                ウワミズザクラ(花後)
P5080122 P5080125
 
キツネノボタン               ハナイカダ
P5080136   P5080142
 
キランソウ                     ウリノキ
P5080097 P5080139
 
ホウチャクソウ                   シャガ
P5080144 P5080153
 
エンレイソウ                     ヤブレガサ
P5080155  P5080128_2
 
フデリンドウ                 ??(教えて)
P5080135_2   P5080130
盛りを迎えているもの、花が終わり実をつけるもの、蕾をつけてこれからさくものなど秋までいろいろ楽しめます。
 
午前の観察のあと、木の殿堂の展望棟をお借りしてランチし、午後は兎和野高原周辺を観察しました。
次回は5月22日(火)、かんなべ道の駅に集合し、溶岩流周辺を観察します。
 
 

2018年4月24日 (火)

2018 4月24日例会 十戸周辺散策

天気は終日雨模様ですが、傘やカッパ持参で17人が参加しました。
観察場所は神鍋山に登る途中にある十戸(じゅうご)で、蘇武・神鍋に降った水が溶岩に堰き止められ地中に潜り、湧き出る場所で知られています。
豊かで清らかな湧水は年中温度が一定し、ニジマスやイワナ・チョウザメの養殖やワサビの栽培が行われています。
 
コンロンソウ                    シャガ
P4240002 P4240003
 
カキドオシ                     ジュウニヒトエ
P4240006 P4240007
 
オオカワジシャ                  オドリコソウ
P4240008 P4240011
 
ヨウラクツツジ                  カラー
P4240012 P4240014
 
ハルジオン                     フジ
P4240015  P4240018
 
ガマズミ                      クサノオウ
P4240021 P4240027
 
マツバウンラン                  ムラサキケマン 
P4240024 P4240026
 
ホウチャクソウ                  コウゾ
P4240032 P4240038
十戸滝から始まって養殖場や集落の里を観察し、湧水池を訪れ、山地とはひと味違う野草に出会うことができました。
花を撮る写真家は、霧吹きスプレーでしっとり感を出す人もいると聞きます。
雨のおかげで、普段と違う優しい顔のように見えました。
                                                                                               ( izayamiki )
 
 
 
 
 
 
 

2018年4月10日 (火)

2018 4月10日例会 クリーン活動

3月27日の総会で活動開始した「愛でる会」の4月例会は、神鍋山周辺のゴミを拾いながら野草を観察しました。
道の駅をスタートして、神鍋山周辺を巡る班と神鍋山を登り噴火口からゲレンデを歩く二班に分かれます。
雪もすっかり消え、あちこちに春が芽生えていました
 
野草?ゴミ?                  キイチゴ
P4100116 P4100094
 
満開のヤマナシ                 ウグイスカグラ
P4100102 P4100105
 
ナワシログミ                    クロモジ
P4100104 P4100108
 
噴火口から残雪の山並み           キジムシロ 
P4100110 P4100113
 
ゲレンデを下る                  可燃と不燃の仕分け
P4100112_2  P4100122
 
参加者25人 
P4100124_3 毎年続けていることで、随分ゴミが減ったことがわかります。
少しでも放置すると、ゴミがゴミを呼ぶのでしょう。
他にニリンソウ・ショウジョウバカマなど観察しました。
 
神鍋の豊かな自然を守る活動として、6月に特定外来植物のオオキンケイギクの駆除作業を行います。        ( izayamiki )

2018年3月27日 (火)

2018 神鍋山野草を愛でる会 活動開始

3月1日の「春一番」の大風と気温上昇で一気に雪解けが進み、神鍋にも早い春の訪れが感じられます。
「神鍋山野草を愛でる会」が今年の活動を開始しました。
 
会則にあるように我々が大切にしているのは、第2条(目的)「神鍋の自然美の恵みを愛しむとともに、会員相互の親睦を図ります。そして山や野を荒らさず、自然環境を守り保護することを肝に銘じ、活動を行います」のスタンスです。
 
残雪もわずかな神鍋高原                  新年度総会
P3270023 P3270027
総会では、昨年同様例会の準備・運営を6班で分担することが決まりました。
一部の役員にかかる負担を減らし、長く活動を楽しむための工夫です。
例会は4月から10月までの第2と第4火曜日の実施を基本とします。
 
終了後さっそく観察開始です。
神鍋高原の豊かな自然も、シカなどの獣害と人による採掘や外来植物の繁茂など徐々に姿を変えつつあります。
これらの被害に耐えて生き続けているものが大半ですが、人による「コロニー化」の支援を受けて種を保っているもの双方が確認できます。
 
ヤマハンノキの雄花と雌花                 柳の新芽
P3270037 P3270039
 
ダンコウバイ                         フキノトウ
P3270045 P3270048
 
ミツマタ                            アツミカンアオイ
P3270051 P3270059
 
ナニワズ                           シュンラン(蕾)
P3270061 P3270063
 
キンキマメザクラ                      タムシバ 
P3270066 P3270075
 
フクジュソウ                          ヤマエンゴサク 
P3270084 P3270013
 
                         ミスミソウ 
P3270092_2 P3270091
 
ミヤマカタバミ                        ショウジョウバカマ
P3270106_2 P3270112
 
                        ザゼンソウ
P3270109 P3270121_2
P3270119_2 P3270120
 
アズマイチゲ                        キクザキイチゲ
P3270146 P3270170
 
エンレイソウ                          チャルメルソウ
P3270128 P3270135
早咲きで知られるキンキマメザクラも目立たないほど、里の桜が早く開花しました。
ブログ記事の写真はマクロモードがほとんどです。
今まで花だけをクローズアップしていましたが、カタバミのハート型の葉やユキノシタ科のチャルメルソウの葉、イチゲのように葉を入れると違いがわかるようになりますね。
 
次回例会は、4月10日(火)、シーズンが終わった高原スキー場周辺のゴミ拾いをしながら野草を観察します。
 
( izayamiki )
 
 
 
 

2017年11月14日 (火)

2017 11月14日例会&懇親会

今年最後の例会が14日に神鍋山周辺を巡る(神鍋カントリーロード)で開催され、30人を超える会員で賑わいました。
赤や黄色に染まった周辺の山々ですが、神鍋山から蘇武岳方向、万場を中心とするのブナの紅葉が特にきれいでした。
 
道の駅近くのイチョウ並木の紅葉       万場・奧神鍋の紅葉
P1010005 Pb140070
 
サンキライ(実)                   センボンヤリ
Pb140064   Pb140063_2
 
ヤマボクチ                 ヨモギの虫瘤(異常成長) 
Pb140074   Pb140079
 
アザミ                        ヤマハッカ
20171114_113524 Pb140088
 
オミナエシ                     オトコエシ        
Pb140071 Pb140129
 
東:手前ぶにブリ山、奧に床ノ尾山      知見のとんがり山、右はアマワリ
Pb140098 Pb140097
 
噴火口越しに雲海                紅葉の散策道
Pb140104 Pb140105
 
ツルアリドウシ(実)               ツルリンドウ(実)
Pb140111 Pb140113
 
ブタナ                         スズメウリ(実)
Pb140091   Pb140119
 
リンドウ                      クサボタン(穂)                   
Pb140120 Pb140126
 
イロハモミジの紅葉               奧神鍋スキー場
Pb140089 Pb140094
午前の観察のあと、道の駅神鍋高原で昼食と懇親会が行われました。
最後を締めくくる例会として納会の意味も持っています。
 
20171114_115637  Pb140135_2
懇親会では一年の活動を振り返り、全員が感想を述べました。
今年度から例会の準備・運営を6班に分けて担当することが決まり、山の恵みを頂く会や若桜町から氷ノ山渓谷、小代渓谷、京丹後市琴引浜、兎和野高原など場所を変えた観察ができました。
 
メンバーが確実に歳を重ねる中、役員にかかる負担を減らし、長く活動を楽しむための工夫として評価されたように思います。
一方、移動中の交通事故や観察中の事故に対する対応が必要なこと、会の趣旨・目的を今一度考える必要性が指摘されました。
 
山野草の宝庫である神鍋高原の自然が、シカによる食害のため危機に瀕していて、捕獲活動が進められています。
被害は神鍋高原から香美町、新温泉町までシカの移動につれて拡大していて、実態を広く知らせていくことも強調されました。
 
2015年5月開設の「神鍋山野草を愛でる会のブログ」記事は、2012年からの過去記事も合わせて280件となり、ページビューは15,500を超えました。
カテゴリーのメインは「例会活動」と「神鍋山野草だより」ですが、「環境・まちづくり」でシカによる食害で但馬の自然が壊されていることにも触れています。
 
神鍋高原を始め但馬はこれから雪に閉ざされますが、ブログは週一度を目途に更新される予定です。
新規記事は減っても過去記事から以前であった花々に会うこともできます。
たまに訪れてください。
                                  ( izayamiki )
 
 

2017年10月24日 (火)

2017 10月24日例会報告  神鍋高原

例会も残すところあと1回です。

10月後半は秋が深まりつつある神鍋高原で、キャンプ場周辺を観察しました。
イチョウ並木も色づき、ギンナンがあちことに落ちて異臭を放っています。
 
色づき始めたイチョウ並木            鈴なりのギンナン
Pa240252 Pa240169
 
キチジョウソウ                   アオツヅラフジ(実)
Pa240166 Pa240168
 
ナギナタコウジュ                  ムラサキサギゴケ               
Pa240173 Pa240177
 
コナスビ                       コナスビ(実)
Pa240175 Pa240203
 
カタバミ                       ヤマボクチ
Pa240179_2 Pa240182
 
チャ                         ベニバナボロギク
Pa240185 Pa240188_2
 
ガマズミ(実)                    マムシグサ(実)
Pa240191 Pa240192
 
ヤマノイモ(雌株)                スイカズラ(実)
Pa240197 Pa240199
 
タチシオデ(実)                  コマユミ(実)
Pa240201 Pa240206_2
 
ムラサキシキブ                  ヤマウド
Pa240212 Pa240214
 
ツルアリドウシ(一両)               ツルアリドウシ(花)2013年6月
Pa240216 20140611_100516_2
 
ヤブコウジ(十両)                クマシデ(実)
Pa240219 Pa240231
 
キカラスウリ (実)                 シロダモ(花)
Pa240249 Pa240238
 
                   ゲンノショウコ(種と飛散後残った花柄) 
Pa240243 Pa240244
花から実になり、秋が深まると赤く色づいてきます。
これは鳥たちへの合図で、鳥は動物達と違って、赤色を識別できる特技を持っているといいます。
 
一方美味しい実を成らし、動物たちに食べてもらうことで子孫をつなぐものもいます。
会員女性が茸やクリ・アケビなど木の実に執着するのも、太古の昔に男達が猟をして獣を、女達が木の実や茸・山菜を採取した名残かも知れませんね。 (^_-)
 
次回は11月14日(火)、最終例会は午前の観察の後、道の駅神鍋高原でランチを頂きながら、一年を振り返る「納会」が予定されています。
 
                                          ( izayamiki )
 
 

2017年10月10日 (火)

2017 10月10日例会報告  兎和野高原

10月前半の例会は場所を変えて、香美町にある木の殿堂周辺を散策しました。

参加者は23人、サラシナショウマとトリカブトが盛りを迎えている地元神鍋を観察した後、木の殿堂に移動します。
 
イブキトリカブト                 サラシナショウマ
Pa100079 Pa100087_2
 
キバナアキギリ               ソウシシヨウニンジン(実)             
Pa100062_2 Pa100077
 
ツリガネニンジン                 木の殿堂周辺を観察  
Pa100120_2 Pa100109
 
                      センボンヤリ
Pa100101 Pa100106
 
ツルリンドウ                    ママコナ
Pa100115 Pa100099
 
アキノキリンソウ                  ヤブレガサ
Pa100094 Pa100108
 
シュロソウ                   オケラ
Pa100112   Pa100116_2
 
イシミカワ(実)                  リンドウ
Pa100093 Pa100097_3
 
                展望台から蘇武岳・妙見山を望む Pa100127 Pa100128_2
 
センブリ                      コナスビ
20171010_113333 20171010_113551
 
キッコウハグマ                   オタカラコウ
Photo_2  20171010_130659
その他、ヤマハッカ・ダイコンソウ・フシグロセンノウの花、ツルアリドウシ・ナナカマドなどの実を観察しました。
木の殿堂から兎和野野外教育センターまでの林間の観察、途中の観察デッキでの弁当タイムでは、今が旬のナツメやヤマブドウのジャムも楽しませていただきました。
兎和野の大カツラ付近ではカツラの紅葉した葉から甘いカルメラ臭が漂い、山の秋を匂いでも感じることができました。
 
デジカメのバッテリー切れで、スマホでの慣れない接近写真でピンぼけとなり、ご迷惑をおかけしました。
次会例会(10月24日)は、神鍋周辺を観察します。
                                    ( izayamiki )
 

2017年9月26日 (火)

2017 9月26日例会報告  神鍋高原

9月2回目の例会は神鍋山周辺を巡りました。

彼岸明けで、「秋の花を愛でる」のにうってつけの晴天となりました。
 
コウゾリナ                     アキノノゲシ
P9260857 P9260859
 
アレチマツヨイグサ                  シュンラン(実)
P9260861   P9260872
 
                     ナンバンギセル
P9260865 P9260870
 
ミゾソバ                       イヌタデ
P9260924   P9260966
 
キンミズヒキ                    トウバナ
P9260923 P9260894
 
ホウチャクソウ(実)                チャの花
P9260895 P9260903
 
ツリフネソウ                    クロバナヒキオコシ
P9260900 P9260910
 
ヤマハッカ                     クルマバナ
P9260916 P9260917
 
アカネ                       クサボタン
P9260941 P9260944
 
イヌコウジュ                 オトギリソウ
P9260952   P9260956
 
ヒヨドリバナ                      ノアザミ               
P9260958   P9260972
 
ハギ                          ツルリンドウ
P9260968   P9260984
 
オトコエシ                     オミナエシ
P9260991 P9261022
 
タチシオデ(実)                  オケラ
P9261000 P9261011
 
                       キブシ(花芽と実)
P9261003   P9261004
 
シラヤマギク                    ヤマジノギク
P9261019 P9261026
 
ツリガネニンジン                 ヤクシソウ
P9261030 P9260992_2
 
ススキ                        ホソバウンラン
P9261039 P9261044
 
コシオガマ                観察風景
P9261060   P9261063
さわやかを通り越して汗ばむお天気でしたが、春とは違った高原の秋を満喫できました。
花が終わって実になったものも多く、アケビやクリなどの秋の恵みにも目が移りました。
 
                                    ( izayamiki )
 

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

但馬情報特急

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ