« 2022 7月例会(京丹後市 大成古墳~立岩) | トップページ | やっと夏らしい神鍋高原がやって来ました »

2022年7月19日 (火)

まるで梅雨本番の天候です夜の観察が楽しい

※神鍋高原では夕食後8時から自然観察で楽しみました。

先ずはヘイケホタル飛んで 賑やかな子供の声が響きます

ゲンジホタルより小さく ヒメホタルは頭の赤い部分が一個で判別できます

Img_2777   Img_2786

ここは さらに夜咲く植物を楽しもうと 500m以内で4種の花を巡り

ました、事前に昼間に夜咲く蕾を確認しておき それを夜観察する方法

もちろん長靴とライト持参 事前に疑問点と場所は把握しておきます。

夜の方が美しく感じます。

ネムノキ&マツヨイグサは朝早くでも見られます

Img_2767  Img_2731

香りがする ユウスゲ&キカラスウリ手のひらサイズに細い糸状が伸びる

Img_2765  Img_2607

足場の良い場所で 何故夜なのか植物の不思議を体験できる。

子供は必ずどんな昆虫が来るの?聞きます ガの仲間

 

※今回も驚きに出会いました、12日京丹後市間人でハマゴウを観察した

帰って山渓図鑑で調べても掲載されていない、チャンチンと同じと思い

牧野富太郎図鑑で調べると掲載されていた、私は図鑑で確認することが

当たり前と思っていましたがネットで確認もできますし小学館図鑑掲載

されていました。色々な経験がまた楽しい。

手書きのスケッチでここまで正確に残された昭和15年の記録

Img_2665  Photo_20220718202601

植物を愛でる心は命を愛し平和を求める事 とした牧野富太郎の心です。

 

※近くで見られる新しい花

私が初めて見る花ミクリ&タケニグサ 鹿が食べず増え続ける

Photo_20220718203801  Img_2623

タマゴタケ&ジキタリスも鹿が食べず沿道で増え続ける

Img_2628  Img_2633

オミナエシ&クルマバナ

Img_2687  Img_2673

ソクズ&オオバイボタは初めての花でイボタノキの仲間で葉が大きいこと

Img_2689  Img_2691

ミソハギ&イヌゴマ

Img_2715  Img_2721

                  (izumi)

 

 

 

« 2022 7月例会(京丹後市 大成古墳~立岩) | トップページ | やっと夏らしい神鍋高原がやって来ました »

神鍋山野草だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022 7月例会(京丹後市 大成古墳~立岩) | トップページ | やっと夏らしい神鍋高原がやって来ました »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ