« 2022 6月例会(神鍋山・オオキンケイギクの駆除) | トップページ | 2022 6月例会(竹野町床瀬~三原) »

2022年6月21日 (火)

本格的な梅雨入り植物は喜んでいます

夏至昼が一番長い季節樹木は年輪で時を刻み平和を望む植物。

温暖化で鹿の被害に会い絶滅する姿を見る時  世界的規模で

対策を取り組む時代に 戦争を選択する気持ちは理解できない。

 

※まず初めに特定の植物と共生する平和的な昆虫 2種の紹介

※ジンガサハムシはヒルガオの葉の中央部に小さな穴を空ける

食草で  陣笠(ジンガサ)に似た透明で昼間は金色に輝く

普通上から見た姿と  ヒルガオの葉が食べられた跡

Img_2280q_20220618171201  Img_2320

虫かごに入れ腹から写真 紹介した人全員が初めて見る昆虫

8ミリぐらいの大きさで餌を食べた後 元気に飛び立ちました。

         Img_2299_20220618171501

 

※ 4月から飼っている蚕は桑の葉をひたすら食べて6月やっと

繭玉を作り 途中玉を振るとコト、コトと音がしてサナギになる

音がしなくなると脱皮し穴が開き蚕の成虫カイコガが誕生した

真っ先にしたことは黄色い排出物を出し 羽が大きく成長する

左は一番早く出たガ 3日目に右は2番目 5個のガが誕生したが

どれが♂♀わからないが  雌がフェロモンを出し 誘われて

雄が羽を振って交尾するようです 5時間ぐらい続くようです。

Img_2310_20220618172501  2_20220618172601

繭から素早く出るものや穴は空くが胴体大きく難産で私がハサミで

切り出すもの等 世話が掛かりますしかし何も食べずに次は♂♀交尾

して卵迄観察したいのですが 1匹は猛烈にアピールするが失敗です

同性同志だったのか 10個の繭ではダメなのか一番遅く小さな繭選ん

だ. 5個は繭のままです 繭を作った日を記録すれば良かったのか?

       Img_2330_20220618173901

奈良時代から養蚕が行われ平安時代には39か国に絹を輸出してきた

古代から受け継がれた技術と文化に触れ 飼いならされたカイコガは

飛ぶことは無い。日本の伝統産業 次回を楽しみに待ってください。

 

※神鍋高原の自然界では絶滅した サンカヨウ 5月例会はハチ北で

観察した 6月梅雨入りしてO様から一株頂いて 万場 鹿の被害が

及ばないエリアに移設しました. 道路側溝に積もった土砂も撤去した

Img_2378_20220619081101     Img_2380

 

最近の花 紹介

ネギの仲間アサツキとノビル花の付き方に特長があります

Img_2331_20220619082001  Photo_20220619082101

マツブサ           オモト

Img_2227    Img_2249_20220619082401

カキツバタ 鹿の被害で絶滅    ミゾホウズキ

Img_2252_20220619082401  Img_2263

クモキリソウ         ラン科独特の花弁

Img_2269   Img_2267

 ホタルブクロ        コモチマンネングサ

Img_2337  Img_2338

オカタツナミソウ       アカシデの若実

Img_2350  Img_2347_20220619083201

ギンリョウソウ&イチヤクソウ

Img_2387  Img_2390

ねばりあるノアザミにモンキチョウ&冷気が出る場所キキョウ

Img_2391  Img_2395

ツルアリドウシ  &  9月実は1個で2つの花跡が見える

Photo_20220619175601  Photo_20220619175602

間もなく満開を迎える景色

クマノミズキ         ヒメジオン群生

Img_2373  Img_2375

28日 三原例会 昔 気多郡のエリアで東河内と交流していた

           (izumi)

 

 

« 2022 6月例会(神鍋山・オオキンケイギクの駆除) | トップページ | 2022 6月例会(竹野町床瀬~三原) »

風物・歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022 6月例会(神鍋山・オオキンケイギクの駆除) | トップページ | 2022 6月例会(竹野町床瀬~三原) »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ