« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月

2022年6月28日 (火)

2022 6月例会(竹野町床瀬~三原)

関東甲信、東海、九州南部に続き、九州北部・四国・中国・近畿・北陸が梅雨明けとなりました。梅雨の平均期間は43日から50日間なので、今年の2週間は統計開始以来の記録となりました。

6月末の例会は、
床瀬狗留尊仏付近の駐車場に集合し、県道135号村岡床瀬線を峠のピークから三原方面へ下りながら観察しました。
豊岡市では連続の真夏日が予想されますが、実施に当たって・・・・
①観察は比較的高地で涼しい場所②ピークの東屋まで乗り合わせで車で移動でき、三原入り口まで3時間の下りで負担が少ない③県道は周りの樹木が覆い被さって日陰が多い④終点に車をデポし、起点の駐車場まで無理なく帰着できる。
実際にIさんが持参の温度計で測ると、午前中は28度、午後でも31度で、豊岡市街地と大違いでした。昼食時も谷から吹きあがる涼しい風が心地よく感じられました。

「愛でる会」も年を重ね、花だけを愛でるのではなく、「春に花を咲かせ、夏に葉の色を濃くし実をつけ、秋になって実や葉を彩り、冬に葉を落とす」植物の自然の営みを楽しむようになりました。
床瀬~三原に抜ける県道は、蕾から花へ、葉を茂らせ実になっていく変化が楽しめる場所です。

緑のトンネルを行く & 林道から三原集落を望む
P6280153_20220629151501  P6200615

アカメガシワの雌花と雄花
P6280077 P6280075

リョウブ & フサザクラ
P6280079 P6280080

クマシデ & クロモジ
P6280083 P6280085

キブシ & アカショウマ
P6280096  P6280093

クマノミズキ & ヤブデマリ
P6280102 P6200614

オニグルミ & アオツヅラフジ 
P6280110 P6280105

ナナカマド & マルバマンサク
P6200626_20220628214601 P6280115

ノリウツギ & サンキライ
P6280126 P6280117

ギボウシ & ツリバナ
P6280139 P6280135

ハナイカダ & モミジカラスウリ
P6280141 P6280151

ミヤマハハソ & ヤマアジサイ
P6280157_20220628205801  P6280694

ミツバアケビ & イワガラミ
P6280676 P6200604

ミツバツチグリ & タジマタムラソウ・シライトソウ
P6280698 P6280689

ギンリョウソウ & アセビ
P6280706 P6280717

クジャクシダ & チャセンシダ
P6280695  P6280734

ウツギの花と実 & オトギリソウ
P6280700 P6280705_20220628211901

オカトラノオ & 受粉が終わったクリ
P6280730 P6280720

ウバユリ & ヤマジノホトトギス
P6280744 P6280746

ハエドクソウ & ウリカエデ
P6280729 P6280716

イイギリ & ネムノキ
P6200648 P6280171
今日の豊岡市の気温は36.7度、近畿で一番高く、明日は38度が予報されています。
梅雨明けは待ち遠しいものですが、あっけなく終わるとなると反動が気になります。
梅雨のないはずの北海道で雨が続く、降るはずの雨が少ないことによる農作物への影響、そして夏場の水不足などなど。
「過ぎたるは及ばざるがごとし」、なんでもほどほどが望まれます。

当地の「ネムの花が咲くと小豆を播く」という農作業の目安も、温暖化の影響か半月以上も早いと役に立たなくなりますね

 

            ( izayamiki  )






2022年6月21日 (火)

本格的な梅雨入り植物は喜んでいます

夏至昼が一番長い季節樹木は年輪で時を刻み平和を望む植物。

温暖化で鹿の被害に会い絶滅する姿を見る時  世界的規模で

対策を取り組む時代に 戦争を選択する気持ちは理解できない。

 

※まず初めに特定の植物と共生する平和的な昆虫 2種の紹介

※ジンガサハムシはヒルガオの葉の中央部に小さな穴を空ける

食草で  陣笠(ジンガサ)に似た透明で昼間は金色に輝く

普通上から見た姿と  ヒルガオの葉が食べられた跡

Img_2280q_20220618171201  Img_2320

虫かごに入れ腹から写真 紹介した人全員が初めて見る昆虫

8ミリぐらいの大きさで餌を食べた後 元気に飛び立ちました。

         Img_2299_20220618171501

 

※ 4月から飼っている蚕は桑の葉をひたすら食べて6月やっと

繭玉を作り 途中玉を振るとコト、コトと音がしてサナギになる

音がしなくなると脱皮し穴が開き蚕の成虫カイコガが誕生した

真っ先にしたことは黄色い排出物を出し 羽が大きく成長する

左は一番早く出たガ 3日目に右は2番目 5個のガが誕生したが

どれが♂♀わからないが  雌がフェロモンを出し 誘われて

雄が羽を振って交尾するようです 5時間ぐらい続くようです。

Img_2310_20220618172501  2_20220618172601

繭から素早く出るものや穴は空くが胴体大きく難産で私がハサミで

切り出すもの等 世話が掛かりますしかし何も食べずに次は♂♀交尾

して卵迄観察したいのですが 1匹は猛烈にアピールするが失敗です

同性同志だったのか 10個の繭ではダメなのか一番遅く小さな繭選ん

だ. 5個は繭のままです 繭を作った日を記録すれば良かったのか?

       Img_2330_20220618173901

奈良時代から養蚕が行われ平安時代には39か国に絹を輸出してきた

古代から受け継がれた技術と文化に触れ 飼いならされたカイコガは

飛ぶことは無い。日本の伝統産業 次回を楽しみに待ってください。

 

※神鍋高原の自然界では絶滅した サンカヨウ 5月例会はハチ北で

観察した 6月梅雨入りしてO様から一株頂いて 万場 鹿の被害が

及ばないエリアに移設しました. 道路側溝に積もった土砂も撤去した

Img_2378_20220619081101     Img_2380

 

最近の花 紹介

ネギの仲間アサツキとノビル花の付き方に特長があります

Img_2331_20220619082001  Photo_20220619082101

マツブサ           オモト

Img_2227    Img_2249_20220619082401

カキツバタ 鹿の被害で絶滅    ミゾホウズキ

Img_2252_20220619082401  Img_2263

クモキリソウ         ラン科独特の花弁

Img_2269   Img_2267

 ホタルブクロ        コモチマンネングサ

Img_2337  Img_2338

オカタツナミソウ       アカシデの若実

Img_2350  Img_2347_20220619083201

ギンリョウソウ&イチヤクソウ

Img_2387  Img_2390

ねばりあるノアザミにモンキチョウ&冷気が出る場所キキョウ

Img_2391  Img_2395

ツルアリドウシ  &  9月実は1個で2つの花跡が見える

Photo_20220619175601  Photo_20220619175602

間もなく満開を迎える景色

クマノミズキ         ヒメジオン群生

Img_2373  Img_2375

28日 三原例会 昔 気多郡のエリアで東河内と交流していた

           (izumi)

 

 

2022年6月14日 (火)

2022 6月例会(神鍋山・オオキンケイギクの駆除)

関西も「梅雨入りしたものと思われる」と発表されました。
いよいよ本格的な雨の時期となりました。心配されるのは、近年相次ぐ梅雨末期の豪雨災害です。梅雨の平均期間は43日から50日間、春と夏の間にもう一つの季節があるようなものです。
予報通り朝から雨となりましたが、しっとり水分を含んだ野草も風情があるものです。

豊岡市全戸回覧
Photo_20220614172201

6月は毎年取り組んでいる「特定外来生物」のオオキンケイギクの駆除と併せて神鍋山周辺を観察します。
オオキンケイギクは、5月から7月にかけて黄色の花を咲かせ、道ばたや空き地で目立つようにになりました。
繁殖力が強いため,わが国本来の植生に重大な悪影響を与える恐れがあるので「特定外来生物」に指定され、人為的に拡散させる原因となるような行為(栽培・保管・運搬・販売・譲渡・輸入・野外へ放つことなど)が原則禁止されます。

道ばたや空き地に黄色い花が目立つ豊岡市でも全戸回覧を通じて注意喚起しています。
神鍋高原でもいつの頃か目立つようになりました。
「愛でる会」では2015年から「オオキンケイギクの駆除(神戸新聞記事)」取り組んでいます。


神鍋山のオオキンケイギクの駆除
P6140506 P6140497 
P6140524 P6140527
併せて梅雨時期の山野草の観察を行ないます。水分を含んだ草木や花・実も色気があり魅力的です。

アカバナユウゲショウ & アジサイ
P6140416 P6140429

クリ:手前の雌花が受粉して実となる & ドクダミ
P6140426  P6140432

イワガラミ & ヤマツツジ
P6140449   P6140447

ウツボグサ & コウゾ(実)
P6140436  P6140461

アクシバ & サンキライ(実)
P6140445 P6140453

キイチゴ & ナツハゼ
P6140468P6140465

ヤマアジサイ & ノイバラ
P6140479 P6140475

ミヤマナルコユリ & ヤブレガサ
P6140483 P6140511

クララ & カワラナデシコ
P6140499  P6140522

アサツキ & ノビル実
P6140536  P6140537

シナノキ大木とヘラに花穂
P6140545  P6140543

クワの実 & ウツギ
P6140558  P6140569

シンジュ & チャンチン
P6140549  P6140567

ササユリ
P6140575  P6140571

サイハイラン & ニワフジ
P6140583  P6140585

センダン
P6140593 P6140592
センダン(栴檀)の木と花を見たのは初めてで、近づくとよい香りがします。
「栴檀は双葉より芳し」の言葉があります。大成する人は幼少のときからすぐれているというたとえです。
私の学んだ府中小学校校歌第3番の歌詞です。卒業後60数年経って始めて意味が分かりました。
    (略)♪  香りも高き せんだんの
         希望に生きる 双葉こそ
         府中 府中 府中小学校  ♪

本日のサプライズ(ジンガサハムシ)車のダッシュボードにとまる        
P6140562 Img_2280q      
次回の観察は6月28日(火)、床瀬・三原方面を観察する予定です。

                                    ( izayamiki )

 

 

2022年6月 7日 (火)

梅雨入りか 6月の花が楽しめます

両性花は一つの花に雄蕊、雌しべが有るものをいいますが

雌雄別株のサルナシが咲き、初めて両性花に出会いました

黒い雄蕊だけの花&両性花雌しべも付く両性花

Photo_20220605131501  Photo_20220605131401

じっくり見ると 不思議発見です。

2014年金山廃村で 地面に落下していた実を人博覧の先生から

チャンチン?と言われ 山渓図鑑で調べても掲載されていず

放置してきましたが今年3月西気地区の山で 実を確認し急に

探求したくなり 何回となく調査しても 木の特定が出来ず

悩んでいると 牧野図鑑に掲載されていました、今はネット

検索で名前が解れば 十分参考になります後は本体を確認のみ

牧野図鑑       実の写真 7月の花が楽しみ

Img_2163  3_20220605132901

牧野富太郎の兵庫県や但馬での活躍紹介記事参考まで

Img_2165_20220607055601  Img_2166_20220607055601

来年4月放送が楽しみですね 但馬出身の橋本光政図鑑より

センダン科の仲間で 神鍋にも今咲いているセンダンの花

        5

6月 一番美しい花が咲き出しました この花は直ぐ終わりそうです

ウリノキ&イボタノキ

Img_2188_20220605133801  Img_2180

サイハイラン&ツルマサキ

Img_2198  Img_2208

蘇武登山で撮ったブナの新芽 全て食べ尽くされ ブナ林が多い

この地域では新しい幼木を見たことが無い 笹を含め下草が無い

        Img_2113

最近見た珍しい昆虫

ウスバシロチョウ&ジンガサハムシ名前調べて頂きました。

ゆったりと飛ぶ蝶&金色に輝く7㎜程のハムシ科 初めての昆虫

Img_2144_20220605135701  Img_21347

外来種のブタナも群生し地面を塞ぐ最後は綿毛で飛び散ります

Img_2148  Img_2149

ブタナ   &  ニワトコ実

Img_2155  Img_2199_20220605141901

ナツハゼ&小さな4弁カナビキソウ

Img_2126_20220605140701  Img_2140

 

蚕のその後 4月29日3㎜で200匹近い蚕を飼い始めましたが

今は全てが繭を作り 静かな日々です。 6月6日現在写真です

170個は東京の娘に送ります,  8個は観察用に残しました。

あと2週間ほどで繭から脱出しメスがオスを引き寄せ交尾して

卵産むまで 観察続けます。10回以上の変化を4か月楽しめます

Img_2210170  Img_22168

色の違いや 振ると幼虫の音がするが 中には小さいカイコが

小さな繭を作った左下の様子 ♂と♀の区別がつかず一発勝負

          Img_2215

育ちの悪い繭を割ると脱皮した殻~蛹(サナギ)殻を脱ぎ脱皮して

蛾に近い姿 蚕で繭を作らず亡くなるもの5匹可哀そうでした

 

来週14日は神鍋山のオオキンケイギク除去を予定しています

             (izumi)

 

 

    

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ