« 桜が終わり春の花盛りシーズンに入りました | トップページ | 五月晴れ 神鍋山は 新緑真っ盛り 多くの人でにぎわいます »

2022年4月26日 (火)

2022 4月例会(蓮台寺・稚児の滝)

4月後半の愛でる会例会は、午前中は知見の真言宗蓮台寺さんの庭園見学、裏山の八十八箇所の霊場を巡ります。
午後からは、溶岩流の道場稚児の滝を巡り、近くの山城楽々前(ささのくま)城跡にも足を伸ばす予定です。
蓮台寺さんのお庭は裏山を利用し、四季の花々が咲き誇るのと、趣味で集められた信楽焼きのタヌキが並ぶことで知られています。
特に6月に色とりどりのアジサイが見事とお聞きしました。

タヌキが並びシャクナゲが見事に咲く
P4260257 P4260259

境内から奥へ進む
P4260280 P4260262

咲き始めたクリンソウ & オオデマリ
P4260261_20220426170801  P4260264

シャクナゲ & ヤマツツジ
P4260266 P4260267

ウワミズザクラ & ネコノメソウ
P4260272 P4260269
観音堂裏手にから四国八十八ヶ所霊場の道が始まります。お大師さんの横に知見や近隣から寄進された釈迦・阿弥陀・大日・観音・薬師・虚空蔵・地蔵・文殊・不動・毘沙門など石仏続きます。奥には知見の産土神八幡神社が鎮座されています。

一番霊場 & 八十八番霊場
P4260279 P4260273

葉の裏が紫のシハイスミレ & 二つえくぼのツルアリドウシ
P4260276 P4260278
大師道はシカ被害か山野草の姿はあまり見られませんでしたが、お大師さんとともに並ばれる如来や菩薩のお姿と、時代は様々でしょうが願主の願いが感じられます。

午後は溶岩流を下って、道場区の稚児の滝に向かいました。

道場大橋から上流と下流の溶岩流を望む
P4260348 P4260281

    稚児の滝
    P4260327
道場に住む私の従兄弟が、飛び込んで滝壺に入り込んだら上からの水圧で浮上できないので、滝壺の壁にしがみついて浮かび上がったと言っていました。落差6Mながらも、強い水流と深い滝壺をみると、「さもありなん」ですね。
         
フジ & シャガ
P4260282  P4260288

クサノオウ & シロバナタンポポ(日本種)
P4260304  P4260286

マムシグサ & タニギキョウ
P4260314  P4260333

オドリコソウ(在来種) & ヒメオドリコソウ(外来種)
P4260340  P4260341

アリアケスミレ & 神鍋のヤマシャクヤク(前半の例会では蕾だった)
P4260346_20220426173701  2180
このあと室町時代の但馬の守護山名氏の四天王で知られる垣屋氏の本城に向かう予定でしたが、予報通りの雨となり次の機会としました。
次回例会は5月10日(火)『・・どちらを見ても山笑う」好季節です。
           ( izayamiki )





« 桜が終わり春の花盛りシーズンに入りました | トップページ | 五月晴れ 神鍋山は 新緑真っ盛り 多くの人でにぎわいます »

例会活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜が終わり春の花盛りシーズンに入りました | トップページ | 五月晴れ 神鍋山は 新緑真っ盛り 多くの人でにぎわいます »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ