« 今年最後の尾根巡りを楽しみました | トップページ | 2021年コロナとオリンピックが賑やかな年でした ガマ »

2021年12月21日 (火)

19日早朝除雪車出動

18日午後 愛でる会の看板 柵の冬支度を終了してて安堵

栗栖野スキー場で神鍋山登山口にある看板の撤去

        Img_1282

神鍋渓谷公園 ナツエビネ 盗掘や 動物からの保護する金網

 春から秋対応・冬積雪対応杭を 4本打ち込み積雪と雪崩防止

8年前から ずっと咲き続けています 斜面は急です 

Img_1283 Img_1285_20211218061001

 

ヤマナラシの落ち葉を見つけた事から 名前の由来を考えてみました。

Img_1220    1枚の落ち葉正面から

正面から柄を見る細い   側面から見ると平たく曲がり易い

Photo_20211218061801  Photo_20211218061802

一枚の落ち葉ですが葉の柄が特徴的です 正面の写真は細いが側面から見ると

幅広です葉はそよ風でも左右に振れやすく葉と葉が擦れて 音が発生

山が鳴っているように感じ ヤマナラシと呼ばれています 

大工さんはヤナギ科の仲間で箱を作るのに鉈で割るとスパと割れることから,

ハコヤナギと呼ばれるが 明治以降西洋から導入されポプラ並木を作ったので

 最近ではポプラと呼ばれて有名です。 何故この姿になったのか私なりに

考えた 音を出して動物を驚かしている? 葉が良く揺れるので昆虫が寄り付かない?

と仮説をしてみたが植物図鑑には載っていなかった 判った人は連絡下さい

神鍋高原大机山周辺では20本以上のヤマナラシが あり 今では葉が無い枝にヤドリギが

共生し冬の時期に花を咲かせ 実をつける 共生をしている。  雌雄別株の木で有名です

ヤマナラシとヤドリギは今が見頃です 5月綿毛には種が付いている

Img_1264 Img_7338_20211218064101

5月雌株から綿毛に包まれた種が風に乗って飛び出す幻想的な風景

 雌株から種の綿毛が飛び散あたり一面白くなる ・メタセコイヤ並木紅葉 見遅れた

Img_7337_20211218064101 Img_1233

雪景色18日夕刻から降った雪景色19日

左大杉山ガス  右カラマツ ・ 奥神鍋スキー場24日オープンです

400mk  Photo_20211219151101

冬でも植物観察は 木肌や花芽 実 葉 葉が落ちた跡 新芽

鹿被害状況を確認できます。尾根巡りは海や景色を見ながら談笑が弾みます。

                   (izumi)

 

 

« 今年最後の尾根巡りを楽しみました | トップページ | 2021年コロナとオリンピックが賑やかな年でした ガマ »

神鍋山野草だより」カテゴリの記事

コメント

看板撤去など冬仕事、お世話様でした。「ヤマナラシ」は神鍋山の麓にある高木ですね。葉の形状から風に揺れると「サワサワ」と鳴ることがわかりました。

ヤマナラシとポプラの違い
同じヤナギ科ヤマナラシ属ですが日本古来のものがヤマナラシと ドロノキ
明治以降の外来種がポプラと呼ばれているようです
樹の形や葉っぱに違いがあるようですね
神鍋のものはヤマナラシですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年最後の尾根巡りを楽しみました | トップページ | 2021年コロナとオリンピックが賑やかな年でした ガマ »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ