« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月30日 (火)

三川山尾根巡り

28日 快晴 しかし 山は積雪ある, 当初妙見山尾根巡りで参加募集したが

 金山 大杉山 奥神鍋頂上  三川山方面は南向きの為積雪少ない

Img_114728 Img_114828

参加者6名で相談して 2台の車で 三川山系 尾根巡りに変更した

神鍋から床瀬~森本~佐津~梨園 に差しかかると看板地図 がある

女性は初めてのコース   周辺ではナニワズの蕾とアセビの 群生

 入口(赤字現在地)看板        それ以外の緑は無い 

Img_1149 Img_1150

途中佐津の高速が見られ  落葉した後の紅葉が見られる 3頭の鹿出会う

Img_1152 Img_1154

積雪は500m付近無いが  写真休憩 で 何回も止まる

香住方面の紅葉と日本海が美しい 太陽の日差しで イイギリ実が目立つ

Img_1156 Img_1157

三川~東側の展望も豊岡盆地~丹後半島間人 が くっきりと見られ

浜坂方面 久斗山と日本海  雪道ウサギの足跡 三川山付近に来ると積雪5㎝

Img_1159  Img_1158 

浜坂方面 雪と紅葉 久斗山 日本海  三川展望台記念写真

Img_1160 Img_1166

丁度昼が下山予定の 道路合流点 太陽の日差しで温かく外で昼食7度

 三川国有林無線中継所917mから南側ブナ林の1500m尾根下り

一番の展望は西気盆地 ブルーリッチホテル・バンベールマンション

 ・但馬ドーム・アルビレオ天体望遠鏡が反射して 目印になる。

       三角点 721・2mを確認して少し下り終了

この付近でも新雪に鹿やウサギの足跡 エゾユズリハの葉が見られた

         Img_116715

頂上付近 日陰では10センチの積雪ですが 快晴の天気が満足感を増幅 

往復100㎞の車の移動も 苦にはならなかった。 15時30分解散

 ヤマップの初めての 使用で まだスマホからの写真転用や 活用は

出来ません。 今年あと1回ぐらいは尾根巡りを計画したい。     

               (izumi)

 

2021年11月23日 (火)

初雪です いよいよ冬のシーズンです

23日朝7時 南の尾根に初雪です 平地ではタカノツメの紅葉が美しい

 Img_1139q  Img_1135

21日快晴で東河内尾根巡りを楽しみました 盛りだくさんに 紅葉を始め

歴史ある三原集落への古道を歩き 南北朝時代に作られた城跡を縄張り図

と確認しながら じっくり 観察 途中昭和後期に楽しんだアスレチック

の閉鎖跡が見られ 作者の思いを1か所ごとに 看板に書かれていて感動

地元にいながら 見たこともない風景を 9時から15時まで 堪能しました

 先ずは東河内尾根巡り 地図です 水口との境界歩く

         Photo_20211123075101

先ずは下界は紅葉真っ盛り   アスレチック看板で当時を想う

Img_1126 Photo_20211123075102

古城の最初の堀切   2番目の堀切 この上に主郭場所がある

Img_1127-1 Img_1127

境界尾根を登         大木に枝一杯の赤い実イイギリ

Img_1129_20211123075801 Img_1128_20211123075801

ブナリンの群生地に入り     741m東河内 最頂上で昼

Img_1130 Img_1131741m

本日は初めてスマホで山ナビ デビュー 看板は有りませんが確認

ブナの姿 や 日本海 豊岡盆地 奥神鍋 西気盆地 但馬ドーム

Img_1132 Img_1134

654mの三角点での展望はさらに良い 下りは三原古道を堪能した

Img_1133664m Img_1136

頂上付近のブナ林は落葉で見晴らしが良く 少し下ると紅葉の贅沢な

山歩き 落ち葉を踏む音は 心地よかった。盛りだくさんの山歩き

鈴を付け 熊や鹿、猪の被害や緑の葉が残る植物を見て楽しみました。

ご覧の様に獣道 足元には 緑がありません 温暖化が心配されます

              (izumi)

 

 

2021年11月18日 (木)

秋深まり神鍋山全体も紅葉真っ盛りです

      Img_1117   紅葉真っ盛り神鍋山

18日90分 小学3年生の自然観察会の案内人を務 めるため道の駅

周辺200m以内でコース設定アカシヤキャンプ場迄の往復コース

観察しました 低学年ですが 五感を使った説明に重点を置きました

香りの植物 サンショ・クロモジ紅葉を 鼻で体感 ジネンジョには

オスとメス株があり 雌の種 と ムカゴを1個づつ持って帰って

家族と話しが 弾むように配慮しました。

動物からの被害を防ぐ毒や刺 にはウルシは見て刺は触って体感

ツタウルシ毒・タラノキ刺

Img_1093 Img_1104

食べると美味しい味がするガマズミ実を全員に食べて感じ

        Img_1112

実が見られるツルアリドウシ には春の花を別紙資料で渡し

花の跡 2個が見られる姿

Img_1103 Photo_20211117190501

実での色の美しい違いで 動物に食べてもらって 移動するもの

ムラサキシキブ実・アオツヅラフジ実

Img_1106 Img_1101

温暖化の影響で 鹿が大繁殖して山のアオキが食べ尽くされている

 事や 雪が少なくなっている事を話しました

       Img_1102_20211117191201

昔は薬草でほとんどの家で天日干しをして 煎じて飲む

ゲンノショウコからミコシグサに名前が変化する姿を探し

見つかりました 遠くに種を飛ばし 子孫を増やす話

       Photo_20211117192301

面白い花の名前ヘクソカズラ 別名ヤイトバナとも呼ばれ

植物は全てに名前が付いていて 雑草と付く名前の花は無いことも

伝えました

       Img_1098

もちろん神鍋山は火山 その溶岩も見られ 世界共通用語

玄武岩 の説明 その上に 植物が育つ腐葉土が30センチ堆積

大木が育つのは菌類が役立っている話をする 絶好の風景です

       Img_1047

200mの間にこれほど多くの植物や火山活動 そしてこの付近の地下水が

清滝区に湧き出て 役立っている バナナの花が咲く環境も話しました

花が無い今の時期に 話しには尽きない後ほど感想が聞かれる 楽しみです。

             (izumi)

 

 

 

2021年11月 9日 (火)

2021 11 月例会 神鍋山周辺観察 & 納会

いよいよ本年度最後の例会です。会員のほとんどの22人が集まりました。
3月23日の総会から14回を予定していて、緊急事態宣言下でも感染対策をしながらほぼ予定通り実施できました。

花や樹を愛でるだけでなく、ごみ拾いや特定外来植物のオオキンケイギクの駆除など自然を守る活動、ジャコウソウ・ミカエリソウ・ナツエビネなど希少種をシカや人間から守る活動も行なっています。

世に言う「不要不急な活動」などではなく、固定メンバーによる屋外行事で自然に親しみながら、地域の歴史や地形を学び、老後の体力維持、仲間作りを目的とした「必要不可欠な活動」であることは言うまでもありません。

道の駅付近のイチョウ並木 & 神鍋山スコリア層
Pb090684 Pb090719

キチジョウソウ & ノコンギク
Pb090700 Pb090704

アオキ(実) & アオツヅラフジ(実)
Pb090702 Pb090693

トウバナ & ミコシバナ(ゲンノショウコ)
Pb090708 Pb090718

トネリコ & マムシグサ(実)
Pb090714    Pb090705

スミレ & シラヤマギク
Pb090727    Pb090736   

ヤクシソウ & アザミ
Pb090745 Pb090783

ツルリンドウ(実) & アキノキリンソウ
Pb090746   Pb090748

カエデの紅葉
Pb090751   Pb090755
神鍋山周遊散策道にはスコリア地層に空気が蓄えられていて、夏は涼しく冬は暖かい空気が出ていて、スミレやゲンノショウコ・ウツボグサなど夏や秋の草が残っていました。

ウツボグサ & ゲンノショウコ
Pb090770   Pb090765

クサボタン(穂) & リンドウ
Pb090776   Pb090778

ヤブコウジ(実) & ツルアリドウシ(実)
Pb090790 Pb090811

  右から大杉山・金山・備前山 : 紅葉が山から麓へ移動
  Pb090787

ナニワズ & クロウメモドキ
Pb090791 Pb090796

コマユミ(実) & センボンヤリ種綿毛
Pb090801  Pb090807

チゴユリ(実) & H氏撮影の新緑と秋のブナの巨木
Pb090815  Pb090826

道の駅特製弁当 & 納会風景
Pb090828 Pb090833
観察後、道の駅かんなべ高原へ場所を移し、特製のお弁当をいただきながら、今年を振り返り来年への期待を語り合いました。
山野草を愛でる会らしく、箸置きやテーブルの花瓶に秋の草花が飾られています。

                            ( izayamiki )





2021年11月 2日 (火)

家の周りで小さい秋を見つけよう

11月に入り8度~15℃の気温ですが 昼過ぎから曇り空

最近の天気は快晴が続きません。

小さい秋 を見つけるため 家の周りを 観察しました

家の前から備前山と金山・大杉山1007m 少し紅葉が進む

Img_0929 Img_1010

ヒメフウロの葉が紅葉・アカソバ  赤い色は目立つ

Img_0931 Img_0930

ムラサキサギゴケと年中咲くトキワハゼ の違いが見られます

どちらもハエドクソウ科 サギゴケ属の仲間で難しい

Img_0953 Img_0952

畑に多いハキダメギクは元気です。ミゾソバ

Img_0932 Img_0950

ウシハコベ・ヒメクグ も畑に残る

Img_0938 Img_0949

気温15度で年中咲くセイヨウタンポポ と シロヨメナ

Img_0959 Img_0971

今を代表する ナギナタコウジュは 色は目立たない形がなぎなた型

Img_0970 Img_0962

今を代表するキク科ヨシノアザミ と アマガエルが心配です早く冬眠して

Img_0961 Img_1000

ミコシグサ ・ 赤色 ゲンノショウコ

Img_0947_20211101174901 Img_0994

皮をむいて干し柿に・小鳥は食べるものが無くなるとムラサキシキブも食べる

Img_0929_20211101175001 Img_1983

ヒメジョオン・アカツメグサ の葉模様が美しい

Img_0978 Img_1045

カタバミ・イヌガラシ

Img_0981 Img_0998

ハナイバナ3月~11月咲く・コナスビ

Img_1002 Img_1025

クロバナヒキオコシ・キツネノマゴ

Img_1018 Img_1029

来年早春の準備 蕾 ナニワズ・アセビ も見られます

Img_0984 Img_0987

11月9日 第2火曜日 今年最後の 例会 です 会費500円

                  (izumi) 

 

 

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ