« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021年6月29日 (火)

東河内古道三原線 水山峠 歴史探索

国土地理院の地図にも掲載される 水山峠 2回目 挑戦 する

昭和46年ゴルフ場神鍋CCが開設する前まで 県道として整備

されていた 縄文時代から交流があり 昭和30年三原が竹野町に

編入するまでは 生活の道路として気多郡として 繋がっていた

先ずはゴルフ場が開始前7時30分には 場内を通過しなければいけない

         Img_2028730

場内の池にはモリアオガエルの卵とスイレン(ヒツジグサ)が見られる

Img_2029  Img_2030cc

CC出口には大きなケヤキと 道中の安全を守る地蔵様が見られる

 以前は大欅の根元に日本ミツバチが巣作りしていたが見られない

      Img_2032 

昔の婚礼の行列 があった 山道で 頂上 水山峠にも 地蔵様

     Img_2033

万場水力発電所から三原に電気が送られていた証拠品碍子や電柱もある

尾根から見られる西CC  奥神鍋スキー場 大杉山

Img_2034 Img_2037

 北 三原方面     大岡山が見られる 尾根は楽しい

Img_2035 Img_2036

 少し下ると 水飲み場にも 地蔵様が安置されている 

 割れていた水飲み茶碗を鑑定すると 江戸時代の出石焼と解る

      Img_2039 ブナ林を過ぎ

川筋に入ると 砥石 石切り場には 運搬用トロッコもあります

Img_20472  Img_2045

今年の湿雪で倒木が多い     炭焼き窯の跡地も 林業の跡地です

Img_2040  Img_2043

水山峠の由来が理解できる 橋までが今回のルート 水山川と表記

Img_20501130  Img_2049

この橋から下は 竹野川の本流になります 気多郡の影響があるのか

6時30分から12時まで歩いて楽しみました 昔の苦労が感じられます

最近の植物観察です ヤブカンゾウ・ミヤコグサ

Img_2065  Img_2069

ワルナスビ・ネジバナ

Img_2077  Img_2074

アカショウマ・クマノミズキ

Img_2117  Img_2110

腐生植物ラン科 オニノヤガラ 花が終わり実になりつつあります

高さ1mにもなる 

Img_2094  Img_210540

スズサイコ・ネジキ

Photo_20210629152601  Photo_20210629152602

             (izumi)

2021年6月22日 (火)

2021 6月例会 万場大杉山渓谷

後半の例会は万場大杉山渓谷です。万場の会員2名様も初めてのコース
25度を超える夏日と予報されています。
緊急事態宣言からまん延防止重点措置に変わりました。
参加者は17人、高齢者の特定メンバーで、感染対策をして楽しみます。
趣味と健康と精神衛生など、生活の質を守る必要な活動です。

万場ゲレンデからの景色
P6220049 P6220051

ノコギリソウ(葉がノコギリ状)
P6220044  P6220042  

ノリウツギ & クリ(下部の2雌花にイガが出来る)
P6220003 P6220047

ヤマシャクヤクの実
P6220090 P6220095

リョウブ & ウリハダカエデ
P6220057 P6220053

タニウツギ(実)& キブシ(実)
P6220060  P6220058

タケニグサ & マツカゼソウ(どちらも鹿が嫌います)
P6220063  P6220076

クマシデ(ホップのような実) & フサザクラ 
P6220065 P6220071

渓谷のカツラ & ミズタビラコ
P6220074 P6220084
西気地区で最高峰1007mの大杉山 北斜面の渓谷で 清流の水温も
14℃ と 夏至で太陽が真上から 照りつける6月でも 最適の場所

正面に見えた神鍋山 展望台から 大杉山尾根とスキー場 間の渓谷写真

        Img_2062

午後から9名で恒例の神鍋山 オオキンケイギクの抜き取り作業です

5月豊岡市は 駆除作業の 通達を 出しました 初めてのことです

私たちは2015年から 取り組んでいますが 少しずつ減っています

もしも駆除していなければ 神鍋山南斜面は黄色一色の景色となっていたでしょう

ササユリやナデシコ・キキョウ・ヤブレガサ・ウツボグサが見られなくなります

Img_2059 Img_2055

9袋一杯の駆除 ・ ササユリも咲き始めました

Img_2058 Img_2054

ナデシコの白も見て 昨年収穫したアカソバの種をお渡ししました

Img_2057 Photo_20210623072001

7月種まきして 9月下旬には 赤い美しい花を楽しんでください

 7月の例会でも 参加者に お渡しします。

         (izayamiki  izumi)

20日別の場所で 梅雨6月下旬の花2種を紹介します

ナツツバキ・ショウキラン

Img_2053 Img_2041

 

 

 

 

2021年6月16日 (水)

2021 西気花めぐり 東河内編

「自然豊かで、折々の花が楽しめる我が町」を知る活動の一つ、「西気花めぐり」は今年で3年目、5月の万劫区に続いて、東河内区をめぐります。

案内には「この地は70万年~2万年前、大机山を始めとする4つの火山群に囲まれ焼土となりました。350mを超える高原には1万年前、北但馬で最初に人が住みついた場所で、縄文遺跡が発見されてからの歴史が感じられる地区です」と紹介されています。

毎月第3水曜日の9時半からですが、他の行事の都合で午後からの開催となりました。
午前中の雨も止み、しっとり水分を含む環境は、花の観察にもってこいの条件となりました。

コウノトリも飛来 & 観察風景
P6160989 P6161136

イワガラミ & ドクダミ
P6160929 P6160969

ヒメジオン & ホタルブクロ
P6161003   P6161040

ヨウシュヤマゴボウ & ジャコウソウ
P6161020 P6161070

スイカズラ 咲き始め白、しばらくすると黄色に変化が楽しめます
P6161093 P6161096

コモチマンネングサ & ユリノキ 
P6161106  P6161092
ユリノキの黄色い花は1輪だけ残っていました。
葉の形が半纏に似ていることから、ハンテンボクとも呼ばれ、大きくなるので街路樹に使われます。

2004年10月、但馬を襲った台風23号は各地に被害をもたらしました。
舞鶴から福知山に抜ける国道で、水没したバスの屋根に37名の乗客が励まし合いながら歌を歌い救助を待ちました。
バスが流されるのを防ぐために、乗客が街路樹のユリノキとバスを竹の棒でつないだピソードが残っています。

ツタウルシ & ツクバネ
P6161126  P6161130
ツタウルシはかぶれの木としては最強で、触っては危険だそうです。
先月の万劫区でも各所に見られ、目印はツタ状で3枚葉です。
ツクバネは秋になると実ができて、お正月の羽根つきの羽根に似ていることから名がついています。

ウツギの花と実
P6161133 P6161132

ヤブムラサキ・ヤマアジサイ

Img_1917 Img_1956

ソヨゴ & ホナガクマヤナギ
P6161138 P6161139

ウツボグサ & マユミ
P6161144  P6161147

クリの穂状の雄花と根元にある2つの雌花 & 小川のクレソン
P6161155 P6161160

キツネノボタン & キツリフネ
P6161178   P6161176

オカトラノオ ネムノキ(蕾)
P6161141 P6161170
ネムノキは7月になると花を付け、ソバや小豆を播く目安に使われます。
この日の参加者は15人、次回は7月21日万場区をめぐります。

15日4名で下見した大杉渓谷の 秘境スポット 夏とは思えない涼しい 
   
 

                    <izayamiki>

 

 

2021年6月 8日 (火)

2021 6月例会 兎和野高原

梅雨らしかったのは、16日~21日までの5日間で、それ以後好天が続いています。
例会日の8日も曇りときどき晴れの予報です。
兎和野高原は500~600m近い標高なのと、雑木林歩きのためほとんど暑さを感じません。

木の殿堂をスタート & 満開のヤマボウシ
P6080475 P6080481

ヤブレガサ(蕾) & イチヤクソウ(蕾)
P6080467   P6080471

ヤマツツジ & エビネ
P6080472 P6080501

ギンリョウソウ & トチバニンジン
P6080496 P6080505

ミズキの食害 & 下手人「キアシドクガ」
P6080483 P6080902

お昼は森の工作館広場 & 恒例のオカリナ演奏
P6080518 P6080511

ヒメハギ & フタリシズカ
P6080543  P6080498

咲き始めたウリノキの花
P6080774   P6080727
下見の時には蕾だったものが、ヤブレガサ・イチヤクソウ・ウリノキでした。
1週間経って開花していたのが、1番人気のウリノキだけでした。
この花を見て、ある人は「簪(かんざし)」に、ある人は幕を真ん中で結ぶ「房紐」に似ているといいます。
いずれにしても自然による見事な芸術品です。

リョウブ & ニワトコ(実)
P6080570 P6080846

葉と同化しているモリアオガエル & ウツギ(ウノハナ)
P6080878 P6080458
兎和野の森は子供たちの野外活動をメインに、アスレチックやオリエンテーリング・キャンプファイヤーなど楽しい仕掛けが用意されています。
コロナ禍で生徒の利用は停止されているようですが、清々しいお天気に森に分け入り、山野草の花や実を愛で、鳥のさえずりを聞き、蝶が舞うのを楽しみました。 

定例化した広大な野鳥の森エリアでのオカリナ演奏 贅沢な 時間です

6月16日 第3水曜日 13時30分~15時30分(今回だけの特別時間です)

    西気コミュニテイ主催 案内人泉 7年かけて7集落を7か月計画

    西気花巡り 先着5名様 西気公民館集合で 東河内地区

6月22日 第4火曜日 定例会 万場 大杉谷渓谷 (初めてのコース) 

    道の駅 9時30分集合 午後自主参加 オオキンケイギク除去等

          ( izayamiki )

 

 

2021年6月 5日 (土)

2021 6月例会 兎和野高原下見編

神鍋山野草を愛でる会の活動は、6班が交代で例会を運営することにしています。
6月は3班が担当し、前半は木の殿堂をスタートに兎和野の森を観察し、後半は地元神鍋の万場渓谷を予定しています。
8日(火)の例会に向けて班員3人で下見してきました。

兎和野高原Map(クリックで拡大) & 木の殿堂

Img_20210605_0001  P6020391

ニセアカシア & ヤブレガサ(蕾) 
P6020352 P6020381

エビネ
P6020371  P6020416

クルマバソウ & ?
P6020361  P6020365

キイチゴ & キンラン(花後)
P6020385 P6020374

ウワミズザクラ(実)美味しいらしい
P6020392 P6020393

ヤマボウシ & サワフタギ
P6020408 P6020410

キアシドクガ被害のミズキ & クロモジ(実)
P6020402 P6020405

ハゼの花 & ウリノキ(蕾)
P6020415 P6020444

キケマン & ムラサキケマン
P6020431  P6020433

イチヤクソウ(蕾) & タツナミソウ
P6020387  P6020428
「緊急事態宣言」の再延長が決まりました。
集合は「道の駅神鍋高原」を経由して香美町「木の殿堂」駐車場で、感染対策として乗り合わせなしとします。
マスク着用、互いの距離を保ち、昼食も密にならぬよう配慮します。

兎和野高原の「雑木林と蝶の森」「花木の森」「野鳥の森」を巡り、樹木や山野草だけでなく蝶や野鳥も楽しめることでしょう。

                                                                      ( izayamiki   )

 

          

2021年6月 2日 (水)

西気尾根巡り第3弾万劫6月1日

梅雨の中休み 快晴に恵まれ 雨の心配は ありません気温も23度

歩きだす前は西気盆地を 堪能して 尾根から村岡方面が見られた

氷ノ山やハチ北スキー場・小代スキー場扇ノ山 

Img_1784 Img_1788

ツルアジサイ・ナナカマド

Img_1791 Img_1795

ハクウンボク、ギンリョウソウ

Img_1580  Img_1796

ナツツバキの黄肌冷たい・恒例になった860m尾根でオカリナ演奏

Img_1812 Img_1790860

白菅山896m登り60分下り30分の山登りの頂上は村岡のみならず

大机山ゴルフ場や大岡山・豊岡盆地迄の眺望に 感動しました

豊岡市で一番高い山蘓武岳    ・白菅山896m

Img_1798 Img_1803

兵庫県で一番高い山氷ノ山 ・ 但馬大仏

Img_1799 Img_1808

 展望場所も用意されている ・ 若いブナ林

Img_1801 Img_1811

看板も整備されています    思ったより展望良いのに感激した

Img_1804 Img_1806

昼食後のオカリナ演奏 Ý様が腕を磨き 曲目も増え 楽しい一時です。 

 3日 白菅山から見えた神鍋ゴルフ場に行って 白菅山を確認しました手前に歩いた尾根や 

万劫の尾根が見えますがその奥に 展望用樹木切り取りが見えました 近くで直ぐ行動する

            Img_1836

            

キアシドクガ の 生態 観察 動画

ミズキの葉の上に咲く白い花が見られなくなりました その原因はキアシドクガの毛虫

が葉を食べ尽くしているようです   蛾になった成虫が乱舞します  名前は毒蛾になっていますが

人体に影響する毒はありません ある意味ミズキと共生しているようでもあります。

Img_1615  Img_1616

食べ尽くされたミズキの無残な姿 被害に会わなければ白い花です

Img_1812_20210601221001  Img_1452

乱舞の様子は 観察風景になります ミズキは復活して 葉が出てきているようです

                         (izumi)

 

 

 

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ