« 2021 西気花めぐり 万劫編 | トップページ | 西気尾根巡り第3弾万劫6月1日 »

2021年5月25日 (火)

2021 5月例会 大岡山周辺

6月後半の例会は大岡山山麓の頃垣をスタートし、河江まで1,2kmを観察しました。
不安定な天気が続いていますが、曇りときどき晴れ、夕方に雨が予報されています。

観察風景 & ウツギの花
P5250309_20210526061101 P5250308

チマキザサの花 時々見られますが 1年がかりで調査します
P5250322 P5250321

ヤブムラサキ & キブシ(実)
P5250313 P5250324

? 柔らかく毛が多く6月に咲くヤブムラサキで調査したところ

 松江植物図鑑で同じような写真見つけました26日

ノアザミ & ニガナ 
P5250319 P5250332

サルトリイバラ(実) ヘビイチゴ
P5250329 P5250327
サルトリイバラは、カシワ餅を作るとき代用されます。
カシワの葉がなかなか手に入らないのと、表がツルツルして餅がくっ付きにくい利点があります。ヘビイチゴと呼ぶのは、食べられるが美味しくないからだそうです。

ホウノキと花と蕾 & キササゲ(去年の実)
P5250333  P5250336

ヤマボウシ
P5250340 P5250348

ヤマツツジ & コツクバネウツギ
P5250337 Photo_20210526141001

ガンピ   和紙の材料になる  例会で初めて見る花です
2_20210526060701 1_20210526060701

エゴノキ & ノイバラ やはり白い花です
Img_1681 Img_1664

頃垣と河江を結ぶ道は比較的広く歩き易い道でしたが、あちこちで倒木が邪魔をしていました。
コロナ禍で外出がままならぬ中、広い森に入り青々とした木々や、この時期に咲く白い花々に出合うと、身も心も洗われるような気がします。

「網野のS」さんに、「透明になったサンカヨウ」に扇ノ山で出合った話をお聞きしました。
『丹後の野山をあるこう会」ブログ 「とっておきの一枚」← クリックしてご覧ください。

私も2015年にハチ北で「透明になったサンカヨウ」に出合いました。
白い花が露や霧の水分をしっとりと含んで、ガラス細工のように透けて見えます。
身近にツユクサでも見られます。
       
サンカヨウの白花 & 透明になった花(クリックで拡大してご覧ください)
Image Photo_20210526064901

次回6月前半の例会は、蘇武トンネルを越え香美町村岡区まで足を伸ばします。
木の殿堂からスタートして、兎和野高原の森に入り、雑木林や花木・蝶や野鳥も楽しめるでしょう。

                 ( izayamiki )


 

« 2021 西気花めぐり 万劫編 | トップページ | 西気尾根巡り第3弾万劫6月1日 »

例会活動」カテゴリの記事

コメント

例会ありがとうございました。「?」は「ヤブムラサキ」だと思います。
道中にありました。 「透明なサンカヨウ」の紹介ありがとうございます。

網野のSさん ありがとうございました。
ヤブムラサキに訂正しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021 西気花めぐり 万劫編 | トップページ | 西気尾根巡り第3弾万劫6月1日 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ