« 5月4日神鍋高原西側尾根巡り | トップページ | 2021 西気花めぐり 万劫編 »

2021年5月11日 (火)

2021 5月例会 竹野猫崎半島

5月例会は原生林が広がる「近畿自然歩道猫崎線」、続いて昼食も兼ねてお隣の弁天浜の観察です。
緊急事態宣言下で「外出自粛」が呼びかけられていますが、高齢者の特定メンバーで、でき得る限りの感染対策をして楽しみます。
趣味と健康と精神衛生など、生活の質を守る必要な活動です。

竹野浜から猫崎半島を、標高141m賀嶋山を越え、猫崎灯台まで1.2kmのコースです
対馬暖流や潮風の影響もあって、高原とは違う野草たちに出合えます。

タニウツギが満開 & 青と茶のムサシアブミ
Horizon_0001_burst20210511152020440_coveP5110019
P5110037   P5110050
アブミ(鐙)とは、馬具の一種で鞍の両側に下げて、乗るときや乗っているときに足を置きま。花の形がこの鐙に似ていることから付けられたものです。
サトイモ科テンナンショウ属で、ウラシマソウやマムシグサの仲間です。

クサイチゴ & キイチゴの花
P5110020 P5110023

賀嶋公園で海岸線を展望 & 花が終わったウラシマソウ 
P5110024   S__7856130
観光協会のパンフには、「春にウラシマソウ・トキワイカリソウ、夏はユウスゲ・カワラナデシコが、秋はツルニンジン・ツワブキが、冬はヤブツバキが紹介されています。

クシバタンポポ(在来種) & ノアザミ
P5110060 P5110063

ハマダイコン & ハマハタザオ
P5110089   P5110120

ハマエンドウ & ハマニガナ
P5110096 P5110135

ハマボウフウ & ハマヒルガオ
P5110152 P5110156

コマツヨイグサ & 岩場の「ど根性ハマダイコン」
P5110149   P5110158

コウボウムギ(雌花) & マンテマ
P5110136 P5110143

猫崎灯台
44747      44746

甌穴(ポットホール)
P5110100 P5110099

オカヒジキ & 鬼ハマダイコン(駆除対象外来植物)
P5110141_20210512060101Dsc_0006

ジシバリ & オニタビラコ
P5110122  P5110127

コウゾ &  キツネノボタン車降りてから頂上まで確認されました
P5110130 Photo_20210512085301


アマドコロ &  ハンショウズル蕾
S__7856134_0 S__7856137

堆積岩の勉強 & ランチ後のオカリナ演奏
P5110161 P5110132
覚悟していた午前の雨も、浜に着くなり柔らかい日差しに変わりました。
潮騒を聞きながら凪いだ海を眺めて、「浜辺の歌」「野に咲く花のように」のオカリナ演奏も風景に馴染みます。
山野草の観察だけでなく、山陰海岸ジオパークで、日本列島が大陸から分離した話やマグマの噴火・地殻変動・長年の堆積による岩石の話など勉強になりました。

日本海と松林と猫崎半島を望みながらのオカリナ演奏
 

      ( izayamiki )

« 5月4日神鍋高原西側尾根巡り | トップページ | 2021 西気花めぐり 万劫編 »

例会活動」カテゴリの記事

コメント

猫崎もいいところですね。近辺にいいところいっぱいですね oka

動画がいいですね。浜辺で潮騒をバックに、「浜辺の歌」、雰囲気がよく伝わります。

浜辺の観察初めての参加でした。珍しい草花いっぱい…。海辺に咲く草花の名前、
《はま≫がつくんですね。改めてビックリでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月4日神鍋高原西側尾根巡り | トップページ | 2021 西気花めぐり 万劫編 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ