« 餌場に来ない野鳥 近くでは餌を探して 楽しませてくれる | トップページ | 最後の雪で有りますように »

2021年2月16日 (火)

餌場にスズメがやって来ました

午前4時 20㌢の積雪で除雪車が来る。   6歳の孫が小鳥に夢中で 

 餌場に来た  スズメを 私より上手に操作しカメラに収めました。

Img_0392 Img_0385

やっと餌を食べる スズメの姿を動画で撮れました 楽しませてくれて有難う。

雪が消えた 場所では確実に 春の季節が 感じられます。

メタセコイヤ(スギ科)ですが秋に 落葉して 花は雌雄同株で

スギと同じ頃花が咲き葉が無いので目立ちます、1945年中国で

発見され 生きている化石植物といわれ、花は垂れ下がります。

Img_0409  Photo_20210212065001

アツミカンアオイ・フキノトウ

Img_0400 Img_0404

雪解後のヤブコウジ・ジャノヒゲ 実 共生する 小鳥が待っています

Img_0397 Img_0408

ネコヤナギ・ウメ

Img_0399  Img_0414

                     (izumi)

 

« 餌場に来ない野鳥 近くでは餌を探して 楽しませてくれる | トップページ | 最後の雪で有りますように »

風物・歳時記」カテゴリの記事

コメント

麓の伊佐屋家の庭では、ナンテン・センリョウ・マンリョウの赤色、リュウノヒゲの青色、センリョウ・ロウバイの黄色がすべてヒヨドリの餌となりました。数度の積雪のせいかと思われますが、珍しいことです。
畑のキャベツやハクサイも好物だそうで被害に遭っています。

雪深い神鍋は ある意味で 雪に守られていて 雪解けと同時に 動物により
種が 移動する仕組みが ありますが 今年の大雪で 2mぐらいのタラノキの芽が
ウサギに食べられていました 雪が無ければ 助かるのに 積雪のせいで被害に
会います、動物も生きるために 自然と戦っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 餌場に来ない野鳥 近くでは餌を探して 楽しませてくれる | トップページ | 最後の雪で有りますように »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ