« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月26日 (火)

今年はじめてのスキー奥神鍋です

2021年1月21日 イケメンデー 1日券2500円 快晴です

豊岡市内にもコロナ陽性者が正月明けから連日発生しています

コロナ感染影響か駐車場は100台程でした 当日の朝気温―6度

登行リフトです車から直ぐスキーを付けて20mが乗り場で人気です

Img_0189 Img_0194

大杉山1007m・万場スキー場頂上と 奥神スキー場917m頂上望む   

Img_02021007m Img_0203930m

 万場頂上から奥神分岐点下界見る 奥神スキー場頂上から下界一望

近くでは神鍋山スキー場 大机山 右から大岡山、矢次山、来日山

Img_0200 Img_0204

春の訪れカバノキ科 ハンノキ冬芽が見られ 山並みが賑やかになります

垂れ下がっている芽は雄花で雌花の芽は小さくて雄花柄の元にあります。

カバノキ科の仲間にシラカバ、クマシデ、ミズメ、ツノハシバミ有る

  Photo_20210123093901タラ、トチ、コシアブラ芽も見る

今年度初めてのスキーしながら動画編集に挑戦しました スポーツは動画ですね

                                                                                  (izumi)

 

2021年1月19日 (火)

大雪で窓際迄の積雪が動画編集のきっかけです

大雪で植物観察出来ません、しかし窓際まで積もった雪が

思わない楽しみに変わりました イタチ が警戒して顔出す

カメラでシャッターを押す写真で 動画間に合わない

Img_0181_20210116075601Img_0182_20210116075701

Img_0183_20210116075701Img_0184_20210116075801

 頭が黒く口元が白色耳小さい  セグロセキレイが雪解けで餌探す

Img_0184o_20210116075801 Img_0111_20210116075901

先週まで鈴なりのズクシがありましたが 15日全てのズクシ無くなる

ムク鳥の大群が来て食べる様子   ロウバイの花も咲き始める

Img_0172_20210116080501 Img_0179

落下したズクシは無駄になりません 鹿が来て食べ尽くした

Img_0173_20210116080701 Img_0174_20210116080701

獣害駆除で鹿、猪が年6千頭殺されているが活用もされず 一向に減らない

私達は早くから山野の植物が鹿により壊滅状態になっていることを訴え

捕獲した後の有効活用を言ってきたが  12月豊岡市議会では採算が合わない

ので運営出来ないとの事、  現場では熊や猪、狸、烏の餌になっている

状態です、温暖化が進行して来たことが直接的な原因です命を粗末にする

対策に今一度立ち止まり 災害を防ぐ 環境問題として捉えてほしいです 

 

いつでも撮れるようにカメラを常備して 窓越しのキジ2羽 動物の動画 編集 初めてです

                               (izumi)

2021年1月12日 (火)

但馬の代表的な登山家加藤文太郎の生地を尋ねました

雪の少ない海岸 浜坂に行って来ました 一度は行きたかった場所

加藤文太郎の歴史を知るためです 植村直己は日高に記念館あります

浜坂東側に城跡公園から歩いて1kのところに 記念碑が歩いて見られる

Img_0153 Img_0156

M38年浜坂生まれ 14歳で神戸造船所で働き山歩きの会に入って

19歳頃 休みには 数回 神戸から浜坂まで160キロ 一日で歩いて帰る

23歳で 乗り物は汽車移動、鉢伏山・氷ノ山の冬山単独登頂する

24歳2月真冬に金をかけずに 妙見山・蘓武岳を単独で走破した

記録が残されているが 30歳 2人組槍ヶ岳登頂で遭難して亡くなる。

 もちろん植村直己S16年生 も大きな影響を受け単独行動は必読書

として高く評価しているが43歳マッキンリ―登頂下山中に遭難する 

石碑散歩道で見られた 植物 文太郎も見ていたと思いながら歩く

Photo_20210110173002 Photo_20210110173501

左テイカカズラ実が弾けて綿毛種  ヤブツバキ

Photo_20210110173001 Photo_20210110173801

アオキの実 鹿の被害が見られる   ツワブキの綿毛の種

看板や歩道が整備     石碑場所から雪景色の浜坂町並みが一望

Img_0161  Photo_20210110173003

神鍋も大雪ですが コロナの影響か 人は少ないようです

柿の実が鈴なりになったままで大雪 神鍋GCも雪に埋まっています

Img_0171 Img_0168

                       (izumi)

 

2021年1月 5日 (火)

元旦風景と神鍋溶岩流 棚田小滝

2021年元旦 今年は組長が回ってきました 大雪の中神社で賀詞交換会

Img_0138 Img_0137

  神鍋山 日の出          大机山 ヤマナラシにヤドリギ宿る

Img_0139 Img_0142_20210104062801

 ナニワズの花盛り       雪ウサギ

Img_0093   Photo_20210103144501

  名色備前山~   金山  大杉山  奥神鍋スキー場

Img_0148_20210104134601Img_0149_20210104071801

神鍋山の地下水が 下流に湧き出す 年中12度が 植物を育てる

ツルニチニチソウ‣オモト実

Img_0120 Img_0121

カラー・ツルウメモドキ

Img_0119 Img_0131

ビナンカズラ実・カラスウリ実

Photo_20210104133901 Photo_20210104133902

                           (izumi)

 

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ