« 日高スポーツ21 西気ラージ卓球 結成6年目の紹介 と 今見られる花/三川の紅葉 | トップページ | 神鍋山の新しいマウンテンバイク上級者コースと神鍋高原の尾根姿 »

2020年11月10日 (火)

2020 11月例会&納会

秋が深まるにつれ、山上から山麓へそして里へと紅葉が下ってきます。
山の季語で秋を「山粧(よそお)う」といいますが、「錦秋」とともにぴったりの表現です。
因みに、「山眠る」は冬、「山笑う」は春、「山滴(したた)る」は夏をいいます。

粧いが目立つ神鍋高原で11月例会と納会が開催されました。
雨も心配される冬型のお天気のもかかわらず、観察に15人、納会には21人が参加しました。

イチョウ並木の紅葉
Pb100239   

噴火口 & 火口周囲から神鍋高原の粧いを眺める
Pb100319 Pb100023

キチジョウソウ & ヨウシュヤマゴボウの実
Pb100349  Pb100355

サルトリイバラ実とセンボンヤリ穂 & ガマズミの実
Pb100242 Pb100287

サンキライ実 & ツルリンドウ実  
1605048489746   1604977628763

アオツヅラフジ実 & コウヤボウキ 
Pb100285_20201111093401  Pb100310

ツタウルシ & カエデの紅葉
Pb100257  Pb100273

観察後の納会(道の駅かんなべ高原)
Pb100361 Pb100379

お弁当 & 食事後の意見交換
Pb100369 Pb100375

2020年の活動と観察記録
Pb100371_20201112083401 新型コロナ感染防止対策で、4月・5月は例会を中止せざるを得なくなりました。
その後も車の乗り合わせを避けるため現地集合現地解散が出来る場所に変更し、マスク着用、人との間隔を空けたり工夫しながらの活動でした。

活動を開始して10年、メンバーも入れ替わり、会のスタイルも変化してきました。
ただ、活動の基本「神鍋の自然の恵みを愛おしみ、自然環境を保護することを肝に銘じ活動します」は変わりません。

雪解け後のゴミ拾いや特定外来生物オオキンケイギクの駆除など環境を守る活動、盗掘防止看板の設置やミカエリソウやナツエビネなど希少種をシカや人間から守る活動を行ないました。

一方で、亡くなったOさんに管理していただいた3ヶ所の「コロニー」整備、地元地域との交流を通じて地域活性化に資するなど、課題にも取り組むことを確認しました。

会としての活動は終えましたが、発信人の一人izumiさんが動画入りの記事づくりに嵌まっていて、神鍋の自然を中心に投稿されます。

これからも「神鍋山野草を愛でる会のブログ」へのお越しをお待ちしています。

                                    ( izayamiki )

 

 

 

 

    

 




« 日高スポーツ21 西気ラージ卓球 結成6年目の紹介 と 今見られる花/三川の紅葉 | トップページ | 神鍋山の新しいマウンテンバイク上級者コースと神鍋高原の尾根姿 »

例会活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日高スポーツ21 西気ラージ卓球 結成6年目の紹介 と 今見られる花/三川の紅葉 | トップページ | 神鍋山の新しいマウンテンバイク上級者コースと神鍋高原の尾根姿 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ