« 渓谷沿いの小城道をたどる | トップページ | 竹野町三椒めぐり »

2020年5月19日 (火)

小城越古道続報 万劫、稲葉の村岡境界尾根新緑

渓谷の美しさは前回 楽しみましたが 頂上の尾根は高さ831m

を頂点に三川山迄733m峠から799m、683mのピークを通過する

今回は831mの三角点がある周辺の風景を紹介します

 何故か頂点には 緑が無い 伐採と 鹿の影響です30m四方

Img_6647-831m  Img_6648

その周辺は 風雪に耐えた 見応えのある樹木に感動する

Img_6650  Img_6649

 ブナの巨木と新緑も美しい

Img_6645  Img_6646

 途中ホンカイミツバツツジ 花弁の中央の赤い模様が見られる

Img_6640  Img_6641

 鹿の被害に遭わない不思議 ウリハダカエデの群生にも出合う

 下草が無い状態から 一変 緑のじゅうたんで 気持ちいい

         Img_6654

小学2年生の孫が コロナ感染で休校 時間をもて遊んでいる

自然豊かな神鍋高原を満喫し 縄文時代の史跡を見学して

石斧作り かやぶき小屋作り 体験をしたいと言い出し 行動した

 近代の道具や材料は使わず ツルと枯れたススキを集めて 2日

かけて 歓声を上げた  さらにアリジコクを沢山見つけ 1匹だけ飼育

する   1ヶ月前からアマガエルを飼育していたが自然に戻した

Img_6636  Img_6635

   アリジコク      中にいたウスバカゲロウの幼虫

植物図鑑や昆虫図鑑も開くようになったし パソコンも少し慣れてきた

  親も祖母も 完成品を見て共に 楽しんだ 今年は雪が無くススキ

が倒れず 立ち枯れしていたので 収穫しやすく 軽いので作業は早い

      Img_6764 早く学校を開校してほしい

近くで見られる花

 イブキジャコウソウ            ヒキノカサ

 Img_6687  Img_6723

ヒメフウロ             セイヨウジュウニヒトエ

 Img_6734  Img_6771

 オオモミジ             ウリカエデ 実が水平に開くのが特徴

 Img_6769  Img_6775

  ミヤコワスレ  田植えの準備 前会長T様が運転 神鍋山の影映る 

 Photo_20200517091501  Img_6808

  コケイランの群生(ササエビネ)

 Img_6799  Img_6798

 キバネツノトンボ 兵庫県では絶滅危惧種Aランクだそうです 体長25㎜ 

 孫のおかげで 初めて見る事が出来ました          

Photo_20200517091502  Img_6776

                                        (izumi)

 

 

« 渓谷沿いの小城道をたどる | トップページ | 竹野町三椒めぐり »

風物・歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 渓谷沿いの小城道をたどる | トップページ | 竹野町三椒めぐり »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

但馬情報特急

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ