« 清滝地区 山宮古城を巡る 7つの古城で最後 | トップページ | 渓谷沿いの小城道をたどる »

2020年5月 5日 (火)

三原と神鍋境界尾根から見る新緑の写真

奈良時代から気多郡として1300年交流のある三原地区 古道も2本有る 

三川山系をまじかに見る光景は ここしか有りません 三原集落も見れます

                       神鍋山から 大杉山1007m新緑

Img_6593_20200505015601  Photo_20200505015601

ここからの展望で 日本海も見られました 今が一番春の景色

今回は群生で 咲く花を紹介しましょう 前回ヒメスイバ載せましたが

神鍋山は年1回草刈が行われ 爆発的に 群生します 上手く表現

出来るか 散歩する事にしました。

ヤエザクラ・ナワシログミが熟しました食べてみましたが渋みが強い

Photo_20200505020601  Photo_20200505020602

レンゲツツジ・フジ棚では有りません

Photo_20200505020801  Photo_20200505020701

 ウマノアシガタ・ムラサキサギゴケ

Photo_20200505020901  Photo_20200505020902

 カキドウシ・キランソウ

Photo_20200505021101  Photo_20200505021102

コメツブツメクサ・シャガ

Photo_20200505021201  Photo_20200505021202

 スズメノヤリ・タチツボスミレ

Photo_20200505021401  Photo_20200505021501

 セイヨウタンポポ・ツボスミレ

Photo_20200505021601  Photo_20200505021602

ハルガヤ・ハルザキヤマガラシ

Photo_20200505021701  Photo_20200505021801

ヒメオドリコソウ・ムラサキケマン

Photo_20200505021901  Photo_20200505022001

群生の美しさを表現するのは 難しい 圧倒的な数で楽しませてくれる

                                        (izumi)

 

 

 

« 清滝地区 山宮古城を巡る 7つの古城で最後 | トップページ | 渓谷沿いの小城道をたどる »

神鍋山野草だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 清滝地区 山宮古城を巡る 7つの古城で最後 | トップページ | 渓谷沿いの小城道をたどる »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

但馬情報特急

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ