« 神鍋溶岩流の花たち Ⅱ | トップページ | 三原と神鍋境界尾根から見る新緑の写真 »

2020年5月 1日 (金)

清滝地区 山宮古城を巡る 7つの古城で最後

Photo_20200429140701  Photo_20200429140702

最後だと思っていた 城跡はM様から借りた、豊岡市の城郭

集成の本で 西気、清滝で7つの城が有ることが解り巡る

初めての縄張り図をコピーして登ると 今までと2つほど

大きな特徴が有り 正面は堀の役割をする大岡川に囲まれ

登りは蛇紋岩等岩場が多く 小さな2つの尾根を利用して

カーブしている点です。

縄張り図を見るとさらに興味が湧いて来るそこで立ち止まる

 城とは 土の成と書き土塁を築く土木作業 基本縄張りでは曲線や堀

など城の根幹をなす配置を決め3次元の世界を 2次元で表す図面です 

斜面ケバ や斜面の頂部、溝に当たる場所 カーブしたケバ等が図式化

されている 登りは蛇紋岩等で覆われ 登りにくいが 攻めにくい

上部は大岡山の裾野にあたり 大きな掘りも見られた

 左登り口は大岡川の小さなダムもあり 急騰すると尾根らしくなる

Photo_20200429142301  Photo_20200429142302  

平らな部分     いわゆるケバといわれる 急斜面 城跡らしい

Photo_20200429142601  Photo_20200429142602

 大きな 深い 堀が見える中心部   頂点のカーブ地点

 Photo_20200429142801 Photo_20200429142901  

           展望は 清滝トンネル方面

        Photo_20200429142902

春も後半 新緑の季節 花も渓谷歩きも 楽しいシーズンです

ヒメオドリコソウ,オオイヌノフグリ,スミレ等が 群生している

ヒメスイバ 大群生 で思わず座り込む  カラー

Img_6504  Photo_20200429153601

 ハルザキヤマガラシ群生する  ホトケノザ 今の季節が美しい

Photo_20200429153701  Photo_20200429153702

 ヤマナシ             モモ

Photo_20200429153703  Photo_20200429153801

 ミツバアケビの上雌花下雄花    シロヤマフジ一足先に咲きます

Photo_20200429153802   Photo_20200430134501

                           (izumi)

 

« 神鍋溶岩流の花たち Ⅱ | トップページ | 三原と神鍋境界尾根から見る新緑の写真 »

風物・歳時記」カテゴリの記事

コメント

またまた、すごいですね。山の宮城跡。場所と登山ルートをまた教えて下さい。okm

コメントありがとうございます 西気、清滝地区で7箇所ありますが 縄張り図を
見ると さらに興味が湧きます、古道と小城は 奈良時代からの地域交流の
証です これの縄文文化や古墳時代の遺跡を合わせて 楽しめる神鍋高原
の魅力を 発信したいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神鍋溶岩流の花たち Ⅱ | トップページ | 三原と神鍋境界尾根から見る新緑の写真 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

但馬情報特急

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ