« 10月第1週 ゲンノショウコの蕾~種まで観察記録 | トップページ | 10月第3週 神鍋高原の花 »

2019年10月 9日 (水)

2019 10月例会 ブリ火山

神鍋高原で見つかっている6つの火山は、・・・約70万年前の西気火山の活動に始まり、以後大机(おつくえ)火山、ブリ火山、太田火山、清滝(きよたき)火山へと続き、最も新しい神鍋火山の噴火まで断続的だったことがわかっています。玄武岩の溶岩は流れやすいため、稲葉(いなんば)川に沿って円山川まで溶岩流となって流れ下りました。(日高神鍋観光協会 神鍋の歴史から)

神鍋山が一番新しくて約25,000年前、ブリ火山は3番目に古く17万年前から18万年前に誕生したと言われます。
神鍋高原道に繋がる道で、大岡山の横に位置しアンテナが立つ山がブリ山で、名の由来は不明です。
10月例会は初めてこのブリ火山周辺を観察しました。

ヤブミョウガ実 と サラシナショウマ蕾
Pa080026 Pa080030

ホソバウンラン と ツルドクダミ  
Pa080022 Photo_20191009211301

チャの木 と シオン
Pa080033 Pa080024

シラヤマギク と ノコンギク
Pa080034 Pa080036   

ツリフネソウ と チジミザサ
Pa080027 Pa080029

ホウズキ
Pa080040  Pa080041

ミゾソバ と クサギ萼
Pa080049 Pa080044

ソバ と シャクチリソバ
Pa080047 Pa080091

イヌホウズキ実と花
Pa080058 Pa080061

ムカゴ と ヤクシソウ   
Pa080064 Pa080073

ゴンズイ と オオバショウマ
Pa080076 Pa080057_20191011090301    

カニクサ と フユノハナワラビ 
Pa080079  Pa080077

イタドリ
Pa080083Pa080080

     






ブリ山の麓の太田川をさかのぼり、人里と隣接した周辺の観察です。
各所に獣被害を防止する鉄柵が張り巡らされ、人と生きものが共生していた頃の里山とは違う風景です。
草や獣と闘いながら続けている畑の中に、長年手が入っていない耕作放棄の畑も点在しています。
「今年は柿がなっていないなぁ」が参加者の感想でした。

次回は10月22日(火)、林道を使い三川山(888m)の山頂周辺を観察します。
三川山は但馬でもっとも遅く雪が残っている山で、「神鍋山野草を愛でる会」では初めての観察です。
蘇武神鍋とは違った新しい出会いがあるかも知れません。

                       ( izayamiki )


 

 

 

« 10月第1週 ゲンノショウコの蕾~種まで観察記録 | トップページ | 10月第3週 神鍋高原の花 »

例会活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10月第1週 ゲンノショウコの蕾~種まで観察記録 | トップページ | 10月第3週 神鍋高原の花 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

但馬情報特急

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ