« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月25日 (火)

2019 6月例会 万場周辺

7月例会を前倒して25日に万場周辺を観察しました。
万場ゲレンデ上の蘇武岳・大杉山登山道から前回めぐった蘇武岳の中腹まで登ります。
お天気は上々で関西の梅雨入りは27日頃とのことで、記録的に遅いそうです。

登山道入り口とキツネノボタン
P6250001 P6250004

マタタビ
P6250009 P6250014

ミゾホウズキとタチカタバミ
P6250024 P6250034

ツリバナ(実)とフサザクラ
P6250019 P6250030  

エンレイソウ(実)とフタリシズカ         
P6250042 P6250043

サルナシ(実)とキランソウ
P6250038 P6250045

オオバアサガラとエビネ
P6250072 P6250056

夫婦カツラの大木とと雌株の実
P6250058 P6250066 

夫婦カツラは巨樹の谷の入り口に仲良く連れ添っている大木です。
但馬各地の森に数百年から二千年近いカツラの大木がありますが、雌雄どちらも揃っているのは珍しいとのことでした。
水が流れる場所を好み、和地の大カツラ、兎和野の大カツラ・別宮の大カツラなど、まるで根元から水が湧きでているようです。
花は4月始めに咲きます。

万場の夫婦カツラの花については → 「夫婦カツラの花が咲きました」をご覧ください。

キジムシロとルイヨウボタン(実)
P6250087 Photo_20190626072007

イワギリソウとギンバイソウ
Photo_20190626072003  Photo_20190626072001

サワギクとミヤマキケマン
Photo_20190626072002 Photo_20190626072005

ミズタビラコとヤマシャクヤク(実)
Photo_20190626072401 Photo_20190626072006

ヤマアジサイ
Photo_20190626072004 P6250031

キブシ(実)とノリウツギ
P6250069 P6250027_20190626070201

ササユリとマルバイチヤクソウ
1561765252927 1561765261663  
春に咲き蝶や蜂を誘ったものが今度は実をつけていて、これから赤や紫に熟して鳥や虫たちを誘うことでしょう。

七月の観察はお休みして、次回は8月27日(火)の予定です。

                                           ( izayamiki )

 

 

2019年6月18日 (火)

2019 6月例会 蘇武岳周辺

通常例会は第2・第4の火曜日の月2回、6月は梅雨時期の7月を前倒しして3回予定されます。
900mから1,000m近い蘇武岳周辺の観察に弁当持参で14人が集まりました。

1週間前の前の下見写真も合せてアップしています。

イワガラミとツルアジサイ どちらもツルで遠目では間違えます
Photo_43 Photo_45

ウツギとタニウツギ 高い山では残っています
Photo_44 Photo_50

イボタノキとカラスシキミ(下見の花は終っていました) 
Photo_47 Photo_49

ニセアカシアとサワフタギ
Photo_57 Photo_53

サルナシとマタタビ(キュウイと同じ仲間で実は食べられます)雌雄別株
Photo_52 Photo_58

ギンリョウソウとショウキラン(どちらも腐生植物)
Photo_55 Photo_51

カキツバタ群生地
Photo_46 A

コナスビとツチアケビ(下見のときは有りましたが18日は鹿被害に遭いました)
Photo_56 Photo_54

蘇武岳山頂と日高町側ブナ林
P6180065 P6180075

バイケイソウとフタリシズカ
Photo_63 Photo_59

ネジキとハクウンボク
1 Photo_61

ヤマアジサイとヤマボウシ
Photo_72 Photo_69

ヤブデマリとミズタビラコ
Photo_66 Photo_65

マムシグサ(雄花)とホナガクマヤナギ
Photo_70 Photo_71

ミヤマハハソ(蕾)とヤマブドウ
Photo_64 Photo_68

ヤマツツジ
Photo_67 P6180066
次回は6月25日(火)神鍋の万場周辺を観察します。

                                         ( izayamiki )

2019年6月11日 (火)

2019 6月例会 神鍋山周辺の観察と駆除

各地で梅雨に入り、ぐずついた天気が続いている近畿地方もまもなくと思われます。
6月例会は神鍋山周辺を観察し、特定外来植物のオオキンケイギクの駆除作業を行いました。

ヒメジョン                  ノアザミ
P6110014  P6110016

ウツボグサ                 カワラナデシコ
P6110059 P6110020

ウツギ                   ヤマツツジ
P6110043 P6110051

ナルコユリ                 ヤマニガナ
P6110057 P6110049

サルトリイバラ(実)            シバグリ(雄花と雌花)
P6110027 P6110036

観察風景                  ウメモドキ
P6110072 P6110076

ノイバラ                   ヤマイチゴ
P6110080 P6110066

ヤマナシ(実)               ハンショウズル(花後)
P6110084 P6110091

ヤマボウシ                 スズサイコ
P6110088 P6110069

イワガラミ                  ミヤコグサ
P6110061 P6110096

                ウメガサソウ
P6110103 P6110107_1

カノコソウ(ハルオミナエシ)      ツレサギソウ
Photo_40 Photo_39

ヤブレガサ(蕾)              クララ
Photo_42 Photo_38

ヒゴスミレ(閉鎖花)           ヒゴスミレ (葉)
Photo_41 Photo_37

イチヤクソウ(蕾)             オオキンケイギクの駆除
P6110098_1 P6110116_1
いつの頃からか「オオハンゴンソウ」とともに神鍋山で目立つようになり、毎年のように「愛でる会」メンバーを中心に駆除を続けています。
予報通りお昼前になると雨が降り出して、参加者19人でオオキンケイギクの駆除をおこないました。

次回は6月18日(火)に蘇武岳を観察します。

                                   ( izayamiki )


2019年6月 4日 (火)

6月第1週神鍋高原の花だより

6月 今年は晴れの日が多いと予報が出ました 楽しみです

お腹一杯のモリアオガエル  エゴノキの散り花

Photo_32  Photo_31

ヒメヘビイチゴ(絶滅危惧種)  ナツトウダイ

小さな6㎜の花は目だたない  葉の出方が独特です

Img_3470  Img_3471

林間にひっそり咲く

トチバニンジン         ツクバネソウ

Img_3506  Photo_33

ササユリ            センダン

Img_3498_1  Img_3489

ミヤマヨメナ   この種からミヤコワスレが改良された

Img_3496  Img_3497

ガクウツキ           シライトソウ 少なくなりました

Img_3408  Img_3463

タガラシ           キツリフネ蕾 11日咲きそうです

Img_3491  Img_3513

オオキンケイギク咲きだしました11日根から抜取たいです

午後希望者があれば ツリフネ等 観察したいと思います (izumi)

 

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

但馬情報特急

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ