« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月30日 (火)

4月第5週 神鍋高原の花

平成最後の日だと 騒いで 初めての10連休 昨日は溶岩

流祭り最近天候が振るわないが花は関係なく 咲き始める 

集団で目立つや独特の形して 昆虫を選ぶ花など 

個性がある 人間は植物のおかげで 生きていける事を

 学ぶ時間があってもよい

ヤマブキ     昆虫が蜜を吸い受粉を助けている

Img_3281_1  Img_3282

キケマン  花の跡直ぐ種を付ける

Img_3286  Img_3288

ラショウモンカズラ  花の形が不思議です

Img_3293  Img_3295

オドリコソウ    踊り子の形に見えるようでもある

Img_3296  Img_3299

朝の9時ごろ 朝日が照る時間が良いのですが残念

Img_3302  Img_3303_1

花弁の特徴や動物とのかかわりを収めたいが難しい

イチリンソウ 大型で目立つ   来週に報告出来る花

Img_3278  Img_3307_1

                           (izumi)

2019年4月23日 (火)

2019 4月例会 神鍋山

7日 3年振りに火口の山焼きが行われ すがすがしい

春の花を愛でながら ゴミひらいも 例年どうり行いました

先ず驚いたことに 日本タンポポの群生地に出合えたこと

草刈が豆に行われ セイヨウタンポポの開花前に咲いたこと

が原因か クシバタンポポの昔の姿が浮かびます

Img_3276   P4232407b_3

タムシバ             ウマノアシガタ

Img_3234_1  P4232406a_1

シャガ              レンゲツツジ

P4232409d_1   Img_3277_1

アオキ雌株の花        アケビ

P4232410e_1   P4232412f_1

ムラサキケマン        長い期間シュンラン見られる

P4232440q_1   P4232447s_1

ヤマナシが満開です      ナガバモミジイチゴ

P4232518   P4232524

定例会で初めての       図鑑を開きながら現場で

センボンヤリの春の花    同定 フデリンドウ

Photo_1   Photo_2

この写真は会員の班長MさんSさんの写真から編集しました この他

ハナイカダ、ハルザキヤマガラシ ニワトコ タチツボスミレ ツボスミレ

キジムシロ ミツバツチグリ クサイチゴ 等々

 5月は14日竹野川流域 28日神鍋高原を四角班の計画で開催します

アズキナシや なんじゃもんじゃの開花状況も お知らせします (izumi)

 

 

2019年4月16日 (火)

4月第3週 ハウチワカエデ イワナシ クシバタンポポ

7日の火口山焼き時系列風景 毎年繰り返し地元の人たちで伝統を守ってきましたが

天候不良で2年間山焼きが出来ませんでした、山焼きの効果は高木が育たず、

病害虫から守り ススキを中心とする生態系を守る役割を担っています

外来種の侵入も防止でき 生物の保護育成にも大きく貢献しています

Img_3241_1  Img_3239

Img_3244  Img_3245

Img_3248  Img_3242  

15日の朝 火口            

             Img_3267 

スイセンの開花状況            クシバタンポポ咲く

 Img_3269  Img_3268  

イワナシ

 Img_3270  Img_3272

ハウチワカエデ

 Img_3256  Img_3257

                                      (izumi)

   

2019年4月 9日 (火)

2019 4月例会 大岡山

麓の桜は散り始めましたがさすが神鍋高原、標高が高い清滝の大桜や高原周辺では満開です。
4月例会は大岡山で、昨年9月例会とはちがって春の野草たちに出会うことを楽しみに17人が参加しました。
少し風は冷たいものの空は晴れ、空気も澄んで遠くまで見渡せます。

日本海竹野方向               ゴルフコース越しに氷ノ山      
P4090208 P4090206

観察風景                  キンキマメザクラ
P4090229 P4090214

                キブシ
P4090228 P4090217

ショウジョウバカマ             クロモジ
P4090222 P4090289

ダンコウバイ                カンスゲ
P4090223 P4090231
 
ハシリドコロ                ハシリドコロ(黄)
P4090252 P4090263 

ヤマシャクヤク(蕾)            お宝発見!
P4090268 P4090257
根茎に毒を持ちシカが食べないハシリドコロが多く咲くところに、ヤマシャクヤクが残っています。
ハシリドコロが、今や貴重となったヤマシャクヤクを守っているようでした。

サンインネコノメソウ            エンレイソウ
P4090283 P4090281

葉ワサビ                  ヤマエンゴサク
P4090287 P4090274

ヤマルリソウ                ニシキゴロモ
P4090320 P4090309

ナニワズ                  キクザキイチゲ
P4090312 P4090272

タムシバ                  コブシ
P4090302 P4090326_1

ミカエリソウの柵を修繕          旧大岡寺からの眺望を楽しむ
P4090314 P4090322


マムシグサ                オオカメノキ(ムシカリ)
P4090242 P4090297

道中の話題はフキノトウの雌雄の区別・繁殖の仕組み、ダンコウバイとアブラチャン、タムシバとコブシ、ニシキゴロモとキランソウの違いなど、話題に富んだ観察でした。
以前は群生していたミカエリソウもシカに食べられ、僅かに鉄柵に守られているものだけとなり、針金でしっかり補強してきました。

スマホに入れた登山用地図アプリ「YMAP」の記録によると、活動距離4.3km、時間は3時間17分(昼食を除く)でした。
高低差が163mだったこともあって、膝にハンディがある私もなんとかついていくことができました。

               満開の清滝小学校の桜
P4090337 P4090342
P4090345 P4090346

次回は23日(火)神鍋周辺のゴミ拾いをしながら観察します。

                       ( izayamiki )

 

   

2019年4月 2日 (火)

4月第1週の花 アマナ ニリンソウ ワサビ

31日火口の山焼きは悪天候の為中止となり4月7日〈日)12j時00分になりました

30日から2日まで雪模様の天候で次回の例会の下見も6日に変更

この時期の花は日が照れば開き 夜や日陰になるとしぼむ特性があります

 1日の朝                 2日の朝

Img_3227 Img_3231

アマナ  葉を見つける事はよくありますが 花に出合う事は至難の業

Img_3211 Photo

ニリンソウ 今の時期は一輪は蕾のままがほとんどです

Img_3223 Img_3225

ワサビ 昔をしのび写真を撮って愛でるだけの花になりました

Img_3222 Img_3221  

                 ブログ作りにこれだけで3時間経過(izumi)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ