« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月25日 (火)

2018 9月例会 神鍋山

9月後半の例会は、神鍋山の麓を回りながらの観察です。

彼岸を過ぎても天候は安定せずに、日替わりで予報も変わります。
今日は午前は曇り、午後から少しずつ回復するとの予報です。
ところが出がけにざっと降り出して、道の駅で待機し合羽や傘の準備を終え、小降りになった頃観察スタートです。
 
ルーペ的観察                   イヌタデ
P9250641 P9250574
 
キンミズヒキ                    ミズヒキ
P9250570 P9250670
 
ヤマハッカ                     コシオガマ
P9250576 P9250583
 
キンエノコロ                    ホソバウンラン
P9250586    P9250596
 
ヒヨドリバナ                     フジバカマ 
P9250589 P9250598
 
                     ツリガネニンジン
P9250601    P9250594
 
 ツルボ                         トウバナ
P9250603    P9250606
 
キキョウ(雄花開花)              キキョウ(雌花開花) 
P9250617 P9250634
 
ワレモコウ                    ナンバンギセル
P9250614 P9250624
 
アレチマツヨイグサ                ネコハギ
P9250627 P9250610
 
 メドハギ                      シロバナハギ
P9250629 P9250631
 
                     ツユクサ 
P9250638 P9250636_2
 
 カワラケツメイ                  ミゾソバ
P9250651 P9250658
 
ツリフネソウ                       クサボタン 
P9250668    P9250683
 
アケビ(実)                     クロバナヒキオコシ
P9250677 P9250687
 
ツルニンジン(蕾)                ヤブツルアズキ
P9250696 P9250708
 
オミナエシ                       オトコエシ
P9250709    P9250655
 
オトギリソウ                    オヤマボクチ(蕾)  
P9250704 P9250705
普段は神鍋山の遊歩道を上ったり下ったり、噴火口やゲレンデも含む観察ですが、この日は雨模様でもあり、麓の観察になりました。
 
昼に女性会員Tさんの作った アサクラザンショの味噌たれでおにぎりを美味しく頂きましたました
 
例年の観察と較べて秋の訪れが遅れているように感じられます。
中秋の名月は昨晩、今宵が満月に近いとのこと、お月見に欠かせないススキも色づいていました。
                               ( izayamiki )
 
 
 
 

2018年9月18日 (火)

9月 第3週 イボクサ サワヒヨドリ キクイモ 

  小雨の多い日が続きますが 稲刈りが始まりました 

                Img_2479_3

ナンバンギセル     イボクサ (ツユクサ科)

今年は咲く時期が遅い      一日でしぼむ

Img_2478  Photo

サワヒヨドリ キク科 葉は対生で6枚針形もあります

Img_2459  Img_2476

キクイモ  キク科 

 アメリカ原産で戦時中に栽培されていたが野生化している

Img_2468  Img_2470
                                                         (izumi)

2018年9月12日 (水)

2018 9月例会 大岡山

秋雨前線の影響で6日から10日にかけてよく降りました。

災害に繋がらなかったのは、時間をかけてたくさん降ったからで、地域の持つ保水力・排水力の範囲だったからでしょう。
 
そんな長雨も一休み、11日(火)の例会は曇りの予報が続きます。
早朝の雨も影響して「道の駅神鍋高原」に集まったのは10人でした。
 
大岡山の観察は毎年行なっていますが、早秋のこの時期は初めて、花は少なくなったものの夏の名残と秋の兆しの両方が楽しめそうです。
ルートは山頂付近からスタートし、林道や大岡寺への旧参道を経て、旧大岡寺跡まで中腹のぐるりを散策します。
 
                     ゲンノショウコ
P9020393 P9020390
 
                     ヤマジノホトトギス
P9020397 P9110529
 
ヤマボウシ (実)                クリ
P9020401 P9020404
 
イワカガミ(花跡)                ヤマアジサイ
P9020403 P9110490  
 
コマユミ(実)                    ミヤマハハソ(実)              
P9020406 P9020402_2
 
ヒヨドリバナ                   ハナイカダ(実)
P9020432 P9020420
 
ツルリンドウ                   アカメガシワ(実)
P9110458 P9020421
 
ダンドボロギク                                       ミズタビラコ
P9020424 P9020430
 
クサギ(実)                    ノリウツギ
P9020437 P9020442
 
マツカゼソウ                   ウリハダカエデ(実) 
P9020444 P9110548
 
アケボノソウ(蕾)                シュロソウ(実と花)
P9020452 P9110460
 
沢ガニ                       オヤマボクチ
P9110484 P9110495
 
                      コシアブラ
P9020411_2 P9110483_2
 
クマシデ (実)                  キブシ(実)
P9110468 P9110497
 
崖崩れを越える                  イタドリ
P9110502 P9110509
例によって気になるのはシカによる食害で、食べられた竹笹が枯れ、下草が無くなり、道があちこちで崩れています。
阿瀬渓谷同様にシカが嫌うダンドボロギク・マツカゼソウ・シダ類が、他を押しのけて群生しています。
 
大岡山は森が豊かで、いろいろな樹木が観察でき、低山ながらブナも生育する貴重な場所ですが、昭和57年の大岡寺の移転とともに数本あった参道も荒れています。
崩れは大岡山の地層も原因しているのでしょうが、荒廃が進み人が入らなくなり、さらに荒れるのが案じられます。
 
ツリフネソウ                    モミジガサ
P9110511 P9110523
 
クジャクシダ                ノグルミ(実)
P9110525  P9110532
 
アオハダ                      ヌルデ(実)
P9020455 P9110540_2
 
クズ                         タラノキ
P9110538 P9110535_2
 
ツノハシバミ(実)                    ミカエリソウ(蕾)
P9110543    P9110556_2
 
ミツバアケビ(実)                 サワオトギリ
P9110558 P9110563
 
                    ナガハノコウヤボウキ
P9110569 P9110567
ウツギの残り花やハナイカダの残り実に夏の名残が感じられる一方、春や夏の花が実をつけ、さらに成熟に進む秋も感じます
期待していたアケボノソウ・ミカエリソウは来週には開花するでしょう。
 
山頂近くはガスが出たり、短時間ですが霧雨が降ったり、崖崩れを乗り越えたりしたものの、下見で倒木など処理がなされ安心して観察できました。
 
次回は25日(火)、神鍋山周辺を観察します。
                                     ( izayamiki )
 

2018年9月 4日 (火)

9月第1週  ワレモコウ コシアブラ ミツバフウロ

9月になって 夜の気温が20℃を下がりましたが 台風の襲来

                Img_2415

 阿瀬渓谷 の渓流は 見どころ一杯 思わず足を浸けたくなる

 ワレモコウ バラ科 草原に先端から花序が咲きだしました

          Photo

 コシアブラ ウコギ科 タラノキと同じく 早春の山菜として珍重

される 高木で 紅葉すると淡いレモンイエローとして良く目立つ

 Img_2436 Img_2437

 ミツバフウロ  フウロソウ科  

 Img_2443 Img_2446


 ミゾカクシ   キキョウ科 5弁の半円は珍しい

 花冠の裂片は横に2個 下向きに3個と片寄って付く

 Img_2453 Img_2454

                           (izumi)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

但馬情報特急

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ