« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月28日 (火)

2018 8月例会 阿瀬渓谷

7月・8月の例会は1度だけと決めていて、7月10日以来の観察で、阿瀬渓谷に集まりました。

阿瀬渓谷は南但(妙見山)と地続きとなることで、いち早くシカが進出し、さらに蘇武・神鍋へと広がりました。
特徴は林間にササなどの下草がほとんどなく、獣道や食害跡が目立ちます。
このため阿瀬渓谷への進入路や遊歩道のあちこちで、崩れが発生しています。
 
笹など下層の植物や山野草に被害が広がる一方、鹿が食べない植物だけが残り、生物多様性が損なわれてしまいます。
この日の観察でもダンドボロギク、ベニバナボロギク、タケニグサ、マツカゼソウ、シダ類など嫌鹿植物が幅をきかせていました。
 
阿瀬渓谷入り口                 遊歩道へ
P8280389 P8280405
 
ダンドボロギク                  ベニバナボロギク
P8280393 P8280390
 
クサギ                       ネムの実
P8280401 P8280404
 
ハグロソウ                    渓谷歩き                  
P8280414 P8280426
 
イワタバコ                     花も苔も水分不足で萎れる
P8280431 P8280425
 
ミズタビラコ                   オトギリソウ
P8280419_2 P8280437
 
ニガナ                       ヒメキンミズヒキ
P8280443 P8280459
 
源太夫の滝                     渓谷美 
P8280440_2   P8280457
 
阿瀬渓谷案内板               オオイワカガミ葉
P8280448 P8280450
 
  ヤマゴボウの実             ズミの実
P8280447    P8280452
 
ヘビイチゴ                     ガガイモ 
P8280466_2 P8280467
異常な暑さと水不足の夏ですが、懐が深い渓谷の植物への影響は少なからずあります。
また、シカ被害の一方で集中豪雨による渓谷への被害も一部懸念されます。
秋には恒例の「阿瀬もみじまつり」が開催されますが、暑さと水不足が紅葉にどう影響するのか気になります。
 
蒸し暑い一日でしたが、森と渓谷を歩くことで遅い夏と秋の兆しの双方を感じることができました。
次回例会は9月11日(火)、久しぶりに大岡山周辺を巡ります。
                                         ( izayamiki )
 
 
 

2018年8月21日 (火)

8月第3週 モミジガサ オオカニコウモリ ホツツジ

秋の気配が感じられます 海抜900mの枯れる事が無い 3mの小さな滝です

下の方は鹿の被害で食べ尽くされていますが 上部は崖で残っています 

           Img_2390

キク科 花は同じようです 葉の形が全く違い 同じ環境で見られます

 モミジガサ

 Img_2359 Img_2357

 オオカニコウモリ

 Img_2360 Photo

フシグロセンノウ   ナデシコ科 7月下旬から咲き始めていました

           Img_2329

 ホツツジ  ツツジ科  これ程多数の 花穂を見たことない

 Img_2401 Img_2403

 オタカラコウ キク科  咲きだしました9月末まで楽しめます

 Img_2399 Img_2400

28日(火)は滝の多い阿瀬渓谷(弁当持参)の例会日です 

                         (izumi)

2018年8月14日 (火)

8月第2週花  ヤマニガナ オトギリソウの仲間

やっと夏らしく 雷や夕立が発生して 夜が涼しくなりました

稲葉川の 源流になる 清水が染み出る場所 一口頂いた

 Img_2327 Img_2328


ヤマニガナ 高さ2mにもなり倒れるように咲いていました

 Img_2347  Img_2349

オトギリソウの仲間   高さが低く見落としてしまいます

 サワオトギリ          コケオトギリ

 Img_2377 Img_2368

 ヒオウギ 庭にも植えられていますが 自生している姿は別格です

          Img_2365

                      (izumi)

2018年8月 7日 (火)

8月第1週 ウバユリ タニタデ キカラスウリ 

連日の猛暑 ですが 6日は小雨が降りました 夏野菜はひと息です

この暑い夏 花は夜の涼しさ感じて咲きだすのか 不思議です 

田園の一角に 植えられたハス と 大机山 神鍋山いずれも昔の火山

            Img_2338

 ウバユリ   ユリ科

高原では今見頃です 花が咲くころ葉が無いのが特徴ですが今年は

葉を付けたまま咲いています 四方に花を付けるので 写しやすい

 Img_2300 Img_2303


 Img_2305 Img_2312

 キカラスウリ    ウリ科

昨年は 実を沢山見ましたが夜咲く花でも朝まで残っています

         Img_2317

 タニタデ  アカバナ科 ミズタマソウ属   節や茎が赤い

 Img_2322 Img_2318

 ギンバイソウ (ユキノシタ科)観察時期が遅すぎです 

 4年前は満開でしたが     葉が特徴的です

        Img_2326 

                     (izumi)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

但馬情報特急

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ