« 7月第1週クモキリソウ オカタツナミソウ ツチアケビ  | トップページ | 7月第3週  ヤマトウバナ ニガクサ  »

2018年7月10日 (火)

2018 7月10日例会 栃本~田の口

当初予定していた溶岩流周辺の観察は、「西日本豪雨」の影響でコースが荒れていて、急遽「栃本~田の口」に林道周辺を観察しました。

梅雨明けも宣言され、これからは30度を超す暑さが続きます。
 
林道周辺観察                  ノリウツギ
P7100309_2 P7100257
 
リョウブ                      エゴ
P7100269 P7100288
 
アケビ                       タムシバ
P7100270_2 P7100273
 
ハギ                          ノギラン
P7100281  P7100277
 
モリアオガエル                   ゴンズイ
P7100283 P7100286
 
アカショウマ                    オカトラノオ
P7100295 P7100299
 
タケニグサ                    ガマズミ
P7100303 P7100306
 
ヤマジノホトトギス                ヒヨドリバナ
P7100316 P7100321
 
ホタルブクロ                   ムラサキニガナ
P7100333 P7100335
林道沿いは日陰も多く、時折涼しい風が吹き抜けて一息つかせてくれます。
春の花があちこち実をつけているのと、夏や秋の花も見受けられます。
 
一方でタケニグサ・アカメガシワ・洋種ヤマゴボウなど外来植物が幅をきかせていることが気になりました。
獣道も目立ち、鹿が在来植物の生態系に影響をおよぼしていて、あちこちに鹿ワナが仕掛けられています。
 
ヒメヒオウギズイセン         清流にバイカモ
P7100339  P7100342
林道周辺から場所を荒川区に移しました。
上流にある十戸区からの湧き水が流れ、温度も12度~13度に保たれているそうです。
ここで珍しいバナナを観察しました。    
苞葉が順に伸びてきて内側に花がつき、実になって連なっていく仕組みがわかります。
食べられるほどには成長しないそうです。
 
                   バナナ
P7100340 P7100345
 
                   バナナの実と花・苞
P7100347   P7100348
炎天下の観察は厳しいので、7月と8月は例会も月一度としています。
 
                                  ( izayamiki )
 
 
 

« 7月第1週クモキリソウ オカタツナミソウ ツチアケビ  | トップページ | 7月第3週  ヤマトウバナ ニガクサ  »

例会活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2139433/73837743

この記事へのトラックバック一覧です: 2018 7月10日例会 栃本~田の口:

« 7月第1週クモキリソウ オカタツナミソウ ツチアケビ  | トップページ | 7月第3週  ヤマトウバナ ニガクサ  »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

但馬情報特急

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ