« 2017年12月 | トップページ

2018年1月

2018年1月16日 (火)

1月第3週  クロガネモチ ケンポナシ実

今年最大の寒波で 14日朝気温-7度で新雪も30㎝でした

一般的に神鍋高原には西気平原と太田平原と名色平原が火山によって

作られていて 雪が積もると平原が良く目立ちます  この写真は

名色で左にブリ山 中央付近に但馬ドームの屋根が見られます

                Img_1579

未だ長靴で 常緑樹で小鳥が食べ残した 実が観察できます

クロガネモチ モチノキ科雌雄別株

 Img_1528 Img_1529

実を付ける 雌株には 小鳥がさえずり にぎやかでした

子どもの頃 樹皮から鳥もちをつくる体験をしたことを思い出します

溶岩流 二段滝 今の時期水量は少なく 溶岩の流れた痕跡が見られます

          Img_1587_2
          
周辺では 雪は見られません

 途中 雪の上に ケンポナシの実が落ちていました 汁は梨の味 

          Img_1589
                                    (izumi)

 

2018年1月 9日 (火)

1月第2週 バナナ

クリスマス 正月 スキー場だけ積雪がある 理想的なシーズン開始です

                         Img_15927日神鍋北の壁です
                   

1月では珍しい南国の植物風景が観察できます

 バナナ (バショウ科)

 木なのか? 果物なのか? 種は何処にあるのか? 疑問

が一杯です それが 雪の降る稲葉川の河川敷に群生しています 

、黄色のバナナは果物として買って食べたり 地元では葉を蒸し料理に

利用するぐらいで深く考えていませんでした、その直ぐ近くを流れる水は

 Img_1558 Img_1562

神鍋高原の地下水が湧き出す 年中12度の清流です

            Img_1563 

南向きの斜面で 温暖な地質が 影響しているのかも知れません

 6月花が咲き 実が付くことは確認できますが それ以上成長せず

実の下に下垂している包葉下には花が咲きますが夏が過ぎると実に

なりません 雪のちらつくこの時期でも 立派に伸び続けています。

ビニールハウスで囲うと食べられるまで育つかな?

 Img_1560 Img_1561

バナナは多年草で茎が地下にあるそうで 野菜の仲間かな?

身近な所で 植物の不思議に触れる事が出来る 自然に感謝です。 

                                   (izumi)

2018年1月 2日 (火)

1月第1週 センダン  ムクロジの実

2018年 明けまして おめでとうございます 午前7時15分日の出です

                      Img_1539

           今年も自然観察しながら心身共にリフレッシュしましょう

落葉高木ですが 実が目立ちます センダン

 Img_1521 Img_1523

 Img_1525 Img_1527

 6月上旬の花は 色も形も美しいです

            Photo

良く似た落葉高木で11月まで実を付けていたムクロジの実が

雪の上に落ちていました 実の皮は洗剤と同じ成分があり,黒い

実は羽根つきの球に使われ昔から大切に守られていたようです

           Photo_2

     高木過ぎて 花はまだ見ていません

                                   (izumi)

 

« 2017年12月 | トップページ

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

但馬情報特急

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ