« 10月 第3週 ミカエリソウ アケボノソウ コウヤボウキ | トップページ | 10月 第5週 神鍋山野草 キクタニギク  »

2017年10月24日 (火)

2017 10月24日例会報告  神鍋高原

例会も残すところあと1回です。

10月後半は秋が深まりつつある神鍋高原で、キャンプ場周辺を観察しました。
イチョウ並木も色づき、ギンナンがあちことに落ちて異臭を放っています。
 
色づき始めたイチョウ並木            鈴なりのギンナン
Pa240252 Pa240169
 
キチジョウソウ                   アオツヅラフジ(実)
Pa240166 Pa240168
 
ナギナタコウジュ                  ムラサキサギゴケ               
Pa240173 Pa240177
 
コナスビ                       コナスビ(実)
Pa240175 Pa240203
 
カタバミ                       ヤマボクチ
Pa240179_2 Pa240182
 
チャ                         ベニバナボロギク
Pa240185 Pa240188_2
 
ガマズミ(実)                    マムシグサ(実)
Pa240191 Pa240192
 
ヤマノイモ(雌株)                スイカズラ(実)
Pa240197 Pa240199
 
タチシオデ(実)                  コマユミ(実)
Pa240201 Pa240206_2
 
ムラサキシキブ                  ヤマウド
Pa240212 Pa240214
 
ツルアリドウシ(一両)               ツルアリドウシ(花)2013年6月
Pa240216 20140611_100516_2
 
ヤブコウジ(十両)                クマシデ(実)
Pa240219 Pa240231
 
キカラスウリ (実)                 シロダモ(花)
Pa240249 Pa240238
 
                   ゲンノショウコ(種と飛散後残った花柄) 
Pa240243 Pa240244
花から実になり、秋が深まると赤く色づいてきます。
これは鳥たちへの合図で、鳥は動物達と違って、赤色を識別できる特技を持っているといいます。
 
一方美味しい実を成らし、動物たちに食べてもらうことで子孫をつなぐものもいます。
会員女性が茸やクリ・アケビなど木の実に執着するのも、太古の昔に男達が猟をして獣を、女達が木の実や茸・山菜を採取した名残かも知れませんね。 (^_-)
 
次回は11月14日(火)、最終例会は午前の観察の後、道の駅神鍋高原でランチを頂きながら、一年を振り返る「納会」が予定されています。
 
                                          ( izayamiki )
 
 

« 10月 第3週 ミカエリソウ アケボノソウ コウヤボウキ | トップページ | 10月 第5週 神鍋山野草 キクタニギク  »

例会活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2139433/72051995

この記事へのトラックバック一覧です: 2017 10月24日例会報告  神鍋高原:

« 10月 第3週 ミカエリソウ アケボノソウ コウヤボウキ | トップページ | 10月 第5週 神鍋山野草 キクタニギク  »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

但馬情報特急

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ