« 8月第3週 フシグロセンノウ | トップページ | 8月第5週  アキノノゲシ »

2016年8月23日 (火)

2016 8月例会 Ⅱ 神鍋渓谷

厳しい暑さが続きますますが、今日の地蔵盆を過ぎると朝晩は涼しくなるで。

我が家もハクサイ・高菜(かっぱ菜)の苗作りのため種を播きました。
8月後半の例会は神鍋渓谷を観察です。
熱心な野草ファンが道の駅神鍋高原に集まりました。
「神鍋山野草を愛でる」のブログ写真はすべてマウスON&クリックで拡大し、右上の×印をクリックすると戻ります。  アップの写真をお楽しみください。
 
神鍋渓谷公園                   ツノハシバミ(実)
P8230066_2 P8230057_3
 
クズ                         サルスベリ
P8230061_2 P8230068
 
ハグロソウ                      カタバミ
P8230070 P8230071
 
ヤブツルアズキ                   一ッ滝
P8230074 P8230078_2
 
ツルニンジン(蕾)              イワタバコ
P8230083   P8230093
 
ミズヒキ                       ヒメキンミズヒキ
P8230084  P8230137
 
               ツリバナ(実)
P8230119 P8230107
 
アカメガシワ(雌木)               ヤブデマリ(実)
P8230108 P8230115
 
キブシ(雄木)春の花芽          キブシ(雌木)
P8230063  P8230111
マツカゼソウ(シカ忌避植物)       ススキ(花火)
P8230125   P8230126
 
神鍋の「大正池」                 オニグルミ(実)
P8230118 P8230130
 
ムラサキサギゴケ
P8230133 P8230134
 
ザゼンソウ (実)         ホツツジ
P8230142   P8230146
 
           ナツエビネ
P8230154   P8230156
春や初夏咲いた花が実をつけていて、秋の深まりと共に熟し、厳しい神鍋の冬を耐えまた春を迎える準備もしています。
今日拾ったゴミ
P8230163
「有ったはずのものがない」「僅かに残っているだけ」。
定期的に観測を続けていると鹿被害の深刻さを痛感します。
人による持ち去りは目立たなくなったものの、野草が生きる環境は一層厳しくなっています。
 
会員のOさんは右手に火ばさみ、左手にゴミ袋を持って参加されます。
以前目だったゴミも確実に少なくなっています。
懸命に生きる可憐な山野草に人間の生活ゴミは似合いません。
 
                                ( izayamiki )

« 8月第3週 フシグロセンノウ | トップページ | 8月第5週  アキノノゲシ »

例会活動」カテゴリの記事

コメント

例会での ごみひろい ほんとに ご苦労さんです 頭が下がります
心だけでなく 環境も来た時よりも 美しく 心がけましょう。

例会での ごみひろい ほんとに ご苦労さんです 頭が下がります
心だけでなく 環境も来た時よりも 美しく 心がけましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016 8月例会 Ⅱ 神鍋渓谷:

« 8月第3週 フシグロセンノウ | トップページ | 8月第5週  アキノノゲシ »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ