« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月26日 (火)

2016 7月例会 神鍋高原

7月12日の例会は雨で中止、今日も朝から雨、10時前から雨雲が切れる予報でした。

6月末の上山高原観察以来1ヶ月ぶりの集まりです。
回復基調ではあるものの当初の予定を変更し、神鍋高原道の駅周辺の観察に変更しました。
       
               道の駅神鍋高原 山野草展示パネル
P7260046_2 P7260044
 
                      シナノキ
P7260062_2 P7260065_2
 
ヒルガオ                      ヘクソカズラ
P7260067_2 P7260072
 
透明になったツユクサ          コマツナギ
P7260077   P7260102
 
ヌマトラノオ                オカトラノオ
P7260080   P7260095
 
ヒマワリ畑                    オミナエシ
P7260081_7 P7260103
 
ツリガネニンジン             マツヨイグサ
P7260109   P7260115
 
ヒメヒオウギスイセン                 ダイコンソウ             
P7260119   P7260121
 
キンミズヒキ                  ヤマハギ
P7260132 P7260138
 
ゲンノショウコ                 ノコンギク
P7260141 P7260145
 
シバグリ                      カラスビシャクとクモ
P7260136   P7260122
種類は少ないものの雨にしっとり濡れた花々はそれぞれ魅力的でした。
次回例会は8月、いよいよ真夏。
花にも人間にも厳しい季節となります。
 
                              ( izayamiki )
 

2016年7月19日 (火)

7月第3週 ヌマトラノオ

梅雨の長雨が続きましたが 明けました そのせいか湿地に咲く

ヌマトラノオが咲いています オカトラノオと入れ替わりです。

Photo 40㎝を超える草原で咲いています

     Photo_2

茎の先に花序を直立に付け 白い小さな花を多数つける

 ネジバナ (ラン科) も2本 右巻きも左巻きもみられる

     Photo_3

 神鍋高原では目立つ ヤブカンゾウ (ユリ科)

     Photo_4

                           (izumi)

2016年7月12日 (火)

7月12日 ミツモトソウ トモエソウ

第2週 万場定例観察会 は 雨の為 中止としました。

別の場所で梅雨の晴れ間に見た 黄色の 花を紹介します

 Img_0564 全体の花 花弁直径1㎝

  ミツモトソウ   葉が3小葉が特徴

バラ科 キジムシロ科 水元草(別名ミナモトソウ)

    Img_0563

 Img_0561 トモエソウ全体 花は1日花
トモエソウ(巴草) オトギリソウ科 先端がよじれてスクリュウ

の様な 巴状となることから名前が付く 花は直径4㎝ 

    Img_0562

                              (izumi)

2016年7月 4日 (月)

7月第1週 ツチアケビ

 7月に入り連日30度を超える 猛暑日 

     Img_0551

今年も 竹やぶ周辺に 咲き始めました 一輪拡大すると

     Img_0556

ラン科 土木通(ツチアケビ) 葉緑素を持たない腐生植物

名前の由来は アケビに似る実が付いた状態から言われる

  ハグロソウも咲きだしました 今年は全体に早く咲きます

     Photo
                            (izumi)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

但馬情報特急

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ