« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月28日 (火)

2016 6月例会 Ⅱ 上山高原

神鍋高原を中心に活動を続けている会ですが、足を伸ばして山滴る好時期の新温泉町上山高原を観察しました。

霧ヶ滝渓谷へ                   ヤマアジサイ
P6280107_2 P6280078

ノリウツギ                     ヒヨドリバナ
P6280090 P6280092
 
                  ハナイカダ(実)
P6280167 P6280169       
 
マタタビ                     ウワバミソウ
P6280106 P6280094
 
                  シオデ
P6280118  P6280116
 
ハクウンボク(実)                クマシデ
P6280108 P6280125
 
キブシ                 サワグルミ
P6280127  P6280131
 
                ギンバイソウ(蕾)
P6280139 P6280184
 
キヌタソウ                   ツルアジサイ
P6280158 P6280163_2
 
ヤマツツジ                    オカトラノオ
P6280165  P6280179
 
ウリノキ                     ヤグルマソウ
P6280182  P6280189
 
タイミンンガサ             オニシモツケ
P6280190  P6280205
 
ヤマブキショウマ                トリアシショウマ
P6280206 P6280195
 
アオホウズキ             クサアジサイ
P6280199  P6280216
 
猿壷(さるぼ)の滝              ツリフネソウ
P6280229 P6280226
霧ヶ滝の沢筋での弁当タイムを入れて約4時間、神鍋高原には見られなくなった花があったり滝の数々に上山高原の懐の広さを感じました。
渓流沿いの環境に適した植物が多く、夏時期に訪れるとさらに楽しめるでしょう。
また春先の花が実をつけ夏秋を迎えて生長していくのも楽しみです。

                                                                                           ( izayamiki )

 

2016年6月20日 (月)

6月第4週 カノコソウ、イチヤクソウ,ツレサギソウ

本格的な梅雨入りです  6月~咲きだした花紹介します

   カノコソウ 鹿の子草 根が薬草になる オミナエシ科

      Photo

  イチヤクソウ 一薬草 薬用にすることから名が付く

      Photo_2

  ツレサギソウ 連鷺草 草原に咲く ラン科 

      Photo_4

19日雨の中 神鍋マラソンで 多くのランナーが力走してました。

                                 (izumi)

2016年6月14日 (火)

2016 6月例会 Ⅰ 神鍋山周辺

例会は原則第2と第4日曜日となっていて、14日(火)に神鍋山周辺散策と「オオキンケイギク」駆除作業が行われました。

(いずれの写真もクリックで拡大してお楽しみください)

クマノミズキ                   ナガハノモミジイチゴ(キイチゴ)
P6140066 P6140070

サイハイラン              ナニワズ(実)
P6140076_2   P6140080

イワガラミ                    オカトラノオ(蕾)
P6140084 P6140088
 
                 ウツボグサ
P6140097  P6140089_2

アクシバ                   シバグリ(白い雄花と手前は雌花)
P6140094_2 P6140104
 
              ヤブレガサ
P6140099   P6140124_2

ホタルブクロ              スズサイコ
P6140109_2   P6140129

ササユリ                 ヤマアジサイ
P6140145   P6140116_2

サンキライ(実)            ウメガサソウ
P6140133_2   P6140140_2

神鍋山山頂から高原を望む
P6140122_5

クララ                       ナデシコ
P6140153 P6140170
「オオキンケイギク」は北米原産のキク科の植物、鮮やかな黄色で観賞用として輸入されました。
繁殖力が強く在来種に悪影響を及ぼす可能性があり、2006年に「特定外来生物」に指定され栽培や販売は処罰対象となりました。

              オオキンケイギク除去作戦
P6140167 P6140174_2

根こそぎ駆除したオオキンケイギク
P6140183_2
いつの頃からか「オオハンゴンソウ」とともに神鍋山でも目立つようになり、昨年から「愛でる会」メンバーを中心に駆除作業が行われています。

昨年の効果がでてより少なくなりましたが、今後も駆除を続けていく必要がありますね。
次回例会は28日(火)足を伸ばして新温泉町上山高原の山野草を愛でます。
                                ( izayamiki )
 
 
 

2016年6月 6日 (月)

6月第1週 サイハイラン

ラン科 サイハイラン属 サイハイラン

      Img_0521

采配蘭 花序を采配に見立てて 名が付いたという。

      Img_0522

山地の木陰に生えて 1~2枚の葉を出し花は下向き

に付け 見過ごしてしまうことが多い。

      Photo

花は細長く あまり開かない。 5月下旬~6月見頃です。

6月14日 道の駅9時30分集合 定例会 神鍋山周辺です

 初夏の花を 楽しみながら 特定外来植物(オオキンケイギク)

 の除去も行います 手袋を持参下さい。

                                   (izumi)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

但馬情報特急

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ