« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

5月第5週 サワフタギ

21日例会でもみられた サワフタギは 沢を覆い隠すように

純白の 綿毛のような 樹に咲く花です。

     サワフタギ            サワフタギ実9月

 A Photo

5年前から 図鑑では タンナサワフタギも載っていましたが

会員のYさんから 但馬でもあるよと言われ 葉の特徴から

幹に目印を付けて観察してきました,花の違いは判別できません

   タンナサワフタギ       タンナサワフタギ実9月

 Photo_2 Photo_3

葉の先端が細長く尖っていること 実が黒いことから確認しました

          タンナサワフタギ花穂

        Photo_4

3年がかりで解決した植物です (タンナとは済州島の古名)            

                                  (izumi) 

2016年5月22日 (日)

5月21日例会報告

 21日 人と自然の博物館との共催 観察会 28名参加 報告

場所 神鍋渓谷公園(一つ滝、二つ滝エリア) 連日の五月晴れ

外気温26度 でも新緑と渓谷で涼しく 兵庫県2位の桂の大木

からパワーを受けめったに見られないショウキランに出会いました

 観察風景                          ショウキラン

 Img_0474_2 Img_0475_2 

 シライトソウ                        ミズタビラコ

 Photo_2 Photo_3

 トチノキ                     ナナカマド                    

 Photo_4 Photo_5

 タジマタムラソウ                ヒメレンゲ   
         
 Photo_6 Photo_7

10時から15時まで 30種を超える山野草樹を楽しみました。

                                 (izumi)

2016年5月16日 (月)

5月第3週 ニセアカシア(ハリエンジュ)

鳥取海岸では5月初旬に咲いていましたが やっと咲きだしました

マメ科 ハリエンジュ属 (ニセアカシア

          Img_0447

図鑑では ハリエンジュですが ネムノキ科アカシアと混同される

ことから別名ニセアカシアと呼ばれています歌でもアカシアの雨が

やむとき♪等 季語にもにもなっていて アカシアキャンプ場もある

 Img_0446 Photo

明治時代に日本に来て 砂防林として 普及しましたが 山間部

でも 道路沿いに 繁殖していて 花が咲くと甘い香りがして

ミツバチの蜜になりこの時期には高級品として有名だそうです。

                                   (izumi) 

2016年5月11日 (水)

5月10日 例会報告

確実な季節の変化を感じる 山野草を愛でる定例会

同じエリアを定期的に観察する魅力は 時々に咲く花を見ながら

季節を感じ 心身共に 健康に過ごせることです、今回も40種を

超える花を愛でました。

    タニウツギ                      キンラン

 Photo  Photo_2

   コツクバネウツギ                   ゴマギ     

 Photo_3  Photo_4

   ヒトリシズカ                     フジ  

 Photo_5  Photo_6

    ヒメハギ スミレの側に1㎝の小さな花が地面に咲いていました

         Photo_8 

    フジ                           ホウチャクソウ

 Photo_9 Photo_10

    ホウノキ                     ヤマボウシ

 Photo_11 Photo_12

   レンゲツツジ このほか今回6種類の希少種も楽しみました 

       Photo_14

曇り空ではありましたが 新緑の木々を見ながらの樹の花が

目立ちました。

   次回は21日(土)弁当持参 長靴  神鍋渓谷公園です

                                      (izumi)

2016年5月 3日 (火)

5月 第1週  アケビ科

アケビ科にはムベ属とアケビ属があり 神鍋高原では満開です 

ムベも見られます 雌雄同株

         Photo

アケビ属には大きく分けて アケビ(5葉アケビ)とミツバアケビがあり
 Photo_5 Photo_7
                        雄花は小さい
アケビの萼片が白い物はシロバナアケビと山渓では分類されている                      
         Photo_8 中央は雄花序です
ミツバアケビの濃紫色は美しく 庭木に植えられている

1 Photo_2

 雌花の柱頭には粘液を分泌している 雄花は小さく房状

秋の紅葉で楽しみ ツルは細工物に使われます

5葉と3葉の自然交配による雑種もあります。

例会案内 10日 神鍋山 周辺 ニホンタンポポ2種等

        21日 人博との共催観察会 で神鍋渓谷公園

                                    長靴と弁当持参です

                                  (izumi)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

但馬情報特急

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ