« 4月第1週 タムシバ と シュンラン | トップページ | 2016 神鍋山野草を愛でる会 4月例会 »

2016年4月 6日 (水)

万場の夫婦カツラの花

里にも山にも桜が咲き誇っている時期、ひっそりとカツラの花が咲いていました。

図書館で出会った神鍋山楽会のMさんに、「万場の夫婦カツラが咲きましたよ」と教えて頂き、好天に誘われ会いに行きました。

  ※ 写真はすべてクリックで拡大します

  蘇武岳登山道 備前山ルート 巨樹の谷 夫婦カツラ
  Img_4014

コースは但馬山友会例会 2015蘇武岳・大杉山ルート ←をクリックしてください。

カツラの雌花                  カツラの雄花
P4050031_2 P4050021

葉が出る前に、小さな花を開かせ、花弁も萼(がく)もなく、基部は苞(やく)に包まれます。
雌花には3~5個の雌しべがあり柱頭は糸状で淡紅色で、雄花には多数の雄しべがあります。
   
谷の入り口両側にある大木は夫婦カツラと呼ばれていて、雌雄異株なので雄株には雄花が雌株には雌花が咲いています。
雄花を少し揺すってみると、一気に花粉が飛散します。

これからハート形の葉が出て、秋には実をつけると言います。
秋に落ちた葉は甘いキャラメルの匂いがすることも知られています。
「光合成をしてでんぷんを葉に蓄え、その葉が枯れることで化学反応を起こし、一種のブドウ糖に変わる。それが甘い香りのもとになっている」そうです。
足元にはミヤマカタバミがひっそりと、キブシもたくさん花をつけていました。

ミヤマカタバミ                     キブシの花
P4050010 P4050039

                                        (izayamiki)
 

« 4月第1週 タムシバ と シュンラン | トップページ | 2016 神鍋山野草を愛でる会 4月例会 »

神鍋山野草だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万場の夫婦カツラの花:

« 4月第1週 タムシバ と シュンラン | トップページ | 2016 神鍋山野草を愛でる会 4月例会 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ