« 2016 「愛でる会」活動開始 | トップページ | 4月第1週 タムシバ と シュンラン »

2016年3月28日 (月)

3月第4週 ツノハシバミ

神鍋山 の山焼き風景 3月27日 

     Img_0212

後には 奥神鍋の残雪 が見られ 火口枯ススキに火が広がる

毎年この行事が実施されることで 変わりない安定した草原が守られる

 カバノキ科 ハシバミ属 ツノハシバミ  3月から4月頃まで低木で

春一番の花が見られるようになりました 今回は雌雄同株

雄花と雌花が別々に 同じ枝で見られる 珍しい花を紹介します

     Img_0193

良く見ないと 見過ごしてしまいます 拡大して雄 雌花確認

     Img_0202

雄花は3~8センチの長さで 多数の花粉が風で飛び散ります

     Img_0219

7㎜程の赤い雌花には 花粉が運ばれ 受粉して 9月に実を付けます

 9月の実の形は3個~4個がくっつき 10月上旬1,5センチぐらいに熟す

     Photo

この形が 角に似ているから 名が付いた様です

食べると 栗の様な味がして 美味しく食べれれます。

                               (izumi)

« 2016 「愛でる会」活動開始 | トップページ | 4月第1週 タムシバ と シュンラン »

神鍋山野草だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月第4週 ツノハシバミ:

« 2016 「愛でる会」活動開始 | トップページ | 4月第1週 タムシバ と シュンラン »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

但馬情報特急

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ