« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月30日 (土)

2016 但馬の自然を考える事例発表会

但馬の自然を考える事例発表会が30日豊岡市民会館で開催されました。
3団体による事例発表と香住・豊岡総合の2校の高校生による「ラムサール条約湿地の調査・保全活動」の発表もあって、参加者が100人弱とほぼ満員の盛況でした。
           Scn_0001_4
「神鍋山野草を愛でる会」の泉会長が大岡山を中心とする観察で出会った花々の紹介、蘇武・神鍋や阿瀬渓谷での鹿被害の現状、特定外来植物除去や希少種を守る活動を報告しました。

発表テーマ                    春の草花
P1290001_2 P1290004
夏の草花                     秋の草花
P1290005 P1290006
P1290007_2

活動の中心だった大岡山はバブル期にゴルフ場や別荘開発が進みましたが、阿瀬や神鍋高原に較べてシカ被害が少ないとされていて、未だ多様な自然が残っています。

今後被害の拡大が予想される中、実態を調査し保全活動に役立てればとの願いもありました。春夏秋の月2回の調査で、蕾から花から実と一年を通じた観察が行われ、多様な草花と希少種が観察されました。
笹など下草が無くなった神鍋高原の山  絶滅寸前のサンヨウブシ
P1290008 Img_3151_2_3
保全のため柵で囲う活動          特定外来種の除去活動
P1290009 P1290010

頑張って命をつなぐ在来種
P1290011

「環境ネット出石」と「桃池の自然を守る会」の事例発表に続き、「高校生によるラムサール湿地の保全調査活動」として、香住高等学校の戸島湿地魚類の調査、豊岡総合高校の湿地生物のモニタリング調査や保全活、豊岡総合高校のインターアクトクラブからは他高校と連携した環境保全活動が報告されました。
香住高校の魚類調査             豊岡総合高校インターアクトクラブ
P1290018 P1290024
いずれも生き物の現場調査を通じて外来種の繁殖や環境の悪化に気づき、保全活動に進んでいることはすばらしいことで、早くから但馬の自然に触れ、保全活動に参加する高校生には頼もしさを感じました。
 
                                   ( izayamiki )
 

2016年1月27日 (水)

1月第4週 見られなくなった花 ギンラン

最大級の寒波 不要不急の外出は控えるよう放送されました

25日は1日中 マイナス7度で 冷蔵庫より寒い気温です。

     Img_0068_2

26日は 豊岡市内は-4度 しかし神鍋は-2度と逆転現象

円山川の河川敷の樹木霧氷の姿に 感動してしまいました。

積雪は十分です、スキー行事も大賑わい パウダースノーで

道路もツルツル、転倒しても 笑い声が 聞かれました。

     Img_0070_2

最近見られなくなった 花 2回目  ギンラン

     Photo_2

 右 下の下を向いている花はチゴユリです

キンランと同じ環境に育つ ランの仲間ですが 5年前から

同じ場所で 見られなくなりました、誰にもその場所は知らせて

いません、多くの人が山野を楽しめる為に、観察は写真を撮って

見守り、又来年も見られる環境を作ることが大切です。

  30日(土) 但馬の自然を考える 事例発表会 

  神鍋山野草を愛でる会の報告内容が決まりました

 1、1年間 毎月大岡山を観察して

    山野草代表20種の 歴史に翻ろうされた植物を観察

    鹿、猪が植物にどんな被害をかけているか

 2、神鍋高原 3か所の 鹿被害風景

 3、希少種を守る活動

 4、神鍋山 特定外来植物 駆除

他 3団体の報告も有ります 皆様のご参加をお願いします。

    豊岡市民会館 4階 大会議室 13時30分~16時

                                 (izumi)

2016年1月18日 (月)

1月第3週 オオイヌノフグリ

今シーズン初めての積雪を記録しました。快晴の風景

      13

アップ神鍋の プラスノスキー場 では初滑りを楽しんでいました

      15

八反滝から下流では 積雪が無く 散歩が楽しめます

  赤い実ではバラ科  フユイチゴ (冬苺)食べられる             

            Photo

              テリハノイバラ (照葉野いばら)

           Photo_2

花では アツミカンアオイの今にも開きそうな蕾

     Photo_3

日が当っているときに咲く オオイヌノフグリ(外来種)

     Photo_4

明治時代中期に見つかって 全国的に広がっているが

イヌノフグリは日本産です、しかし ほとんど見かけない

だから確認もする、葉の鋸歯が8より少ないのが特徴。

日本タンポポも同じ道をたどるのか 

山間部では残っているか期待を込めて 花 散歩します。

                                 (izumi)

2016年1月11日 (月)

1月第2週 ヤブツバキ

     Img_0040

11日快晴 ゴルフを楽しむ人 と奥神鍋 でスキーを楽しむ姿が

1枚の写真におさまる、 温暖化で1月では 初めての光景です。

  外気温10度 溶岩流 泥渕周辺を観察しました。

先ず2月に咲くアツミカンアオイの花は 蕾でした、 赤い実では

Photo Photo_2
 ツルアリドオシ             ビナンカズラ

サザンカやオオイヌノフグリが見られたが 

散りツバキの花発見      上を見ると 満開の株見ました

Photo_3 Photo_4

一輪の 雄しべが満開 でしたが 昆虫は 見つからなかった

     Photo_5

溶岩流散策コースで一番多く見かける木で代表的な花です 

散りヤブツバキ を見つけなければ 通り過ぎているとこでした。

 1月30日(土) 発表会 参加のお願い 拡大して見てください

     Img_7291

昨年 大岡山を1月から11月まで定期的に観察してきました

神が宿る 奈良時代、寺が出来た鎌倉時代、バブル時代には

ゴルフ場や別荘地に 変わり 現在は鹿、猪の被害にあって

いる、春 夏 秋に咲く 特徴的な花20種を紹介しながら歴史

にほんろうされた植物の立場から今日の問題点を探ります、

希少種も具体的にどう守っているのかも発表します。

         是非ご参加して下さい           (izumi)

2016年1月 5日 (火)

1月第1週 タンポポ

雪の無い 神鍋神社(神鍋山469m頂上)に初詣

       Img_7301

神鍋に住むようになってから初めての経験 あまり喜べない。

元旦から4日まで快晴が続き 海抜400m付近でもセイヨウタンポポ咲く

       Img_7310

この1枚には沢山の不思議が込められている,葉は冬をロゼットで過ごし

日差しをいっぱい受け寒風から身を守る  普通は下流の 湧水付近

でしか見られなかったが 今年はこの場所でも沢山の花を咲かしている

2日ほど花を咲かせ花茎を3倍以上成長させ果実と綿毛は風で飛んで

いく昆虫がいなくても自家受粉してセイヨウタンポポは繁殖する写真です

 クシバタンポポ、ヤマザトタンポポ等 春しか咲かない日本タンポポは

絶滅危惧種に指定されているし 雑種も 増えてきています。

 神鍋山北斜面 落葉樹林 900mの頂上散策コースで見られた植物は

実では ヤブコウジ             

  Img_7295_2

   サルトリイバラ(サンキライ)

  Photo

ドライフラワー化した コウヤボウキ       

  Photo_2

             オケラ

  Photo_3

春を待つシュンランの花芽 根元右に

 Photo_4

昨年から急に増えた鹿被害では アオキ 美味しい物から食べ尽くす習性

Photo_5

丸裸になった低木

Photo_6
 ミズキ科の植物は茎含み被害に合いやすい   
草原と自然林の神鍋山が最後のえさ場になってきたようです。

 

鹿山会(猟師グループ捕獲目指す)

   5日現在11月15日から 51頭捕獲しています (昨年同期は6頭)

                                        (izumi)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ