« 11月第4週 小春日和 タチツボスミレ | トップページ | 12月第2週 ヒマラヤユキノシタ »

2015年12月 1日 (火)

12月第1週 カラスウリ

3日前に 初雪 でした 1000m付近は雪景色です奥神鍋

           Photo_9

今年は 柿が豊作で 枝いっぱいに実を付け カラスとタヌキの餌です。

車の窓から目立つ 朱赤色の実 は ウリ科の カラスウリです

 Photo_10 Photo_11

花は8月夜咲くため 目立ちませんが 不思議な 植物です

名前の由来は カラスが目立つ実を良く食べるとか唐朱瓜と表記して

唐から朱色した瓜が伝来した 等が言われています。10月ころの

実は緑色瓜にそっくりで、これが名前の由来の様です。

 花は夜ひらき 手のひらサイズまで 糸くず状に広がり、夜明け

前にしぼんでしまう1日花で 受粉はスズメガの仲間が手助けする

夜の為 写真撮影が難しく フラッシュで苦労しました。

 Aa_2 Bb
                   雌株の花は花の下部に子房が付く

雌雄別株ですから 花が咲けば必ず実が付く 物でなく 繁殖する

方法も 芽株の実が動物に運ばれるのと、ツル状の先端が地面に

触れるとそこから根を出して芋が出来、春芽が出るなど、多様です

キカラスウリは実が 黄色に熟すことで知られますが花の特徴は

           Photo_13          

花冠の先端が 広がっているので 区別でき 7月ころから咲く

昔は薬草として 根や実が利用され テンカフとしてあせもに用いた

お知らせ

 道の駅 神鍋高原 ギャラリーでは 今年1000種に到達した

山野草の花カレンダーが 展示されています。

 発表会の案内

1月30日 (土) 13時30分~16時 豊岡市民会館 4Fホール

県民局主催の事例発表会に 愛でる会が参加します、今年大岡山

周辺を観察した内容を基に 皆様に訴えます 是非参加して下さい。

                                      (izumi)

« 11月第4週 小春日和 タチツボスミレ | トップページ | 12月第2週 ヒマラヤユキノシタ »

神鍋山野草だより」カテゴリの記事

コメント

県民局主催の事例発表会は1月半ばにブログで教えてください。
最近忘れやすいので・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月第1週 カラスウリ:

« 11月第4週 小春日和 タチツボスミレ | トップページ | 12月第2週 ヒマラヤユキノシタ »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ