« オキナグサ と ホクチアザミ | トップページ | 巨木の観察 10月例会報告 »

2015年10月27日 (火)

2015 10月例会 神鍋高原の巨木を巡る

Pa270003_310月後半の例会は「神鍋高原の巨木を巡る」をテーマに25人が集まりました。
神鍋渓谷、大岡山、万場・山宮の3班に分かれて巨木を訪ね、それぞれ計測して報告しあうことになりました。

但馬巨木保存会の資料によると・・・・
・巨木:胸高・幹回り3m以上のもの
・巨樹:胸高・幹回り5m以上のもの



万劫(まんごう)大カツラ案内板       沢筋を登る
Pa270023  Pa270007
計測開始                   県下第2の勇姿                     
Pa270011  Pa270018
万劫の大カツラ(町指定天然記念物) 「幹周りが9mあり、兵庫県では第2位の大カツラと言われ、(中略)、昔の人は、カツラの木が水を生むと思って大切にしてきた」と資料に書かれています。

キャラメルに似た落ち葉の香り
Pa270015またカツラの巨木に近づくと涸れ落葉がキャラメルに似た甘い香りがします。
朝日新聞但馬版の記事で紹介された但馬高原植物園の田丸さんによると、「カツラは光合成をしてでんぷんを葉に蓄える。その葉が枯れることで化学反応を起こし、一種のブドウ糖に変わる。それが甘い香りのもとになっている。」「カツラは落ち葉になってブドウ糖を再び根から吸収して栄養にしていること、土に溶けたそのブドウ糖は周りの植物にも分け与えている。すごいと思いませんか。」 山歩きを趣味としているのでこの香りは知っていましたが、合点がいくと同時に「すごい」と思いました。
もう1ヶ所は近くの東河内区、向拝の彫刻が立派な松尾神社の大杉を訪ねました。
計測では524cm、5mを越えているので巨樹となります。
東河内 松尾神社                杉の巨木
Pa270028 Pa270027
観察結果の報告
Pa270031観察を終えて、道の駅に集合し、各所の巨木巨樹の紹介と計測結果を報告し合いました。

次回11月10日が最終例会、観察終了後お昼に懇親会が計画されています。


      (  izayamiki )
 

« オキナグサ と ホクチアザミ | トップページ | 巨木の観察 10月例会報告 »

例会活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015 10月例会 神鍋高原の巨木を巡る:

« オキナグサ と ホクチアザミ | トップページ | 巨木の観察 10月例会報告 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ