« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

2015  4月例会② 天滝

4月後半の例会は、28日(火)に養父市大屋町天滝へ。

落差98m、日本滝100選の一つで見応えがありました。

天滝

Photo_10
 天候も良く、南但馬の会員、Yさんの案内で天滝に山野草を愛でに行きました。
初めて天滝を見る会員や山野草を中心にした滝巡りを総勢30名で楽しみました。
渓谷は一本道のため、長い列の全体に十分説明が行き届かず、反省材料です。

記念写真

Photo_11
 狭い展望台でぎりぎり撮れた写真です。
駐車場から1時間で昼食。
緑の色も何種類にも変化する、この時期の新緑は滝の姿に映えます。

神鍋高原で見られないジュウニヒトエ

Photo_3

イチリンソウ

Photo_9

ヒメレンゲ

Photo_5

ラショウモンカズラ

Photo_6
 やはり初めて見る花は、感動します、時間かけて写真を撮りました。
自然に溶け込んだ色合いで連続して咲いて今が見頃です。

ヒトリシズカ

Photo

ツルカノコソウ

2
 この他愛でた植物はヤマブキ、フジ、トキワイカリソウ、ヒメウズ、タニギキョウ、ホウチャクソウ、チゴユリ、エンレイソウ、ヤマルリソウ、フデリンドウそしてメグスリノキも紹介されました。
またヤマフジの左まきとフジの右まきを現物で説明を受けました。

                                       (泉 鐘八郎)

 次回は大岡山、床瀬エリア(北斜面)を5月12日に計画、約2時間の初心者ハイキングコースです。

2015年4月28日 (火)

2015 神鍋山野草だより 4月最終週

26日は神鍋は水仙祭りでにぎやかでした。
26日のスイセン開花状況

Photo_2
 スイセンの咲き具合は今一つ、ハルザキヤマガラシ(外来種)が隙間を埋める風景。
昔ススキ野原を開拓してスイセンを植えましたが、ほったらかしはいけません。
外来種のヘラオオバコが侵入してきました。
人による保護が相まって美しい光景が見られるのです。

昨年9月の同じ場所の風景

Photo_3
 オオブタクサ(特定外来生物)が群生しています。
開拓した土地で スイセンが枯れた跡に繁殖したと思われます。
秋の神鍋山は 花粉症の人は楽しむ事が出来ません。
8月上旬花が咲く前に刈り取る事で防げると思います。
手間を惜しんでは美しい景観は守れません。

フデリンドウ 蕾

Img_5935
 蕾の形が筆の穂先を思わせることから名が付いたそうです。
14日の例会で春の新芽を見つけて、途中3回観察し最近の快晴で26日に花を咲かせました。
コケリンドウ、ハルリンドウが図鑑にありますが、フデリンドウのようです。

フデリンドウ 横の姿

Img_5933
 葉が対生で上半部に蜜に付き、株がロゼットをつくらない事でハルリンドウとは違います。
背高さは8cm 。
コケリンドウは花が1.5㎝と小さいので区別出来ます。

フデリンドウ 正面

Img_5925
 花冠は2㎝以上、この花は雄しべが花粉を出し終わり、雌しべ(柱頭)が2弁に分かれて他の花粉を待っている状態です。
雄しべが花粉を出すときは雌しべは閉じています(この現象を雄しべ先熟)。

看板

Photo_4
 前回の悲劇を繰り返さない事で、万場の3か所の希少種は看板を立てて鍵で管理され、愛でる会の会員が付き添えば観察出来るようになりました。
くれぐれも 盗掘、踏み荒らしの無いように、ゴミは拾って美しい公園にしましょう。

                                 (泉 鐘八郎)

2015年4月22日 (水)

2015 神鍋山野草だより 4月第4週

ブナ林の新緑

Photo_3
 ブナ林が直ぐ家の近くまで迫る新緑の風景は兵庫県ではめったに見られません。
人工林(杉、檜、竹)の間の新緑はブナ林です。
新緑が日毎、頂上に向かって登っていき、大杉山の雪渓が無くなってやっと夏野菜の植え込みが始まる光景が自然の中で生活している実感です。

先週山焼きした噴火口

Photo_4
 山焼きはタイミングが大切で新芽が出る前に焼かなければ、自然の植物が焼かれてしまいます。
今回はちょうど良い時期でした。
カヤを草屋根の材料に利用していた時代から毎年行われた事で、安定して昔からの植物が残されています。
美しい環境は人との係わりが大切である事を教えています。
 
シュンラン全体

Photo_5
 希少種ですが、葉は鹿に食べられたり、人の盗掘で少なくなっています。
4月に入ってから、タジマタムラソウやミスミソウが盗掘に会いました。
栽培して売られるのか残念です。
自然のままで現場に見にきてほしいし、次の人が見られないのが残念です。

シュンラン 花

Photo_6
 ランの仲間は同じような5弁の形をしています。
萼片(がくへん)3個、側花弁2個、白い唇弁は紫色の斑点その上にずい柱の白い帽子は葯(やく)といわれます。                               
                            (泉 鐘八郎)

<ずい柱>
主にラン科の花に見られるもので、雌しべと雄しべが合体したもの。
ずい柱の先端に花粉の塊がついています。

<葯(やく)>
雄しべの先端についている花粉の入っている部分。「花粉袋」と思ってよいでしょう。

                      (NHK趣味の園芸 用語集から)

 

2015年4月14日 (火)

2015 4月例会①

4月例会はあいにくの雨模様ですが、先の総会で通年観察地に選ばれた大岡山です。

(写真はクリックで拡大してご覧ください)

雨の中の観察             ショウジョウバカマ
Img_1815_2 Img_1807

ナガハノモミジイチゴ           コケリンドウ?
Img_1814 Img_1821

スミレ                   ハウチワカエデ
Img_1825 Img_1829

キブシ                  ヤマルリソウ
P4040005_2 Img_1842

エンレイソウ              ツルリンドウ(実)
Img_1850 Img_1854

カンスゲ                 クロモジ
Img_1857 Img_1859

トキワイカリソウ            コウヤボウキ
Img_1862 Img_1860

ワサビ                  タラの芽
Img_1879 Img_1864

リョウブの新芽             ムシカリ
Img_1868 Img_1866

サクラ                 キランソウ
Img_1819 Img_1874

アケビ
Img_1872 Img_1871_2

タネツケバナ              ツチグリ
Img_1878 Img_1883

ワサビ
Img_1879大岡山中腹にある旧大岡寺から、山宮方向へ旧参道を観察しながら下ります。
車道に近いところは下草や笹が茂っていて、日曜に登った大屋町の山との違いを感じさせましたが、人が歩かぬ旧参道を下ってみて驚きました。

昨年6月但馬山友会で大岡山を周回したとき、竹や草が生い茂ってて通行困難だった道がなんとゆうゆう通れることです。草刈り機で刈った道が、今度はシカによって丁寧に?刈り取られていたのです。
一年のうちにこれほどまでシカが侵入してきているとは驚きました。
これがさらに進む来年のことを考えるとぞっとしますね。

2015年4月13日 (月)

2015 神鍋山野草だより 4月第3週

12日は神鍋山焼きが実施され、清滝の桜は満開でにぎわいました。

アマナ 葉 鹿被害

Photo_5


 ユリ科 アマナは昨年から見つけていましたが 花を愛でることは出来ませんでした。

今年は3月から追い求めて 鹿食害で 葉を食べられショックを受けていましたが、一

本の細い葉に寄り添うように2本目の葉が出てその間から蕾が出始めました。

アマナ 蕾

Photo_2

 氷ノ山・後山・那岐山国定公園に入っている神鍋高原は、環境大臣が優れた自然の

風景地を保護しその利用の増進を図り、もって国民の保健、休養、及び教化に資する

事を目的に指定する植物にアマナは選ばれています。

指定条件は観賞用、園芸用、薬草用、食糧等として採取されやすく、規制を行わなけ

れば絶滅する恐れのある植物や自然環境の変化でも特に個体が少ない植物です。

 この地で70種以上があり、盗掘、破壊に対し罰則もあります。

知らない人には啓蒙をしなければなりませんし、知ろうとする行動が愛でる会の重要な

役割です。 

今年は道の駅神鍋高原の展示写真に、指定植物や外来植物をシールでお知らせする

準備をしています。

身近なニホンタンポポやザゼンソウ、前回のスハマソウも指定植物です。

アマナ 満開

Photo_3

 地中の丸い鱗茎が食用になり甘みがあることから名が付いています。

日当たりの良い草地 葉は15㎝ 巾1㎝以下 葉の間から1個の花、見事日が当たる

と開き、曇りでは開きません。

花ビラは2~2.5cmで 曇り空に散歩では見つけられず、不思議です。

                              (泉 鐘八郎)

2015年4月12日 (日)

神鍋山野草のデータベースとして

独立したことで、データーベースとしての利用がしやすくなりました。
このブログには2012年以来の例会報告や案内人泉さんの「神鍋山野草だより」が120件以上記録されています。

<データベースとしての利用法>

新ブログの右のサイドパーツ3段目カテゴリーの上の 「サイト内検索」の下に(検索語を入力)という窓があります。
そこにキーワードを入れて「検索」を押すと「神鍋山野草を愛でる会」ブログの全記事からそのキーワードが入った記事が表示されます。
「ツチアケビ」「タジマタムラソウ」「ササユリ」などなんでも入れて検索してみてください。
キーワードに対応する過去記事が閲覧できデータベースとして使えます。
試しに「ザゼンソウ」と入れると、12もの過去記事が検索され、それをクリックすると記事が閲覧できます。
新しい記事とともに、過去記事も神鍋の自然や愛でる会の活動を教えてくれます。
植物はカタカナ表示にしていますが、それ以外の言葉でも検索してみてください。

                                              (izayamiki)

 

2015年4月11日 (土)

新居に移りました

「伊佐屋三木のblog」の一つのカテゴリーとして楽しんでいただいた「神鍋山野草を愛でる会」ですが、この度引っ越しが終わり、ピカピカの新居に移りました。

ブログはメールアドレスがあれば、基本的には無料で開設できます。
ただ過去記事、案内人泉さんのレポートや例会報告も引き続かないと過去と現在が繋がりません。

ブログから新規のブログに過去記事を取り込む「引っ越し」は、システムとして部分引っ越しができないので、まずすべての記事を移したあと、「神鍋山野草を愛でる会」以外のものを手作業で削除します。
1800件近い記事から山野草120件弱を残すのですから、手作業でほぼ一日かかりました。
何とか終えたので、過去記事も含めて名実共に「愛でる会」として独立し、データベースとしても活用できるようになります。

なおココログ同士なので、記事や写真などほとんどがコピーされますが、コメントだけは移せませんでした。

「伊佐屋三木のblog」が恋しくなった方はブログ画面の左側にリンクが貼ってあります。
容量アップのため伊佐屋三木のblogから「神鍋山野草」はほとんど削除しますが、独立した新しいブログでお楽しみください。

                                              (izayamiki)

2015年4月 7日 (火)

2015 神鍋山野草だより 4月第2週

先週から雨が続き、今週も気温が上がらず、典型的な「菜種梅雨」となりました。
例年より早い桜の開花でしたが、雨と風で散り始めたところもあります。
11日(土)は清滝地区、12日(日)は国府地区で桜祭りが開催されます。
12日には但馬山友会4月例会で大屋町糸原の「みずめ桜」から御祓山(みはらいやま)に登り、口大屋の「大アベマキ」、樽見の「仙桜」を巡る山歩きが予定されています。
週末は天候が回復するので、何とか花見ができそうです。
神鍋山野草を愛でる会案内人、泉さんから4月第2週のレポートが届きました。

7日は気温7℃の寒い日でしたが 午後から神鍋観光協会の主催で清掃作業が行われ、神鍋山野草を愛でる会として20名近くが参加しました。
沿道ではキブシの花も愛でながら楽しみました。

増水した 八反の滝
Photo
この時期雪解け水が多く 迫力ある滝の姿、熔岩流では20種以上の山野草が楽しめます。
一番は満開の清滝小学校の桜です。
 
ハルトラノオ タデ科
Photo_2
春の付く和名 春虎の尾です。
白色花を付けますが花弁は無く白く見えるのは萼(がく)です。
黒く見えるのが雄しべ8個が目立ちます。
 
メギ科 トキワイカリソウ
Photo_3
和名 常磐碇草 葉が常緑で船の碇(いかり)に似ていることから名付けられます。
つい最近咲き始めて未だ雄しべ雌しべが見えないけれど、何故こんな花弁をしているのか不思議に思います。
日本海側の多雪地山陰地方から北で育ちます。
 
トキワイカリソウ 正面
Photo_4
水平から見ると下に垂れさっがっているので真正面向けて撮て見ました。
未だ雄しべ雌しべは花弁に隠れています。
いかりの様に見える(きょ)距、針状4本には蜜が入っていて、昆虫が蜜を吸っている間に受粉が確実に行われる仕組みになっています。
   
 

2015年4月 2日 (木)

2015 神鍋山野草だより 4月第1週

今日は朝から忙しく、 午前中はスハマソウの鉄メッシュ囲いを買って取り付け作業、午後はワサビ田の被害を放置できず、地主了解のもと7名で補修に取り組みました。

アブラナ科 ワサビ
Photo_2

和名は山葵、山地渓谷の清流ですが、花は咲くものの鹿被害で壊滅的被害を受けています。
花の奥の葉は食べられた跡です。
ワサビは花も葉も茎も根も大切に食べてきました。

をほとんど食べられ壊滅的被害
Photo_3

積雪や落石で囲いが壊れ 鹿が侵入してしまった最近の被害現場です。
直ちに管理人に連絡するが、80歳過ぎの方で気を落とされ、守る元気も無くされました。私達で何とかしたいと7名で応急処置、これ以上被害を拡大させないよう補修しました。

 

アブラナ科 ハクサイ等特有の4弁花、雄しべ6個
Photo_4 

ワサビ田を管理するには鹿被害だけでなく、盗掘からも守り、清流の流れる水の管理も必要です。
この地は2mを超える積雪への対応、夏の直射日光を遮る等大変な作業ですが、せっかく守って来られた苦労にどう向き合うか悩むところです。


元気で残った片隅のワサビ
Photo_5

根が食べられていなければ未だ可能性はあるし、花を沢山咲かせて種を飛ばせば、i生きかえる事は可能です。
出来る限りの応援を惜しまない覚悟で後にしました。      

 

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ