« 2014神鍋山野草だより 7月第3週 | トップページ | 2014 神鍋山野草を愛でる会 7月例会後半 »

2014年7月22日 (火)

2014 神鍋山野草だより 7月第4週

神鍋山野草を愛でる会案内人、泉さんの7月第4週のレポートが届きました。
(どの写真もクリックで拡大します。)
 
梅雨明けしました。
今年は例年並みで、これで夏休みで賑わうことでしょう。
太田川の水無しとネムノキ花とブリ山 
Photo

昨日まで降っていた雨、神鍋高原を流れる稲葉川の水の流れはあります。
その支流にある川もほとんどに水の流れがありますが、この場所は一変します。
2万5千年以前に活動していた神鍋火山とブリ山火山の間を流れる太田川だけは流れがありません。
この川は床瀬越えの峠から神鍋山・大机山東側大岡山西裾から集まる水系で太田地区の田園を抱えています。
上流には4つの溜め池が作られ田園地帯は水があり蛍や魚も見られます。
年間通じて下流の水の無い日が過半数を超えるようです。
 稲葉川との合流付近の太田川
Photo_2
火山が残したスコリアや火山灰の地質は大量の地下水が溜まり、下流で湧き水となり、十戸付近ではニジマスやワサビの養殖がされ、美しいバイカモが咲いたり、雪国で珍しいバナナの花を愛でることができます。
豊かな水を利用して稲葉川流域では4箇所の水力発電所が稼動して、太陽光発電とともに自然豊かな環境であることの不思議発見です。
 今回はツユクサ科 ですが 高原ではツユクサ、イボクサが見られます。
ヤブミョウガ
Photo_3
ヤブミョウガが21日咲き出しました。
高さ50cmで葉は笹のように30㎝の長さで茎を抱きます。
茎の先端に白い輪生状に数段付き、両性花と雄花が混じって付く、今下段から咲いているのは長い雌しべ1本と短い黄色の雄しべが見られます。
1日でしぼんでしまうはかない花です。
 
 

« 2014神鍋山野草だより 7月第3週 | トップページ | 2014 神鍋山野草を愛でる会 7月例会後半 »

神鍋山野草だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014神鍋山野草だより 7月第3週 | トップページ | 2014 神鍋山野草を愛でる会 7月例会後半 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ