« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月24日 (火)

2014神鍋山野草を愛でる会 6月例会後半

6月例会後半の部は24日に阿瀬渓谷周辺の観察でした。

4月例会で24日に阿瀬川をさかのぼって金山廃村まで観察しましたが、今度は若林川に沿って妙見山へと続く参道を登り、最高点の洗心台で昼食、阿瀬川にある関電取水口から駐車場まで下る延べ5時間の長丁場です。
洗心台の高度は700m弱で、ちょっとした山登りを味わいました。
阿瀬渓谷コース図      渓流沿いを登る
Img_1050  P6240014
タケニグサ              マツカゼソウ
P6240003 P6240030
テイカカズラ             これより妙見の碑                      
P6240017 P6240019
トンボソウ(蕾)           ヤマアジサイ
P6240021 P6240025
マタタビ(花)            ショウキラン
P6240028 P6240040
イノシシのヌタ場           ノリウツギ
P6240031 P6240073_2
ツクバネソウ             ギンリョウソウ
P6240054 P6240058_2
眺めのよい洗心台で昼食     
P6240060 P6240062
下草がない裸地状態
P6240055_3 P6240056
ナツツバキ樹皮の食害      開花前のナツツバキ
P6240065_2 P6240069_2
林に下草や笹が全くといってよいほどなくなり、裸地状態で広く見通すことができました。
また各所で鹿の好物?のリョウブやナツツバキなどの樹皮が食べられています。
その一方で、鹿が食べないタケミグサ・マツカゼソウ・アセビ・テツカエデ・ミツマタ、フッキソウなどの不嗜好品が幅をきかせていて、阿瀬渓谷のシカ被害は相当深刻でした。
イワガラミ             ツルアジサイ
P6240049_2 P6240075
オオバギボウシ          ホタルブクロ
P6240077 P6240079
樹上のモリアオガエル(卵塊)   樹下の水路で孵化
P6240001 P6240002
人里の農作物を荒らすシカ被害は知られていますが、植物や森林など自然環境が壊されつつあることを声を大にして訴える必要があります。
土曜日に登った法沢山周辺で、翌日の日曜日鹿の一斉駆除が行われましたが、仕留めたのは一頭だけだったそうで、捕獲の困難さを思わせます。
行政も鹿の狩猟免許(ワナ・銃)の取得講習を行うなど駆除に力を入れ出しました。
鹿と人間との闘いは相当長く続きそうで、負けるわけにはいきませんね。
 
 

2014年6月23日 (月)

2014神鍋山野草だより 6月第4週

神鍋高原マラソンも昨日無事終わりました。
朝から雨模様でしたが気温は25度以下、30度を超して救急搬送が相次いだ8月から変更した効果?が出たのでしょうか。
神鍋山野草を愛でる会案内人、泉さんの6月第4週のレポートが届きました。
(どの写真もクリックで拡大します。)

20日ツチアケビの蕾を発見しました。
早速 柵を取り付け鹿や猪から守り 花から実まで9月迄楽しみたいと思います。     
ツチアケビ蕾囲い写真
Photo_3
今回はマタタビ科 マタタビ属 です。
今見ごろのマタタビ、サルナシ、キウイ を紹介します。
3種とも秋に果実がおいしく良く食べられます。
1科1属です、落葉ツル性木本、神鍋で見られる種は 雌雄別株の3種を紹介します。

マタタビは花が咲く頃は葉が白くなり遠くからよく目立ちます。
マタタビの花と実
Photo_4 Photo_5
猫が好むことでも有名で、10月黄色に熟し生食されます。 
実にはマタタビバエが産卵してできた虫えいが写っていて、漢方薬にされ、ツルはかごを編む材料にされています。

サルナシはマタタビより少し早く花が咲きます。
サルナシの花と実
Photo_6 Photo_7
花の葯は黒紫色が特徴で区別できます、実の形も小さなナシ型で生食のほか果実酒にします。

キウイフルーツはどんな原因か判りませんが、自然林の大木に絡まっていました。
キウイの花と実
Photo_9 Photo_12
最初はシマサルナシと思い相談しましたが、キウイであることが確定し、どうしてここに雄株と雌株が生息したのか疑問が残ります。
不思議なことが起こります。
今では空き地で育てられ一番良く食べられています。


 

2014年6月17日 (火)

2014神鍋山野草だより 6月第3週

4日の発表からから梅雨らしい天気が続き、気象庁も面目?をほどこしました。
神鍋山野草を愛でる会案内人、泉さんの6月第3週のレポートが届きました。
(どの写真もクリックで拡大します。)

ユウスゲ(キスゲ)から神鍋山
Img_4091
近畿で一番の神鍋火山を楽しむ人が増えています。
いま神鍋山では30種以上の花が楽しめ、神鍋高原の魅力をガイドしています。

イチヤクソウ(イチヤクソウ科 イチヤクソウ属)
Photo
種の少ないイチヤクソウ科ですが、いま見ごろです。
全草を乾かし薬草にしたことから名前付きました。
この他ウメガサソウ属やギンリョウソウ属があります。
どちらも共通点は、大きさが10㎝~15㎝山地の林間で常緑で、薄暗い場所で見つけ難いです。

ウメガサソウイチヤクソウ科 ウメガサソウ属)
Photo_2
ウメガサソウ(梅笠草) 梅の花に似て蕾が下向きに咲き
笠をかぶった感じから名前が付きました。

ギンリョウソウ(イチヤクソウ科 ギンリョウソウ属)
Photo_3
ギンリョウソウは梅雨の時期湿った林間に腐葉土の多い場所を好む腐生植物で、別名ユウレイタケとも呼ばれていて、花びらはウメガサソウに似ています。

これでイチヤクソウ科の属 3種全て掲載されます。
神鍋高原の自然豊かな環境の証明です。
 

2014年6月13日 (金)

2014神鍋山野草を愛でる会 6月例会前半

6月例会前半の部は11日に神鍋溶岩流周辺の観察でした。
観察風景              ノビル
20140611_103804 P6110001_2
オニグルミ             サイハイラン
P6110003 P6110005
ユキノシタ              ヒメジョオン
P6110007 P6110010
ツルアリドウシ(一両)       アマドコロ
20140611_100516 20140611_101130
ヤマアジサイ            タジマタムラソウ
20140611_101405 20140611_101418
コツクバネウツギ          ササユリ(蕾)
20140611_102419 20140611_101600
キツリフネ              クサノオ
20140611_103112 20140611_103208
ビロードモウズイカ(外来種)  アクシバ
20140611_103402   20140611_104324
ウツギ                                    ツルニンジン
20140611_104648 20140611_105523
ノアザミ               マタタビ
20140611_105438 20140611_110312
ウツボグサ             ツクバネ(雌株)
P6110013 P6110014
シソバタツナミ          
P6110016
次回は24日(火)、阿瀬渓谷周辺の観察です。

 
    
  

2014年6月10日 (火)

2014神鍋山野草だより 6月第2週

6月4日に近畿も梅雨入りしました。
神鍋山野草を愛でる会案内人、泉さんの6月第2週のレポートが届きました。
(どの写真もクリックで拡大します。)

ヤグルマソウを柵で囲ったのが5月第4週26日 でした。
一部鹿に食べられ大慌てで作業した場所は周りのシシウドの葉が食べられていましたがヤグルマソウは柵に守られ花を咲かせる株もありました。

柵に守られたヤグルマソウ
Photo
6月に入ると 出産から小鹿連れの親子が歩き回りあちこちで被害が出だしました。
他の場所ではヤグルマソウの群生地が消えてしまいました。
葉が枯れるまで囲い続けます。

ヤグルマソウ(花)
Photo_2
その近くの谷沿いにエゴノキ科オオバアサガラの花が満開をむかえていました。
オオバアサガラ
Photo_2
エゴノキ科で他にハクウンボク、エゴノキも見られます。

見比べてみてください。
オオバアサガラの花        ハクウンボクの花
Photo Photo_5

 

2014年6月 3日 (火)

2014神鍋山野草だより 6月第1週

夏日や真夏日を繰り返しながら、いよいよ6月に入りました。

神鍋山野草を愛でる会案内人、泉さんの6月第1週のレポートが届きました。
(どの写真もクリックで拡大します。)

6月1日湯の原温泉の露天風呂の風景です。
左にヤマボウシが咲いていました。
Img_3989
はや5月が過ぎましたが今年の春は、山は大雪で5月18日でも蘇武岳や三川山は残雪で車は通行できませんでしたが、高原では急にあったかくなり夏の花が1週間早く咲く異常気象となっています。
例年以上に苗の生育が悪く、田植えも遅い状態で未だ植えてない田んぼがあります。
 
ビャクダン科 ツクバネ属 ツクバネです。
半寄生植物で雌雄
別株です。
雌株全体写真
Photo_2                             
杉、檜、松などの根に半寄生し、自らも光合成を行い栄養を作り、生育地は乾燥する檜、杉林の斜面で限定されます。
雄株の花写真
Photo_3
若葉は食べられ、若い果実も塩漬けにして食用にするとのこと。   
花は葉の色と同色で見つけにくく、2mmぐらい花はなかなか写真に撮れません。
雌株の花写真
Photo_4                            
名前の由来はこの実を衝いて遊んだことと、羽根突きの羽に似ていることのようです。
雌株の晩秋の実
Photo_5
ツクバネの名前が付くツクバネソウ(草)、ツクバネウツギ(木)など多く有りますが、名前の由来は同じような意味です。
この植物はもはや独立して自立できる木本だと思うのですが、なぜ半寄生しなければならないのか、それも針葉樹を好む理由はなぜ生息範囲を狭めなければならないのか、疑問が募ります。
何か情報があればお知らせください。

   

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ