« 神鍋山野草だより 12月第2週金曜版 | トップページ | 神鍋山野草だより 12月第4週 »

2013年12月20日 (金)

神鍋山野草だより 12月第3週金曜版

神鍋山野草を愛でる会案内人の泉さんのレポートが届きました。
積雪の時期でも僅かな間を見て観察を続けられているのには恐れ入ります。

神鍋高原毎週火曜日積雪のため観察出来ませんでしたが、19日最低気温4度から昼過ぎ12度まで快晴で熔岩流清滝地区に出かけました。
 季節外れの春咲く花、オオイヌノフグリ、キブシ、レンギョ、オニノゲシ、ハキダメギク、タネツケバナ、ホトケノザ等今年に限らず良く見られています。

キブシ
Photo
レンギョ
Photo_2
オニノゲシ
Photo_3
さらに、ホッコクアザミが最後の力を振り絞って頑張って残っていました。
ホッコクアザミ
Photo
季節の花サザンカ、ビワが咲き誇っています。
その中に目立つウスタビガの繭やアオハダの鈴なりの赤い実、ツルマサキの実が見られました。  
アオハダ
Photo_7
ツルマサキ(実)
Photo_3
追い求めているキヅタは未だでしたお楽しみに待っていてください。
ホッコクアザミ、レンギョ、キブシ、ツルマサキ実、アオハダ雌株実、オニノゲシ、花ではありませんがウスタビガ繭の写真ご覧ください。

ウスタビガの繭

Photo_5
冬でも天候さえ良ければ山の中に入らなくても林道を歩くだけでも新しい発見があります。
特に実と常緑の植物は写真に撮ってピントが合っているか帰ってから楽しみが膨らみます。
20日から週末にかけ積雪でホワイトクリスマスです。
  

« 神鍋山野草だより 12月第2週金曜版 | トップページ | 神鍋山野草だより 12月第4週 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神鍋山野草だより 12月第2週金曜版 | トップページ | 神鍋山野草だより 12月第4週 »