« 神鍋山野草だより 11月第2週 | トップページ | 2013 神鍋山野草を愛でる会 11月例会 »

2013年11月19日 (火)

神鍋山野草だより 11月第3週

冬型の気圧配置が周期的にあらわれ、「弁当忘れても傘忘れるな」の季節になりました。
「神鍋山野草を愛でる会」案内人泉さんからの今週のレポートです。

神鍋も雪景色になり、17日阿瀬渓谷の紅葉を歩いてきました。
写真は源太夫滝の紅葉と春一番に咲くダンコウバイの紅葉です。

 ダンコウバイ
 1_2 

18日は竹野公民館で鹿肉料理講習会に参加してきました。
神鍋高原と床瀬、三原、三川山系は分水嶺として隣接する竹野で、田中会長から鹿被害報告をさせてもらいました。
料理の姿と出来上がりです。
おいしく食べるには塩麹を使い1時間冷蔵庫に保管し、あまり焼きすぎないこと。
10分焼いたら10分アルミホイルで包み寝かす事で柔らかく食べられる事を教えていただきました

鹿肉料理講習
Photo Photo_5

蘇武では雪景色、花も少なくなってきましたが、住居跡の石垣付近で良く見るツバキ科のチャノキです。
10月~11月 5弁の花が咲きます。

 チャノキ
 Photo_4
奈良時代中国から薬用として渡来し、鎌倉時代に茶の栽培で広がりました。
田舎では各家の石垣付近に植えられ、一番茶を摘んだ後の茎の付いたかたい葉で製造した比較的品質の劣るお茶が思い出されます。

お茶を飲む時ゆのみの中に茶柱が立つと吉事の前触れと語り楽しんだ事を思い出されますが、今はほとんど見かけなくなりました。

この仲間は神鍋でヤブツバキ、ナツツバキ、サザンカと年中花が咲く感じがしますが、鹿の大好物です。
密集するとチャ毒蛾が大発生し人間が触れると大変なかゆみを伴います、私もやられました気を付けて下さい。
蘇武岳山頂の雪景色(12日)
12
 
  

« 神鍋山野草だより 11月第2週 | トップページ | 2013 神鍋山野草を愛でる会 11月例会 »

神鍋山野草だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神鍋山野草だより 11月第2週 | トップページ | 2013 神鍋山野草を愛でる会 11月例会 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ