2021 10月例会 豊岡市最高1,080m高地

秋の深まりとともに蘇武岳・妙見山山頂付近の紅葉が目立ってきました。
10月例会後半は、兵庫県林道 妙見蘇武線を活用し、進む紅葉を楽しむとともに、修復中の名草神社にお参りしました。

林道 妙見蘇武線の一部  治山林道協会ホームページより
Myouken05

女郎滝 & ダイモンジソウ
Pa260692   Pa260688

クリンソウ & ヤマナシ
Pa260702 Pa260706

名草神社割拝殿。奧に本殿
Pa260699 Pa260694

お天気は回復傾向にあるもののときどき小雨が降り、山頂付近はガスがかかりました。

途中豊岡市で一番高いといわれる1,080mの高地を確認しながら日高町と村岡区と八鹿町が交わる尾根を歩きを楽しみました。
蘇武岳からの展望や山頂付近のブナ林の紅葉を楽しむ予定でしたが、時間が足りず断念しました。

 

豊岡市で最高峰は今までは1074m蘓武岳と思っていましたがスマホの山ナビ地図から

日高町阿瀬渓谷最上流付近と八鹿町境界付近で1080mの地点を確認しました

1080m Photo_20211027094604

霧雨の中 1073m~1080m迄 数mの間隔で確認して全員で頂点を楽しみます

近年の電子機器を使用した 山歩きの楽しみ方で新たな発見につながりました

勿論コース確認 高低差 歩いた時間 距離等 遭難の心配が無くなります。

途中スッポンタケの仲間やハクウンボクの実の中種は真黒でした

Photo_20211027094601 Photo_20211027094602

地衣類(菌類とコケ類の合体)環境指標にも使われるモジゴケ

   Photo_20211027094603 弁当忘れても傘忘れるなと

書いてあると大爆笑となりました 自然豊かな証拠品です

この周辺には数個の大岩の上に4種以上の樹木が元気に育っていて全部は解り

ませんがナツツバキ・リョウブが確認でき不思議な現象でパワースポットです。

          Photo_20211027131301

次回は11月9日(火)最終観察とともに「道の駅かんなべ高原」食事をしながら一年を振り返ります。

              (izayamiki/izumi)
  

2021年10月24日 (日)

冬型の天候で秋晴れが続きません

16日植村直己エベレスト登頂50周年記念フォーラムに参加しました

Img_0910 Img_0866_20211023112101

登山映像、一緒に登頂した人と対談、市毛良枝さんの朗読の3部構成

Img_0869 愛でる会5名 も参加されていました

日高町生まれ植村様の エベレスト登頂記録 映像 と一緒に登頂した77歳

の話では エベレストの周辺ではゴミが増えて 入山料金を受け取り

地元の生活にも貢献するため 山登りも1千万円以上の高額になるという

  迫力のある映像は感動しました   300名の椅子は満席 。

 

19日 は26日定例会の下見に行って来ました 登山ではありません

Photo_20211023114401 Img_0873

快晴を祈ります 日高町と村岡区と八鹿町が交わる尾根を歩きたいと

思いますが 車で1000m地点に行き 90分 80mぐらい登るコースです

   時間が有れば 蘓武岳1074mの頂上からの展望を楽しみたい。

 

20日小雨模様の 西気花巡り でした 今年最後は山田地区奥神鍋

ヤナギタデ(辛味)・フユノハナワラビ

Img_0826 Img_0828

ミゾカクシ・ムラサキツユクサ

Img_0862 Img_0853

最近 毎日しぐれていますが 神鍋高原で見た 花です

ジンジソウ ・  ミョウガの実を6年ぶりに見ました

Photo_20211023112001 Photo_20211023115102

クロヤツシロラン種・ナギナタコウジュ

Photo_20211023115101 Photo_20211023115301

                    (izumi)

 

 

2021年10月12日 (火)

2021 10月例会 神鍋高原周辺観察

10月例会は深まり行く秋の神鍋高原を観察しました。
爽やかな秋晴れが続いていましたが、今週になるとお天気が崩れる予報です。
秋の深まりとともに、涼しくなってくるのでしょう。

ムラサキシキブ & チャノキ
Pa120574 Pa120575

ミズヒキ & キヅタ蕾(フユヅタ)
Pa120601 Pa120609

アキノキリンソウ & キキョウ
Pa120592  Pa120603

カナムグラ & ウドの花
Pa120582Pa120596

ヨシノアザミ & サラシナショウマ
Pa120651   Pa120616

コウゾリナ & ミゾソバ
Pa120614  Pa120612

俵滝
Pa120624 Pa120625

テンニンソウ(花後) オヤマボクチ
Pa120629  Pa120669

キッコウハグマ閉鎖花 & ミヤマヨメナ花後
Pa120621  Pa120633

コウヤボウキ & キバナアキギリ
Pa120670 Pa120664

ツルリンドウ(実) & リンドウ(蕾)
Pa120682  Pa120673


ヒヨドリバナ & フジバカマの蜜を吸うアサギマダラ
Pa120675 Pa120656_20211014083001

サラシナショウマ & タンナトリカブト
Pa120657 Pa120661

アケボノソウ & アキチョウジ

Photo_20211012155002 Photo_20211012155001
今回の参加は少なめの12人、小雨が降り続く中、溶岩流コース最初の俵滝周辺を観察しました。
次回は10月26日(火)第4火曜日 9時30分~16時

1000m付近の 温暖化で荒れた 名草神社 付近の観察を予定します

                           ( izayamiki )




2021年10月 5日 (火)

秋本番 さわやかな快晴が続きます 

山ではキノコが目立つ 知っている方教えてください

Img_0612_20211002155801 Img_0611_20211002155801

手のひらサイズ以上の大型です

Img_0613_20211002155801 Img_0614_20211002155801

こんな色見たことない 熊の糞とは違います

Img_0619 Img_0616

ヒカゲノカズラ胞子・サンヨウブシ

Img_0663 Img_0675

ブナの実 が豊作の様です 熊が喜ぶでしょう

Img_0657 Img_0658

コセンダングサ・アイナエ 今年も元気でした

Img_0772_20211002161001 Img_0765

アケボノソウ・オオバショウマ Ýさんから写真提供

Photo_20211002161401 Photo_20211002161301

イヌショウマ・7月畑の隅に種を撒いたアカソバが見頃です

Img_0731 Img_0747_20211002161501

神鍋溶岩流 で 一番最初に 稲葉川で俵滝を作った 動画

Img_0429 Img_0427

                        (izumi)

 

 

2021年9月28日 (火)

2021 9月例会 神鍋山周辺観察

彼岸も過ぎ秋も進み、夏と秋のせめぎ合いの時期となりました。
花が終わり実を付けるものは、赤や青の目立つ色で鳥を呼び、美味しい匂いや味をさせて、獣や人間に気に入られることで子孫を増やすような感じがします。

道の駅かんなべ高原集合 & ナンバンギセル 
P9280149 P9280165

フジバカマ & ヒヨドリバナ
P9280174  P92801741

ヤマハッカ2色
P9280151  P92801511

イヌタデ & マツヨイグサ
P9280160  P9280157

シラヤマギク & ヤマシロギク
Photo_20210928180301  Photo_20210928180002

オミナエシ & オトコエシ
P9280185    P9280188_20210928170001

ススキ原 & クサボタン
P9280179  P9280194

アオツヅラフジ(実) & サルトリイバラ(実)
P9280197 P9280217

コバノガマズミ(実) & ヤクシソウ
P9280200 P9280204

クリ & ヤマナシ
P9280269 P9280219  

ヤマハギ & ミゾソバ
P9280223 P9280238

センボンヤリの蕾と穂
P9280265  P9280268

ツリガネニンジン ヤマツツジ
P9280273 P9280225

コシオガマ & リンドウ(蕾)
P9280180  P9280247

アキノキリンソウ & タムシバ(実)
P9280208  P9280250

ミズヒキ & キンミズヒキ
P9280231_20210928175401  P9280235

オケラ & アキノノゲシ
P9280210 Photo_20210928180001

ヤブマメ & メドハギ
Photo_20210928180401 Photo_20210928180402
今日は17人、過去最多の参加でした。.
9月末で緊急事態宣言の解除が決まりましたが、この会のスタンスは特に変わりません。
これからも感染防止対策をしながら、アウトドアで山野草を愛でることにします。

次回例会は、10月12日(火)を予定しています。

                                                                              ( izayamiki  )



2021年9月21日 (火)

サプライズ花火動画と温泉町扇ノ山裾野シワガラ滝の景色

コロナも少し下火になりつつありますが 対策を取って行動しましょう

19日サプライズ全国一斉 打ち上げ花火があり 私も驚き 自宅から動画を

    最後でご覧ください38秒

先週 シワガラの滝に 初めて行って来ました 感動報告

先ずは入り口の看板と大きな駐車場が迎えてくれます

Img_0448  Img_0449_20210920173201

神鍋でも見られるオオカニコウモリ・モミジハグマ

Img_0654 Img_0655

シシウド・ギンバイソウ

Img_0447_20210921044201 Img_0460

 オオヤマハコベ・ サラシナショウマが早くも咲いていた

Img_0464 Img_0474

 深く切れ込んだ渓谷は植物がびっしりで見ごたえがある 山から

下りると直ぐ・入り口付近で靴を脱ぎサンダルに履き替え水の中に入る

Img_0477 Img_0481_20210920173801

中に入って奥・奥から入口方面

Img_0485 Img_0488

洞窟になった これから先は動画でご覧ください   一度は行ってみたい場所です

9月19日サプライズ花火 動画 38秒

このブログ表紙右側の道の駅神鍋高原のブログをクリックして下さい 3F展望台を

模様替えして 神鍋山野草を愛でる会のコーナーも作っていただきました。

9月28日 定例会は 昼食と移動の密を考え 半日とし 神鍋山と周辺で行います

                  (izumi)

2021年9月15日 (水)

2021 西気花めぐり 稲葉編

9月は稲葉区をめぐります。
平成15年から日高町の西の玄関口になり 海抜372mの集落 渓谷の花もあるかな?
夏の終わりと秋の訪れを知らせる、夜には秋の虫がパートナーを求めて盛んに美しい音を奏でます。


密を避けてミーティング & 植村直己さん『日本縦断発祥の記念碑』
P9150002  P9150006
 
ハッカ & ヤブツルアズキ
P9150009  P9150014

秋の花 ススキ & ヒガンバナ
P9150015  P9150019

ツユクサ & ヤブラン
P9150021 P9150038

ケイトウ & ギンパイソウ
P9150035  P9150031

カタバミ & ハシカクサ
P9150022 P9150027

ミツバフウロ & アキノノゲシ
P9150064 P9150057

ヒメジョオン & ノササゲ 
P9150061  P9150069

タカサゴユリ & ミズヒキ(交差点にカエル)
Img_0520 P9150118

キツネノマゴ & アキアカネ
P9150089 P9150101
 
クロバナヒキオコシ & ゲンノショウコ
P9150085   Img_0148_20210916062101

ツリフネソウ & アキチョウジ
P9150111_20210915201101 P9150121

イヌトウバナ & ヤマジノホトトギス
P9150122  P9150132

観察風景 & ノコンギクに蝶
P9150127 P9150140

カラスビシャク & キンミズヒキ
P9150143  P9150145

ハナミョウガ & ツリバナ(実)
P9150147  P9150160_20210915201901

オタカラコウ & オトコエシ
P9150151_20210915202001  P9150156_20210915202001

ヒヨドリバナ & ワレモコウ(吾亦紅)
P9150149_20210915202001  P9150040


< 番外編 三柱神社>

稲葉

区の氏神様、三柱神社の向背に小規模ながら木鼻に獅子と象、手挟みに鳥の彫刻があります。
中備(なかぞえ)に龍が彫られていて、裏の銘に「丹後宮津 彫刻師 九代目 中井権次 元丹波柏原」と書かれています。
江戸期に活躍した丹波の彫刻師「中井権次一統」の九代目とあります。
九代目なら昭和期かも知れません。
P9150047 P9150045

銘札 & 中井権次顕彰会パンフ(温泉寺の龍) 
P9150044 Img_20210916_0001
特に但馬・丹波の名ある神社仏閣の彫り物は中井一統のものが多く残されていて、日高町の社寺では、日前山進美寺、布金山隆国寺、神門神社、水生山長楽寺の彫刻が知られています
社寺彫刻に興味がある方は、パンフレットに北近畿の社寺仏閣作品Mapが付いていて便利です。

次回の「西気花めぐり」は、10月20日(水)山田区、今年度最終となります。

 9時30分西気コミュニティ集合 11時45分まで

                                     (izayamiki)




2021年9月14日 (火)

コオロギ鳴き声撮れました 

夏野菜畑の 片付けしていると 久しぶりにカラスビシャクに出会う

 サトイモ科のザゼンソウ、マムシグサ、や ウラシマソウの仲間です

Img_0588  Img_0593_20210912142901

20坪ぐらいで集めました 彩画が豊かです 何種類あるか探して下さい

         Img_0601_20210912170501          

今年初めての花 キバナアキギリ・オオヒナノウスツボ

Img_0472_20210912143301  Img_0468

エゾタチカタバミ(オッタチカタバミ?)・フジウツギ

Img_0442  Img_0444

サンヒチソウ・ゴマナ

Img_0605  Img_0620

ホツツジ・イヌガラシ

Img_0610_20210914062801   Img_0618

 興味を持てば チャンスはやって来る 突然夜部屋に コオロギが

迷い込んできて 写真を撮りました、慌ててPCで調べると 雌の様です

Img_0553_20210912141901    A_20210913063601

雄は 翌日 車庫で鳴いていて近ずくと鳴きやみ写真だけ撮りました

Img_0585  Img_0584

再度挑戦して カメラ と懐中電灯 持っていくと 鳴き止み 時間が

経つと 隠れて 鳴き出し 画面に映っているメスを呼んでいるのかな 

動画で 雄の鳴き声 楽しみください  雄と雌の違いを学びました

鳴くのは雄だけ 2枚の羽を擦って音を出し 羽がスピーカーの様です

                                               

                         (izumi)

 

2021年9月 7日 (火)

昨年よりも 先月よりも 厳しいコロナ感染が続きます

9月第2週 14日 の例会は 中止 します 2回のワクチン接種でも

軽症でも感染する となると 油断は出来ません 植物の世界では 何事

も無かった かのように 私達を楽しませてくれる 2時間の散歩で出会った花

 少し早く咲く ナンバンギセル・マルバルコウ

Img_0401 Img_0384

ベニバナボロギク・一面にダンドボロギクの綿毛が飛び散る

Photo_20210905202501 Img_0420

 

種を作る ギンリョウソウモドキ・センニンソウ

Img_0419 Img_0421

山裾に咲く ノササゲ・ヤマボウシ実

Img_0417 Img_0414_20210905202501

笹の花が咲いた 場所では 十分実がつかず 殆ど枯れていますが

数本の笹の葉は枯れずに残っています、何を条件に花が咲くのか 又

全て同じ遺伝子持つ笹は枯れるのか 不思議は解明されませんが

枯れる タイミングに 出会えた 事は 収穫です

枯れた笹竹・ 穂をつけた枝を根から刈り取った写真

Img_0277 Img_0278

今回の動画は朝6時明るくなってエノコログサとマルバルコウと昆虫の鳴き声です20秒

9月第3週水曜日 西気花巡り 15日は申込 先着5名 で実施します

 場所は 稲葉 地区です 9時30分 西気コミュニテイ集合

                   (izumi)

2021年8月31日 (火)

秋の花が咲きだしました

曇り空が続いていますが 夜になると 昆虫の鳴き声が

聞こえてきます 如何すれば 皆様にお伝えできるか?

鳴き声でどの昆虫か解れば いいのですが 残念です

赤トンボ もよく見ます 写真に撮りましたPCで調べると

仲間が 15種 程あり 一般的なアキアカネと思いました

アキアカネの様です羽根の模様や尻尾の末端姿 胴体の模様

今は山にいますが 9月に入ると 人里に移動するそうです

Img_0310 Img_0317

花ではアキノノゲシ・ヤハズソウ

Img_0366 Img_0360

テッポウユリ・タカサゴユリ(紫の模様)

Img_0346 Img_0347

クロバナヒキオコシ・タカサブロウ

Img_0349_20210830164701 Img_0365

コスモス・ユリの群生(昨年亡くなられたTO様の管理地)

Img_0331 Img_0352

ガガイモ・ツルボ

Img_0279 Img_0291

ヤブツルアズキ・ニラ

Img_0295 Img_0293

次は普通は花壇に咲いていますが 高原では道淵でも見られます

農作業のついでに楽しんでいるようです。

園芸種は先ず花の好きな人に聞きます 参考になりました

オイランソウ(フロックス)・セイヨウフウチョウソウ 

Img_0281 Img_015

今回の動画は溶岩流ですが 瓢箪淵で栃本と石井に同じ名前で

表示されています 石井地区は女性的で石の表面が丸々してる

先ずは写真 2枚         栃本瓢箪淵は8月3日動画公開している

Img_0356 Img_0357

                   (izumi)

 

«ブナ林 巨木 で不思議な パワーを頂きました

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ