2021 5月例会 竹野猫崎半島

5月例会は原生林が広がる「近畿自然歩道猫崎線」、続いて昼食も兼ねての弁天浜の観察です。
緊急事態宣言下で「外出自粛」が呼びかけられていますが、高齢者の特定メンバーで、でき得る限りの感染対策をして楽しみます。
趣味と健康と精神衛生など、生活の質を守る必要な活動です。

竹野浜から猫崎半島を、標高141m鹿嶋山を越え、猫崎灯台まで1.2kmのコースです
対馬暖流や潮風の影響もあって、高原とは違う野草たちに出合えます。

タニウツギが満開 & 青と茶のムサシアブミ
Horizon_0001_burst20210511152020440_coveP5110019
P5110037   P5110050

クサイチゴ & キイチゴの花
P5110020 P5110023

鹿島公園で海岸線を展望 & 花が終わったウラシマソウ 
P5110024   S__7856130
観光協会のパンフには、「春にウラシマソウ・トキワイカリソウ、夏はユウスゲ・カワラナデシコが、秋はツルニンジン・ツワブキが、冬はヤブツバキが紹介されています。

クシバタンポポ(在来種) & ノアザミ
P5110060 P5110063

ハマダイコン & ハマハタサオ
P5110089   P5110120

ハマエンドウ & ハマニガナ
P5110096 P5110135

ハマボウフウ & ハマヒルガオ
P5110152 P5110156

コマツヨイグサ & 岩場の「ど根性ハマダイコン」
P5110149   P5110158

コウボウムギ(雄花) & マンテマ
P5110136 P5110143

猫崎灯台
44747      44746

甌穴(ポットホール)
P5110100 P5110099

オカヒジキ & 鬼ハマダイコン(駆除対象外来植物)
P5110141_20210512060101Dsc_0006

ジシバリ & オニタビラコ
P5110122  P5110127

コウゾ &  キツネノボタン車降りてから頂上まで確認されました
P5110130 Photo_20210512085301


アマドコロ &  ハンショウズル蕾
S__7856134_0 S__7856137

堆積岩の勉強 & ランチ後のオカリナ演奏
P5110161 P5110132
覚悟していた午前の雨も、浜に着くなり柔らかい日差しに変わりました。
潮騒を聞きながら凪いだ海を眺めて、「浜辺の歌」「野に咲く花のように」のオカリナ演奏も風景に馴染みます。
山野草の観察だけでなく、山陰海岸ジオパークで、日本列島が大陸から分離した話やマグマの噴火・地殻変動・長年の堆積による岩石の話など勉強になりました。

日本海と松林と猫崎半島を望みながらのオカリナ演奏
 

      ( izayamiki )

2021年5月 5日 (水)

5月4日神鍋高原西側尾根巡り

万場天神社9時30分出発  第3回尾根巡り次回は11月です

満開のイチリンソウが迎えてくれる ヒメスミレ

Img_1254_20210505042301 Img_1258_20210505043201   

途中黄色が目立つヤマザトタンポポ(日本在来種)5月だけ咲く

Img_1256b_20210505043301 Img_1257_20210505043301

アオダモ・ムシカリ

Img_1275_20210505043601 Img_1263_20210505043701

万場~山田~万劫900m台の尾根歩きを開始

道端には随所に残雪・タムシバ

Img_1267 Img_1260_20210505043901

930m~東・北方面の大パノラマと古道山田~村岡街道の地蔵様

Img_1276a_20210505044401 Img_126129_20210505044301

時々 尾根と基幹林道の交差点でちょうど昼になりました

歩いてきた尾根斜面一面オオイワカガミ観察風景 

Img_1283a Img_1285

午後尾根歩き始めます ブナ林のオカリナ演奏は動画て後で見て下さい

今回の参加者には参加予定代替30台の女性と6歳の男の子が参加して

最後まで歩き抜き 自動車の運転、集金、ゴミ拾い、コメント広報

等々分担して 缶、ペットボトルは持ち帰りました 初めての体験です

ハウチワカエデ・南西には氷ノ山の残雪がくっきり見られ鉢伏山等展望

Img_1287 Img_1288

イタヤカエデ            希少種のカラスシキミ

Photo_20210506124401  Img_1290

ユキグニミツバツツジ      この山並み尾根を歩きました

Img_1232_20210505051001 Photo_20210505050601

尾根ブナ林のオカリナ演奏がこの自然とマッチします堪能下さい

                                                   (izumi)

 

2021年4月27日 (火)

三原越え 水山峠 目指し 三原方面に下りオオイワカガミとブナ林新緑を楽しみました 5月第1週火曜日 臨時例会 尾根巡り計画案内

4月第4週定例の例会が好天に恵まれ 新緑のブナ林を始め

結成して例会で初めての 花を愛で楽しみました。

    Img_1236

 ヤマフジ・アオダモ

Img_1215 Img_1217

ガマズミ・ザイフリボク

Img_1218 Img_1221

途中のブナ林を頂上~見下ろす

Img_1225 Img_1226

オオイワカガミが見られ・ウワミズザクラ

Img_1227 Img_1167

水山峠で昼食後 三原方面に下るとき地蔵様が迎えてくれる

 Img_070339

昭和初期には東河内から三原に電気が送られていた証拠品がある

                床瀬や遠くには六方平野が展望

1951s26 Img_1235

シハイスミレ・カスミザクラ

Img_1234 Img_1094

ユキグニミツバツツジ・ブナ林

Img_1232 Img_1224

5月第1週火曜日 4日 9時30分万場天神社集合~16時解散

 西気尾根巡り第3弾 万場~万劫尾根巡り 地図掲載

      Photo_20210427200501

希望者最大10名先着順 910m~700mの下り尾根コースです

  コロナ対策に勤め 密を避け 尾根からの展望を 楽しみます

                                                 (izumi)

 

2021年4月20日 (火)

2021 4月臨時例会(ブナ林) 動画で小鳥雛名前教えて

新芽が芽吹き若葉となって、山全体が膨らんいるような「山笑う」神鍋高原のブナ林を巡りました。
月2回の定期例会とは別に、ブナの新緑と上天気を考慮した臨時例会に11人が参加しました。蘇武岳や大杉山など高山ではなく、住宅の裏山にブナ林が見られる神鍋高原です。

「山麓から奥神鍋、万場スキー場や大杉山の残雪が望め、ブナの新緑が目立ちます。
兵庫県でも有名な、民家の裏山にブナが迫り、日毎に大杉山の頂上に向け駆け上がる自然の営みが観察出来ます」

神鍋高原のブナ林
P4200214 P4200216

         観察ルート地図(クリックで拡大)
        Img_20210421_0001    
10時スタート、地図の等高線を読み、山田区の350mから尾根沿いを564mのピークまでルートを探り、野草や木々の変化を楽しみながらブロン谷へ下りました。

ヤマエンゴサク & アメリカスミレサイシン
P4200227 P4200217

シャガ & ヤマブキ
P4200221 P4200223

トキワイカリソウ & ツクバネソウ
P4200225 P4200232

ブナ林の木漏れ陽
P4200241 P4200240

ブナの葉と花
P4200244 P4200236

歩きやすい尾根道 & ムシカリ(オオカメノキ)
P4200252 P4200251

ウリハダカエデ & ウリカエデ
S__7553028 P4200254

クロモジ & タムシバ
P4200257P4200262

ユズリハ蕾 & ニシキゴロモ蕾
P4200266 P4200277 

ウスギヨウラク(ツリガネツツジ) & セリバオーレン実
P4200286S__7553041

ヤマナシ & シャクナゲ
P4200289 P4200292

ニリンソウ & ワサビの花 & カスミザクラ
P4200295 P4200299 S__47562756

裏山のブナ林
P4200301 P4200309
  
          ブナの林で森林浴
      P4200312
10時にスタートして、地図の等高線で地形を読み、針葉樹や広葉樹マークを確認しながらのゆっくり歩きなので、足腰にハンディがある会員もなんとか一緒出来ました。
栗栖野区の住人のSさんにはシカ柵を開けて裏山に入ることを許していただきました。

21日 花巡りをしていると 小鳥の赤ちゃんに出会いました 名前教えてください
 
                       

                     ( izayamiki )
    


   

2021年4月13日 (火)

2021 4月例会 神鍋山周辺

例会開催は原則として第2・第4火曜日と決まっています。
雪が溶けてあちこちに芽吹きが見られる神鍋高原です。
いつもどおり4月の初例会は、ごみ拾いをしながら観察します。
神鍋山の山頂からゲレンデを下るコースと麓の外周を巡るコースの二手に分かれます。

トキワイカリソウ & ヤマブキ(どちらも名色八反滝付近)
P4130212 P4130214

道の駅かんなべ高原集合・観察とごみ拾い
P4130216 P4130233

タチツボスミレ & スミレ
P4130244 P4130077

アケビ・ミツバアケビ
P4130219  S__7438363

クシバタンポポ & ミツバツチグリ
P4130080 P4130084

ムラサキサギゴケ & カキドオシ
P4130097 P4130274

トネリコ   モクセイ科 トネリコ属 雌雄別株 アオダモの仲間
P4130226 P4130231

ナガバモミジイチゴ & クサイチゴ
P4130240 P4130243

キランソウ & ノアザミ
44058  P4130238

ニリンソウ & コブシの花
P4110165 P4130247

ヤマナシ & ショウジョウバカマ
S__7438356   P4130259

ウグイスカグラ & レンゲツツジ
P4130270  S__7438359

クロモジ & サルトリイバラ
P4130263  S__7438360

ムシカリ(オオカメノキ)・太田ゲレンデ山焼き

Img_0823 Img_1042

スイセン畑と神鍋山
P4130092 

カンスゲ & キブシ
P4130249  P4130265

今年拾ったごみ & 2013年に拾ったごみ
P4130103 P4090053_3
雪解け後の4月に毎年ごみ拾いを行ないますが、年々少なくなっています。
積雪はあったもののコロナ禍でお客が伸びなかったことと、マナーがよくなってポイ捨てが減ったこともあるでしょう。

3月例会の山野草管理地の清掃・網や柵修理に続き、「山や山野草を荒らさず、自然環境を守り保護することを肝に銘じ活動します」が、「愛でる会」の活動スタンスです。  
                      ( izayamiki )


神鍋山頂上から 奥神鍋、万場スキー場や大杉山の残雪を望みブナ林

の新緑が目立ちます、兵庫県でも有名な民家の裏山にブナが迫り1日毎

に大杉山の頂上に向け駆け上がる 自然の営みを 観察出来ます。

Img_0900 Img_0979

 新緑の木漏れ日         ブナの花

Img_0983 Img_0985

ブナ林栗栖野新緑動画です40秒

来週第3火曜日 急な計画ですが ブナ新緑を楽しむ 計画をしました

4月20日 9時30分道の駅集合 3時間コースで 予定としては15時までとします。

4月21日西気花巡りは先着5名 9時30分公民館集合  申し込み下さい

4月27日定例会 9時30分集合 水山峠 弁当持ち ハイキングです 

                                                     izumi

2021年4月 6日 (火)

味取俵岩と桜吹雪 今咲く花

神鍋から15キロの村岡味取地区で玄武岩が見られます3月31日

 Img_0761 Img_0762_20210404094201

柱状節理の岩肌・満開の桜 動画もあります

 Img_0764 Img_0763_20210404094301

ヤブツバキとスミレとコハコベ・ヤマブキが全盛

 Img_0767 Img_0770_20210404094201

マムシグサ・トキワイカリソウ                

 Img_0768 Img_0772

味取俵石(玄武岩)静と桜の動を捕えてみました

晴が続き春の花が咲き誇ります 青空に映える しかし黄砂もやって来ました

ニホンスイセン・イチリンソウ

 Img_0801 Img_0798

トサミズキ・ヒュウガミズキ

Img_0745 Img_0806

ムシカリ・アズマイチゲ

Img_0808 Img_0793

エンレイソウ・ミツバツツジ

Img_0795 Img_0812

ホトケノザ・モモと蝶

Img_0814 Img_0820  

円山川沿い朝の渋滞中に撮る・スイセン・桜・ユキヤナギ・スミレ

Img_0822 Img_0860

アマナ・ニリンソウ

Img_0841 Img_0866

カンスゲ。ムスカリ

Img_0747 Img_0735

桜吹雪の清滝桜動画4月3日

                  

 愛でる会4月例会M班決まりました 第2火曜日13日 9時30分道の駅集合

   神鍋山周辺 清掃作業 小道具持参して参加してください

 西気花巡り 公民館主催 水口地区 9時30分西気コミュニテイ集合午前 

   第3水曜日 21日 地域交流会 5名限定先着順です                     

                       (izumi)

2021年3月30日 (火)

日高東河内 尾根歩き 日本海の展望と花巡り・コウノトリ動画

29日午後清滝小学校前桜並木 今が見ごろです

Img_0720 Img_0719

3月24日 17日西気花巡り東河内地区が18名で盛り上がり早速

 尾根巡りを企画して参加者4名で実行しました報告します。

車4台を駆使して 体調の変化に対応して計画した初めてのコース

西気北山の写真頂上尾根歩きでです それぞれの頂点で写真撮影

Img_06742Img_0790_20210331094901

まずは入り口・花が迎えてくれる大型のタムシバ

Img_0687_20210327073401  Photo_20210327064101

マンサク・キンキマメザクラ

3 Photo_20210327064401

1時間で東河内頂上741m ・ ダンコウバイ

Img_0689-741 Photo_20210327064601

ブナ林が続く素晴らしい 景観で瘤の姿は芸術鑑賞に匹敵する

Img_0688 Img_0692

 数多くの瘤が楽しい      三角点の石杭が見られる

Img_0693  Img_0698-654

丹後半島方面 と        614m頂上

Img_0699  Img_0701-614

ヤシャブシ・ヤマネコヤナギ

Photo_20210327065001  Photo_20210327065003

水山峠ではゴルフ場や奥神が見える・三原側のお地蔵様4月行事で来る

Img_0705 1-img_0704

尾根歩きで目立つ獣道 鹿や猪の跡が案内してくれる. ヒサカキ

Img_0706 Photo_20210327065901

480mのピークでリフト残骸を見て太田のゲレンデ見ながらリフト

沿いに降りると縄文遺跡付近に到着 9時から16時の楽しい尾根歩き

 ヤマコウバシ  ・ 歩いた尾根コース地図 10mのロープ必要 

 Photo_20210327065902   Img_0716_20210327132801

植物の木の芽・実・イワカガミの葉 等10種以上を楽しみました 

同じ東河内で3月に入って連日コウノトリが確認され 舞い降りた動画です

 今年の神鍋山 山焼は中止です       (izumi)

2021年3月23日 (火)

2021 神鍋山野草を愛でる会 活動開始

彼岸が過ぎ、里では桜が咲き始めました。
こんなに早い開花は覚えがありません。
灰色だった山が全体としてピンクがかり、タムシバの白い花や早咲きのヤマザクラが目立つようになりました。
平成2年度は新型コロナウイルスの感染が広まり、行事の中止や見直しが続き、私たちの生活に大きな変化をもたらしました。

春の訪れとともに「神鍋山野草を愛でる会」が活動を開始しました。
昨年度からの継続で、組織運営を簡略にしながら、分担して活動するスタイルです。

神鍋の自然美の恵みを愛しむとともに、会員相互の親睦を図ります。
山や山野草を荒らさず、自然環境を守り保護することを肝に銘じ活動します。

残雪の神鍋高原 & 総会風景
Dsc_0004_20210323153201 P3230014

愛でる会管理地の落ち葉・枯れ枝の除去と柵・網の修理
P3230022 P3230028

フクジュソウ & タジマタムラソウ群生地
P3230037 P3230031

ミスミソウ
P3230048_20210323153801 P3230044

ナニワズ & シュンラン
P3230064  Line_p2021323_140345

ザゼンソウ2種
P3230078   P3230089

ザゼンソウの群生 & ショウジョウバカマ
P3230081  P3230072

キクザキイチゲ & ヤマエンゴサク
P3230093 P3230109_20210323154501
昨年亡くなったOさんが管理していただいた3ヶ所の「コロニー」整備は会の責任で行います。一方、地元の方に知っていただき、愛でて育んでいただけるようにできるかが課題です。

                                  ( izayamiki )


 









2021年3月16日 (火)

県鳥コウノトリ 国の天然記念物 が15日もやって来ました

動画撮れればよかったのですが やっぱり ワンチャンスです

中央に小っちゃく映っています・ ウグイスカグラ

Img_0635 Vcm_s_kf_m160_160x120

キンキマメザクラ・セリバオウレン咲きだしました

Img_0631 Img_0543

集落の裏山にブナ林迫っている姿は兵庫県ではここだけだそうです

Img_0544 Img_0546

オウバイ・コハコベ

Photo_20210316082201 Photo_20210316082202  

ツノハシバミ・ヤマルリソウ

Photo_20210316084701 A_20210316084701

                (izumi)

 

2021年3月12日 (金)

9日班長会議開催2021年神鍋山野草愛でる会スタートです

役員全員が出席して道の駅で 話し合いました 23日の総会議案

を審議し、今年は6班の活動を 活発にすること、万場花公園の

活用をどうするか、地元神鍋の花巡りを活性化するには等々 

 早速午後 4名の有志で 万場花公園のミスミソウ周辺の柵の

修理を行い ザゼンソウも見てきました。本番は23日を楽しみに

17日は西気花巡り 東河内 9時30分 西気公民館集合です

Img_0537 Img_0538

10日 丹後3姫と花巡を丹後の会員の案内で行って来ました

本当は7姫らしいですが NHKの麒麟が来るで有名になった

細川 玉 ガラシャの隠棲(いんせい)地 味土野から始まる

明智光秀の3女として生まれましたが この地に住む理由は

弥栄町 の 奥山です 土手はフクジュソウが全盛   戦国時代

から江戸時代にかけ生き抜くが助けた地元の温もりを感じる

Img_0553 Img_0560

現場では解説版があり じっくり読めば明智家と細川家織田家

の関りが説明 以下の小野小町や 静 御前も整備されている

フクジュソウ・サンインネコノメソウ

Img_0561  Img_0563

ワサビ・ヤブツバキ 道路は車1台がやっと走れる狭さ注意

Img_0566 Img_0568

大滝は動画をご覧ください・ナニワズ

Img_0570  Img_0573

大宮町の小野小町 平安時代

Img_0587  Img_0590

ここでは花巡りする丹後の3人組知人と偶然出合い懇談しました

 オオイヌノフグリ・コウバイ

Img_0583  Img_0593

網野町 磯  静 御前 の地  手前に子午線のある場所です

Img_0597 Img_0598

源 義経の妻として生きた 磯が生誕地

Img_0601 Img_0603

 丹後半島方面         ヤシャブシ満開雌雄同株

Img_0599 Img_0600

最後は 七竜峠    久美浜の小天橋を展望して 

Img_0614 Img_0613_20210311161401

モクレン 蕾 振り返れば 磯の集落が見え    但馬に帰る

Img_0611 Img_0610_20210311162901

3女は実在していた 平安時代~江戸時代にかけ 花を楽しむのが共通点

丹後も鹿、猪が暴れまくっていて土の耕筰や希少植物に被害出ていました

又海岸線道路から海側の急斜面には ごみの捨て場の様な感じで残っています

 ボランテア活動など安全に注意して 少しずつでも 美しい日本を作ろう。

集合場所の網野町浅茂川駐車場に豊岡病院のドクターヘリが着陸しました偶然です

味土野ガラシャ大滝

               (izumi)

 

«うさぎの恩返し

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ