2019 9月例会 溶岩流周辺

9月例会は「秋の気配を見つける」をテーマに、久しぶりの溶岩流周辺観察です。
午後から雷雨の予報でもあり当初計画を変えて、急ぎ足で午前中だけの観察にしました。
35度を超える酷暑の中で、15人が「道の駅かんなべ高原」に集まり、山宮チェーン脱着場まで移動し、石井から栃本をめぐりました。

ニシキソウとヒメムカシヨモギ    
P9100018 P9100022

カラムシとキツネノマゴ
P9100024 P9100037

マルバルコウソウとヤブラン
P9100030  P9100035  

センニンソウとボタンヅル
P9100040 P9100094

マメアサガオとネコハギ
P9100047  P9100054
 
タカサブロウとツクバネ実
P9100057_20190911083501  P9100067

ホソバシュロソウとヤマジノホトトギス
P9100071 P9100075

ダンドボロギクとベニバナボロギク
P9100065  P9100109

ミズヒキとキンミズヒキ
P9070062  P9100077_20190911084101

クサネムとアゼナ
P9100099 P9100108     

ゲンノショウコ 雌雄異熟(雌しべ・雄しべ)
P9100079 P9100081

雌雄異熟のゲンノショウコの花とツルボ
P9100091  P9100116   

ハグロソウとオモダカ
P9100084 P9070035

クサノオウとヘクソカズラ
P9100126 P9100121

オオカワヂシャとミゾホウズキ
Photo_20190911085101 P9070067

ミゾソバと ユウガギク 
P9070065P9070076

コナスビとツルアリドウシ(実)
P9100118 P9100143

ツユクサとムラサキサギゴケ
P9070016 P9070013 

オオニシキソウとカノツメソウ
P9100132_20190911085801  P9100135_20190911085801

カタバミとミツバフウロ
P9070019 P9070055

ハシカグサとミヤマフユイチゴ
P9070037_20190911090501 P9070069

モリアオガエル
P9070072 P9070074
溶岩流周辺は田や畑、民家も近く、山野草だけでなく雑草の類も数々見られました。
ヒエ・オモダカ・ホタルイ、メヒシバ・オヒシバ・ハキダメギク・タカサブロウ・アゼナ・エノコログサ・ヌスビトハギなどなど、それぞれ「名」をお持ちなのです。
もう一つ目立ったのは外来種の進出です。
午後予定していた名色から上流で観察する予定だったものは下見の写真を入れました。

次回は9月24日(火)9時30分 「道の駅かんなべ高原」集合で、神鍋山周辺の観察予定です。 

 

                                 ( izayamiki )

 

 

 

 

 


2019年9月 3日 (火)

9月第1週 神鍋山野草

孫は花より 昆虫が大好きで 撮って PCで拡大して見せると

大喜びです 私の子供の頃は 生の昆虫しか見たこと無いのに

 時代の変化を感じています

 ナナホシテントウムシ      コオロギ (水溜りに浮く) 

 Img_4078  Img_4160

畑には キジの親子が やってきました 撮ったのは初めて

 一番上に 雄の親子 下が雌の親子 4羽です

          Img_4103

神鍋高原を取り巻く 山では 下草が鹿に食べられ 地面がむき

出しですが 現在は鹿が食べないイワヒメワラビ(イヌワラビ)

が生い茂る 今ではこれでもましかと思えるようになりました

無念です    Photo_20190902170201

 やっと咲きだした          想定外の場所で実になったから目立つ

  サンシチソウ          ツチアケビ

Photo_20190902170301  Photo_20190902170302

 オオアブラススキ       キツネノマゴ

Photo_20190902172001  Photo_20190902172101

チヂミザサ            ツルリンドウ

Photo_20190902172201  Photo_20190902172202

コケオトギリ           ナツズイセン

Photo_20190902172301  Photo_20190902172302

ヤブミョウガ           ヘラオモダカ(最後の花弁)

Photo_20190902172401  Photo_20190902172402

第2週火曜日10日は溶岩流の計画ですが 午前だけ参加でもok 

                            (izumi)

 

2019年8月27日 (火)

2019 8月例会 神鍋山周辺

地蔵盆も過ぎさすがの猛暑も少し和らぎました。
神鍋高原に一足早い秋を求めてきました。

エビツルとアレチマツヨイグサ
P8270196 P8270199

カラスザンショの木とヘラオオバコ(外来種)     
P8270202P8270208

クズとキキョウ      以下唯一神鍋高原で 秋の七草を愛でる 
P8270205 P8270233

ヤマハギとススキ
P8270213 P8270241

オミナエシとヒヨドリバナ
P8270303 P8270305

カワラナデシコ

            1_20190829083201

鹿が食べない植物 2種 花が違いますが 良く勘違いされます

アキカラマツ と マツカゼソウ

Photo_20190829083401 Photo_20190829083501

   シシウドとヤマニガナ

Photo_20190829083901 Photo_20190829083902

ガガイモとゲンノショウコ
P8270226 P8270228

ケシロヨメナとホソバウンラン(外来種)
P8270215_20190828151101 P8270253

シラヤマギクと コウゾリナ
P8270261 P8270244

コマツナギとヤマハギ   良く似ていますが花の付き方が違います
P8270257_20190828151501 P8270320

ツリガネニンジンと  カワラケツメイ
P8270262 P8270273

シバグリとツユクサ
P8270299_20190828151801 P8270290_20190828151801

クルマバナと     アキノノゲシ(秋を代表するこれから咲き誇ります)
P8270279 P8270307

オトコエシとコオニユリ 
P8270304 Photo_20190828152003

キセワタとボタンズル
Photo_20190828152101   Photo_20190828152302

ナンバンハコベ
Photo_20190828152303 2_20190828152301

ネバリタデとハナタデ 
Photo_20190828152301 Photo_20190828152304

ヤマジノホトトギスとミズタマソウ
Photo_20190828152702 Photo_20190828152501

モリアザミ(蕾)とヤマハッカ
Photo_20190828152502 Photo_20190828152801

ヒルガオとスズサイコ
Photo_20190828152202 Photo_20190828152902  
神鍋高原で秋の七草はすべて観察できます。

次回は9月10日(火)、久しぶりに溶岩流コース9時30分~15時を観察します。

                                   (izayamiki)




 

2019年8月20日 (火)

8月第3週神鍋高原の山野草

18日快晴 で第24回 西気ふれあいの集い 2019開催

日高西中吹奏楽部演奏の風景  道の駅ではスイカ祭りで賑わう

       Photo_20190818152501盆帰りで7集落楽しみ

ナガコガネグモ が捕獲用のネットを作っていました

Photo_20190818152502  Img_4061

台風の後少し 涼しく感じます

ナツエビネ

Photo_20190818172901  Photo_20190818172902

クサギ            ホツツジ

Photo_20190818173101  Photo_20190818173102

 ガガイモ(ツル性で群生していました)

Photo_20190818173301  Photo_20190818173302

ヤブラン(ユリ科)    ヤブガラシ〈ブドウ科)

Photo_20190818173601  Photo_20190818173602

ヒキヨモギ(ゴマノハグサ科) シシウド

Photo_20190818173901  Photo_20190818174001  

セイヨウタンポポ 年中咲く  ゲンノショウコ〈赤)

Photo_20190818174201  Photo_20190818174202

草原で小さな花が目立ちます

ウリクサ          ヒンジカヤツリ

Photo_20190818174401  Photo_20190818174402

ザクロソウ          ハシカグサ

Photo_20190818174601  Photo_20190818174602

来週27日は例会日です 長袖 長ズボン希望者は午後

も計画します                    (izumi

 

      

2019年8月13日 (火)

8月第2週 神鍋高原に咲く花

山の日を挟んで 神鍋高原では スポーツが盛んです

テニスを始め 芝グランドでのサッカー賑わっています

家族ずれでは スキー場の芝斜面を利用した多様な遊

ローラースケートや2輪自転車 もちろんプラスノスキー

等など 年中楽しめる 広場になりました。

大木で空高く 見上げる 地味な花

カラスザンショ         タラノキ

Photo_20190811105701  Photo_20190811105702

ウバユリ             フシグロセンノウ

Photo_20190811105801  Photo_20190811105703

オミナエシ            キリンソウ

Photo_20190811110001  Photo_20190811110101

ハグロソウ            ミズヒキ

Photo_20190811110601  Photo_20190811110701

8月に見頃を迎えた 清涼感あふれる花

バイカモ

Photo_20190811110901  Photo_20190811110902

            イワタバコ

        Photo_20190811113701

ナンバンハコベ         ミゾカクシ

Photo_20190811111401  Photo_20190811111501

ミツバフウロ          ネコジャラシ

Photo_20190811111701  Photo_20190811111702

サルスベリ           ノササゲ

Photo_20190811112001 Photo_20190811113801

猛暑続きですが 走っている人も 貸し自転車で高原散歩している人も出合います

次の台風で 秋の気配が やってくるかも 楽しみです   (izumi)

 

 

2019年8月 6日 (火)

8月第1週 神鍋高原で咲く花

我が家で15年前からヤモリと共同生活する姿を紹介します

5本の指がはっきり見えます もちろん家の中にも入ってきます

         Photo_20190805143401

ヤモリ(家守)の体は柔らかい イモリ(井守)は水辺です 

家のハエ、カ、カメムシ等を食べてくれて助かっています            

神鍋山ではススキを除いて秋の七草がそろいました

ただしフジバカマはヒヨドリバナに置き換えて案内しています

クズ       Photo_20190805143501

キンミズヒキ        サワオトギリ 花弁、葉に黒点有り

Photo_20190805144401  Photo_20190805144501

ツクバネ  ツノハシバミ 秋食べる果実が楽しみです

Photo_20190805144801  Photo_20190805144901

ウド が目立つようになりました

Photo_20190805145001  Photo_20190805145101

ホドイモ) 塊根が食べられます 猪の被害で少なくなった

Photo_20190805145401  Photo_20190805145402

セリ (5弁の花)         ニガクサ

Photo_20190805145601  Photo_20190805145701

サンヒチソウ(綿毛になっていた) ヌスビトハギ

Photo_20190805145801  Photo_20190805145802

ヒオウギ             トクサ 

Photo_20190805150001  Photo_20190805150101

クルマバナ           マルバハッカ

Photo_20190805150201  Photo_20190805150202

ヨメナ               ヨウシュヤマゴボウ

Photo_20190806053901  Photo_20190806053902

梅雨明け後 連日30度超える天候で 夏花が咲きだします

夜は涼しく エアコンは要りません                 

                              (izumi

2019年7月30日 (火)

7月第5週神鍋高原山野草巡り

1年振りに三川山へ観察に行きました 鹿の被害が深刻です

ナツツバキの下皮被害    あたり一面の笹等壊滅状態

Photo_20190728180102  Photo_20190728180101

新スポーツコースが誕生 ちらほら走っていましたが私が見て

いる間は こけまくって 危なくて見ていられませんでした怪我

の無い様楽しんで下さい 雨の後は黒ボクでぬかるみ大変そうです

北の壁上層部      北壁右斜面 安息角30度です

Img_3878  Img_3819

 スキーでは上級斜面で マウンテンバイク 専用コース

梅雨が明け8月の花が咲きだしました

 ギボウシ          ツリガネニンジン

Photo_20190728181301  Photo_20190728181302

ヤマハギ             ヨツバハギ

Photo_20190728181501  Photo_20190728181502

ソウシシヨウニンジン実 ヤマブドウ実秋が楽しみです

Photo_20190728181901  Img_3886

コマツナギ           ゲンノショウコ

Photo_20190728182401  Photo_20190728182402

ジャノヒゲ 咲き始めは下向き ウリカワ 湿地の植物で雄花

Photo_20190728182701  Photo_20190728182801

 ムラサキシキブ     トキワハゼ どちらも三川山

Img_3906  Img_3901

今回初紹介する花 名前判明まで2週間 日本にもその仲間

はありました ホドイモ マメ科ですが 根を猪の被害に遭って

  少なくなりました    アメリカホドイモ

          Photo_20190728184201  

 新しい花に出合うと 楽しみが 倍増します   (izumi)

 

 

2019年7月23日 (火)

7月第4週 梅雨末期の神鍋高原野草花

雨の止み間に 観察していると 驚くキノコに出合いました

 過去 一部 虫に食べられたり 開いていたりでした

       タマゴタケ 食用になるが食べたことない

         Photo_20190722153601

神鍋高原では 梅雨の晴れ間を見て 道縁や空き地の草刈

が始まる 一部刈り 残しがあるので 近づくと園芸種 の花

イモカタバミ Photo_20190722153602 近くには在来の黄色が咲く

ムラサキカタバミ も同じ仲間 種が付かず根の芋で繁殖する

葉が大きいのが特徴で夜や天候が悪いと花も葉も閉じている

Photo_20190722153604  Photo_20190722153603

キカラスウリ 夜に咲く花   ハキダメギク 嫌われ者です

Photo_20190722155101  Photo_20190722155203

ハンゲショウ 集落の周辺で見られる  ヌマトラノオ 穂が立つ

Photo_20190722155202  Photo_20190722155201

ヒメヒオウギスイセン      ミソハギ 8月の花です

Photo_20190722155204  Photo_20190722155302

ムラサキツユクサ       ヒヨドリバナ

Photo_20190722155303  Photo_20190722155301

リョウブ 樹の花が少なくなる  ヤブコウジ

Photo_20190722155402  Photo_20190722155401

  次回は梅雨明けが発表されているか   (izumi)

 

2019年7月16日 (火)

7月第3週 神鍋山高原の花

今花盛りは ヒメジョオンの群生 ある人はそばの花と間違えます

       Photo_20190715160101 梅雨らしい天候です

秋の花も咲きだしました 咲き始めは虫もつかず美しい

ヤマジノホトトギス        クサボタン

 Photo_20190715160201  Photo_20190715155901

ヤブデマリ実            クマシデ実

 Photo_20190715160002  Photo_20190715155903

ネムノキ              テイカカズラ

 Img_3757  Img_3746

ムラサキニガナ         ネジバナ今年は多い

Photo_20190715160003  Photo_20190715160001

ダイコンソウ           アメリカネナシカズラ

Img_3801  Photo_20190715155902

園芸種ですが 荒地に 咲いていました

ギプソフィラ(ラテン語) ナデシコの仲間     オトギリソウ

Img_3716  Photo_20190715163701

                              (izumi)  

             

2019年7月 9日 (火)

7月第2週神鍋高原で今咲く花

 6月上旬に撮った 私のこだわりのキャベツ作り

 蝶がとまっています 青虫になる 産卵をしている

蝶は花の受粉を助けてくれます、蝶のいないキャベツ畑は不自然です

                 Img_3543

キャベツは青虫の食物です 1株以外はネットで囲てこだわっています 

Img_3545   Img_3544

本格的な梅雨空 確実に7月の花が楽しめます

 アカショウマ          オカトラノオ

Photo_20190706164901  Photo_20190706163603

イタドリ雄株 雌雄別株  イタドリ雌株秋に向け白い実を付けます 

Photo_20190706184401   Photo_20190706184402  

カワラナデシコ 秋の七草  キキョウ 雄しべが倒れ雌花出る

  Photo_20190706184301 Photo_20190706184302

カワラマツバ          サカキ

Photo_20190706170101  Photo_20190706163606

シモツケ             タチシオデ

Photo_20190706163608  Photo_20190706163609

   ツバナ(チガヤ) 耕作しなくなった耕地で群生

Photo_20190706163610  Photo_20190706163611

ツユクサ             ヒルガオ

Photo_20190706170701  Photo_20190706170702  

ナツツバキ           ホナガクマヤナギ

Photo_20190706170901  Photo_20190706170902

細い路地から 見られた 庭一面の花盛り 思わずカメラを向けた

ギンパイソウ(銀盃草) 住人からは誉められたのは初めてと恐縮

Photo_20190706163605  Photo_20190706171501

南米チリ原産で低温反日蔭神鍋高原に適応しているようです 

2時間程度の 散歩コースで楽しい会話と花を愛でました

    Photo_20190706174001 サンシチソウ(三七草)        

次回の花も蕾を付けています 楽しみにして下さい 

                                           (izumi)

 

 

«7月第1週神鍋高原の花

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

丹後の野山を歩こう会

道の駅神鍋高原

但馬情報特急

伊佐屋三木のblog2

無料ブログはココログ